ハイライト

緑茶抽出物は、ヒト骨髄性白血病細胞の増殖を抑制しました。

緑茶抽出物は、pRbとリン酸pRbに対して異なる効果を示しました。

緑茶抽出物はE2F DNA結合活性を阻害した。

阻害効果は受容体型チロシンキナーゼ非依存性と思われた。
抽象
癌細胞に対するEGCGの抑制作用と刺激作用の両方が報告されており、それはしばしば受容体チロシンキナーゼシグナル伝達に関連している。本研究では、緑茶抽出物とその化学成分であるエピガロカテキン-3-ガレート(EGCG)が、pRb合成の調節とpRb-E2F複合体の形成を介してヒト骨髄性白血病細胞の増殖を阻害するという証拠を提示します。TF - 1aおよびMV4-11骨髄性白血病細胞の培養物への緑茶抽出物の添加はそれらの増殖を有意に阻害し、細胞死のかなりの部分が観察された。緑茶抽出物およびEGCGは、G1 CDKおよびCDK阻害剤の発現に有意な影響を及ぼさなかったが、pRb-CDKの形成を下方制御した。驚くべきことに、pRbのリン酸化が下方制御されている間、pRbの発現は著しく上方制御されていた。pRbの上方制御は、タンパク質合成阻害剤であるシクロヘキシミドでの前処理によって阻止され、タンパク質合成の必要性を示唆していた。これらの結果と一致して、pRb-E2F複合体は上方制御され、そしてE2F DNA結合活性は減少した。TF - 1aおよびMV4-11の両方が因子非依存性細胞株であるので、緑茶抽出物によるpRb - E2F複合体の上方制御およびDNA結合活性の阻害は、おそらく受容体チロシンキナーゼ非依存性経路を介する。本発明者らはまた、これら2つの白血病細胞系に由来する幹細胞/前駆細胞が緑茶抽出物の阻害効果に対してより敏感であることを見出した。本発明者らの結果は、濃縮緑茶抽出物およびEGCGが癌細胞死の誘導因子として臨床研究の可能性を秘めている可能性があることを示唆している。タンパク質合成阻害剤、タンパク質合成の要件を示唆している。これらの結果と一致して、pRb-E2F複合体は上方制御され、そしてE2F DNA結合活性は減少した。TF - 1aおよびMV4-11の両方が因子非依存性細胞株であるので、緑茶抽出物によるpRb - E2F複合体の上方制御およびDNA結合活性の阻害は、おそらく受容体チロシンキナーゼ非依存性経路を介する。本発明者らはまた、これら2つの白血病細胞系に由来する幹細胞/前駆細胞が緑茶抽出物の阻害効果に対してより敏感であることを見出した。本発明者らの結果は、濃縮緑茶抽出物およびEGCGが癌細胞死の誘導因子として臨床研究の可能性を秘めている可能性があることを示唆している。タンパク質合成阻害剤、タンパク質合成の要件を示唆している。これらの結果と一致して、pRb-E2F複合体は上方制御され、そしてE2F DNA結合活性は減少した。TF - 1aおよびMV4-11の両方が因子非依存性細胞株であるので、緑茶抽出物によるpRb - E2F複合体の上方制御およびDNA結合活性の阻害は、おそらく受容体チロシンキナーゼ非依存性経路を介する。本発明者らはまた、これら2つの白血病細胞系に由来する幹細胞/前駆細胞が緑茶抽出物の阻害効果に対してより敏感であることを見出した。本発明者らの結果は、濃縮緑茶抽出物およびEGCGが癌細胞死の誘導因子として臨床研究の可能性を秘めている可能性があることを示唆している。pRb-E2F複合体は上方制御され、そしてE2F DNA結合活性は減少した。TF - 1aおよびMV4-11の両方が因子非依存性細胞株であるので、緑茶抽出物によるpRb - E2F複合体の上方制御およびDNA結合活性の阻害は、おそらく受容体チロシンキナーゼ非依存性経路を介する。本発明者らはまた、これら2つの白血病細胞系に由来する幹細胞/前駆細胞が緑茶抽出物の阻害効果に対してより敏感であることを見出した。本発明者らの結果は、濃縮緑茶抽出物およびEGCGが癌細胞死の誘導因子として臨床研究の可能性を秘めている可能性があることを示唆している。pRb-E2F複合体は上方制御され、そしてE2F DNA結合活性は減少した。TF - 1aおよびMV4-11の両方が因子非依存性細胞株であるので、緑茶抽出物によるpRb - E2F複合体の上方制御およびDNA結合活性の阻害は、おそらく受容体チロシンキナーゼ非依存性経路を介する。本発明者らはまた、これら2つの白血病細胞系に由来する幹細胞/前駆細胞が緑茶抽出物の阻害効果に対してより敏感であることを見出した。本発明者らの結果は、濃縮緑茶抽出物およびEGCGが癌細胞死の誘導因子として臨床研究の可能性を秘めている可能性があることを示唆している。緑茶抽出物によるpRb − E2F複合体の上方制御およびDNA結合活性の阻害は、おそらく受容体チロシンキナーゼ非依存性経路を介する。本発明者らはまた、これら2つの白血病細胞系に由来する幹細胞/前駆細胞が緑茶抽出物の阻害効果に対してより敏感であることを見出した。本発明者らの結果は、濃縮緑茶抽出物およびEGCGが癌細胞死の誘導因子として臨床研究の可能性を秘めている可能性があることを示唆している。緑茶抽出物によるpRb − E2F複合体の上方制御およびDNA結合活性の阻害は、おそらく受容体チロシンキナーゼ非依存性経路を介する。本発明者らはまた、これら2つの白血病細胞系に由来する幹細胞/前駆細胞が緑茶抽出物の阻害効果に対してより敏感であることを見出した。本発明者らの結果は、濃縮緑茶抽出物およびEGCGが癌細胞死の誘導因子として臨床研究の可能性を秘めている可能性があることを示唆している。
https://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S0145212618305071