抽象
日本で栽培されている茶(Camellia Sinensis L.)の品種「ベニフキ」は、抗アレルギー性エピガロカテキン-3- O-(3- O)が豊富です。 – メチル)ガレート(EGCG 3″ Me)。’紅ふき’緑茶とショウガ抽出物の同時添加は、抗原刺激後のマウス骨髄由来肥満細胞からのサイトカイン(TNF-αおよびMIP-1α)分泌を著しく抑制し、予想通り、遅延型アレルギーを抑制した。43.5mgのEGCGおよび8.5mgのEGCG3” Meを含有する「ベニフキ」緑茶を飲んだ後、EGCGのAUC(薬物濃度 – 時間曲線下面積;分μg / ml)は6.72±2.87およびEGCG3” Meは8.48±2.54であった。健常人ボランティア EGCGの用量はEGCG3” Meの用量の5.1倍であったが、EGCG3” MeのAUCはEGCGのそれより高かった。スギ花粉症患者を対象とした二重盲検臨床試験を実施した。試験開始後11週目で、最も深刻なスギ花粉飛散期間中、症状、すなわち鼻をかむ、目がかゆくなる、本剤はプラセボ群と比較して「ベニフキ」摂取群で有意に軽減され、鼻をかむ、目がかゆくなる、鼻症状スコア、11週目および13週目で、鼻づまり、のどの痛みおよび鼻症状投薬スコアは有意に緩和されたプラセボ群と比較して、「ベニフキ」含有ショウガ抽出物群において。これらの結果は、「ベニフキ」緑茶を飲むことが1ヵ月連続してスギ花粉症の症状を軽減するのに有用であり、季節性鼻炎患者の正常な免疫反応には影響を及ぼさなかったことを示唆しています。 ‘紅ふき’緑茶。鼻づまり、のどの痛み、および鼻症状の投薬スコアは、プラセボ群と比較して「ベニフキ」含有ショウガ抽出物群で有意に軽減された。これらの結果は、「ベニフキ」緑茶を飲むことが1ヵ月連続してスギ花粉症の症状を軽減するのに有用であり、季節性鼻炎患者の正常な免疫反応には影響を及ぼさなかったことを示唆しています。 ‘紅ふき’緑茶。鼻づまり、のどの痛み、および鼻症状の投薬スコアは、プラセボ群と比較して「ベニフキ」含有ショウガ抽出物群で有意に軽減された。これらの結果は、「ベニフキ」緑茶を飲むことが1ヵ月連続してスギ花粉症の症状を軽減するのに有用であり、季節性鼻炎患者の正常な免疫反応には影響を及ぼさなかったことを示唆しています。 ‘紅ふき’緑茶。
キーワード
抗アレルギー効果 肥満細胞 バイオアベイラビリティ 季節性アレルギー性鼻炎 「ベニフキ」緑茶 O – メチル化カテキン
略語
EGCG
エピガロカテキン-3- O-ガレート
EGCG3″ミー
エピガロカテキン-3- O – (3- O-メチル)ガレート
AUC
薬物濃度時間曲線下の面積
これは購読コンテンツのプレビューです。アクセスを確認するにはログインしてください。
参考文献
Ahmad N、Cheng P、Mukhtar H(2000)緑茶ポリフェノールエピガロカテキン-3-ガレートによる細胞周期調節不全。Biochem Biophys Res Commun 275:328–334
CrossRef Google Scholar
Beaven MA、Metzger H(1993)Fc受容体によるシグナル伝達:FcイプシロンRIの場合。Immunol Today 14:222–226
CrossRef Google Scholar
Bors W、Saran M(1987)フラボノイド酸化防止剤によるラジカル捕捉。Free Radic Res Commun 2(4–6):289–294
CrossRef Google Scholar
Cao Y、Cao R(1999)お茶を飲むと血管形成が阻害される。Nature 398:381–382
CrossRef Google Scholar
実験的高コレステロール血症に対する生薬の作用:茶葉中の( – ) – エピガロカテキンガレートの作用機序:Chisaka T、Matsuda H、Kubomura Y、望月M、Yamamura J、Fujimura H(1988)Chem Pharm Bull 36:227–233
Google Scholar
Chow H-HS、Cai Y、Alberts DS、Hakim I、Dorr R、Shahi F、Crowell JA、Yang CS、Hara Y(2001)エピガロカテキンガレートおよびポリフェノンEの単回投与後の茶ポリフェノールの第I相薬物動態試験Cancer Epidemiol Biomarkers Prev 10:53–58
Google Scholar
Chow H-HS、Cai Y、Hakim IA、Crowell JA、Shahi F、Brooks IA、Dorr RT、Hara Y、Akberts DS(2003)エピガロカテキンガレートおよびポリフェノンEの複数回投与後の緑茶ポリフェノールの薬物動態および研究健康な人 Clinical Cancer Res 9:3312–3319
Google Scholar
藤村Y・橘H・前田山本M・宮瀬T・佐野M・山田K(2002)抗アレルギー茶カテキン:( – ) – エピガロカテキン-3- O-(3- O-メチル) – ガレートは、FcepsilonRIの発現を抑制するヒト好塩基球性KU812細胞。J Agric Food Chem 50:5729–5730
CrossRef Google Scholar
Fukai K、Ishigami T、Hara Y(1991)植物病原菌に対する茶ポリフェノールの抗菌活性。Agric Biol Chem 55:1895–1897
Google Scholar
Galli SJ、Maurer M、Lantz CS(1999)肥満細胞。先天性免疫の見張り役。Curr Opin Immunol 11:53–59
CrossRef Google Scholar
Grzanna R、Lindmark L、Frondoza CG(2005)ショウガ – 幅広い抗炎症作用を持つ薬草製品。J Med Food 8(2):125–132
CrossRef Google Scholar
橋本F、小野M、増岡C、伊藤Y、坂田Y、清水K、野中G、西岡I、野原T(2003)茶ポリフェノールの抗酸化効果(in vitro)の評価。Biosci Biotechnol Biochem 67:396–401
CrossRef Google Scholar
服部M、楠本I、難波T、石上T、原Y(1990)Streptococcus mutansからのグルコシルトランスフェラーゼによるグルカン合成に対する茶ポリフェノールの効果。Chem Pharm Bull(東京都)38:717–720
Google Scholar
伊勢村M、鈴木Y、佐藤K、成美K、元宮M(1993)マウス肺癌細胞の内皮細胞への細胞接着に対するカテキンの効果。Cell Biol Int 17:559–564
CrossRef Google Scholar
Iwasa K、Torii H(1962)酒石酸第一鉄による茶タンニンの比色定量 スタッドティー26:87–91
Google Scholar
Kawakami T、Galli SJ(2002)IgEによる肥満細胞と好塩基球の機能および生存の調節。Nat Rev Immunol 2:773–786
CrossRef Google Scholar
木村M、梅垣K、康澤Y、杉沢A、樋口M(2002)茶カテキンの一回または二回または反復摂取と血漿中抗酸化作用との関係。Eur J Clin Nutr 56:1186–1193
CrossRef Google Scholar
Kinet JP(1999)高親和性IgEレセプター(FcεRI):生理学から病理学まで。Annu Rev Immunol 17:931–972
CrossRef Google Scholar
Kuroda Y、Hara Y(1999)茶ポリフェノールの抗変異原性および抗発癌性活性。Mutat Res 436:69–97
CrossRef Google Scholar
Lambert JD、Yang CS(2003)茶および茶ポリフェノールの癌化学予防活性およびバイオアベイラビリティ。Mutat Res 523:201–208
Google Scholar
Lin JK、Liang YC、Lin-Shiau SY(1999)有糸分裂シグナル伝達遮断による茶ポリフェノールによる癌化学予防。Biochem Pharmacol 58:911–915
CrossRef Google Scholar
前田山本M、川原H、松田N、Nesumi K、Sano M、Tsuji K、Kawakami Y、Kawakami T(1998)マウス肥満細胞活性化の阻害に対する様々な品種または異なる製造タイプの茶の注入の効果。Biosci Biotechnol Biochem 62:2277–2279
CrossRef Google Scholar
前田 – 山本M、川原H、田原N、Tsuji K、HaraY、Isemura M(1999)ヒト線維肉腫HT1080細胞の浸潤およびマトリックスメタロプロテイナーゼ活性に対する茶ポリフェノールの効果。J Agric Food Chem 47:2350-2354
CrossRef Google Scholar
前田山本M、佐野M、宮田T、川本K、鈴木N、吉村M、立花H、博多K(2001)エピガロカテキン-3- O-(3- O-メチル)ガレート含有量の変化さまざまな種類のお茶、作物の茶の季節と加工方法。J Jpn Food Sci Tech 48:64–68
Google Scholar
前田 – 山本M、鈴木N、澤井Y、宮瀬T、佐野M、橋本太田A、Isemura M(2003)ヒト線維肉腫HT1080細胞におけるマトリックスメタロプロテイナーゼ活性の低下とEGCGによるERKリン酸化の抑制との関連。J Agric Food Chem 51:1858–1863
CrossRef Google Scholar
前田 – 山本M、稲垣N、北浦J、川原H、川上Y、佐野M、宮瀬T、立花H、永井H、川上T(2004)茶葉からのO-メチル化カテキン肥満細胞。J Immunol 172:4486–4492
Google Scholar
松本N、奥雄K、原Y(1998)コレステロール摂取ラットの血漿脂質に対する紅茶ポリフェノールの影響。J Nutr Sci Vitaminol(東京)44:337–342
Google Scholar
ムラセT、長澤A、鈴木J、長谷T、時光I(2002)茶カテキンの食事性肥満に対する有益な効果:肝臓における脂質異化作用の刺激。Int J Obes Relat Metab Disord 26:1459–1464
CrossRef Google Scholar
大久保T、石原N、大倉A、Serit M、Kim M、山本T、光岡T(1992)茶ポリフェノール摂取がヒトの腸内細菌叢と代謝に及ぼす影響。Biosci Biotechnol Biochem 56:588–591
CrossRef Google Scholar
奥田T、木村Y、吉田T、波多野T、奥田H、Arichi S(1983)薬用植物および薬品からのタンニンおよび関連化合物の活性に関する研究。ミトコンドリアと肝臓のミクロソームにおける脂質過酸化に対する阻害効果 Chem Pharm Bull 32:1625–1631
Google Scholar
坂中S、Shiumua N、Masumi M、Kim M、Yamamoto T(1992)従来のラットの齲蝕に対する緑茶ポリフェノールの予防効果。Biosci Biotechnol Biochem 56:592–594
CrossRef Google Scholar
佐野M、鈴木M、宮瀬T、吉野K、前田山本M(1999)ウーロン茶から単離された新規抗アレルギーカテキン誘導体。J Agric Food Chem 47:1906–1910
CrossRef Google Scholar
Sazuka M、Murakami S、Isemura M、Satoh K、Nukiwa T(1995)マウス肺癌細胞のin vitro浸潤およびin vivo転移に対する緑茶注入の抑制効果。Cancer Lett 98:27–31
Google Scholar
Sazuka M、今沢H、Shoji Y、Mita T、Hara Y、Isemura M(1997)緑茶カテキンおよび紅茶テアフラビンによるマウス肺癌細胞からのコラゲナーゼの阻害。Biosci Biotechnol Biochem 61:1504–1506
CrossRef Google Scholar
菅沼M、岡部S、末岡N、末岡E、松山S、今井K、中町K、藤木H(1999)緑茶および癌の化学予防。Mutat Res 428:339–344
Google Scholar
鈴木M、吉野K、前田山本M、宮瀬T、佐野M(2000)マウスのIV型アレルギーに対する茶カテキンおよび( – ) – エピガロカテキン-3 – O-没食子酸のO-メチル化誘導体の抑制効果。J Agric Food Chem 48:5649–5653
CrossRef
Google Scholar
橘H、久保T、宮瀬T、谷野S、吉本M、佐野M、前田 – 山本M、山田K(2001)インターロイキン4誘導性生殖系列転写およびインビボでの抗原特異的IgE産生の阻害剤の同定。Biochem Biophys Res Commun 280:53–60
CrossRef Google Scholar
Thomson M、Al-Qattan KK、Al-Sawan SM、Alnaqeeb MA、Khan I、Ali M(2002)潜在的な抗炎症薬および抗血栓薬としてのショウガの使用 プロスタグランジンLeukot Essent脂肪酸67(6):475–478
CrossRef Google Scholar
ヨコザワT、オークラH、サカナカS、イシガキS、キムM(1994)腎臓高血圧症のラットに対する緑茶中のタンニンの抑制効果。Biosci Biotechnol Biochem 58:855–858
Google Scholar
若いHY、羅YL、チェンHY、Hsieh WC、Liao JC、Pen WH(2005)[6] – ジンゲロールの鎮痛および抗炎症作用。J Ethnopharmacol 96(1–2):207–210
CrossRef Google Scholar
著作権情報
©Springer Science +ビジネスメディアBV 2007
この記事について
この記事を引用する:
前田山本、江間、渋一、I. Cytotechnology(2007)55:135。https://doi.org/10.1007/s10616-007-9112-1
2007年8月9日に
受信
2007年11月12日に
承認
初オンライン
2007年11月25日
DOI
https://doi.org/10.1007/s10616-007-9112-1
出版社名
Springerオランダ
印刷ISSN
0920-9069
オンラインISSN
1573-0778
この雑誌について
再版および許可
O‐メチル化カテキンおよびショウガ抽出物強化を含む「ベニフキ」緑茶のin vitroおよびin vivo抗アレルギー効果
シテ 記事を
引用するには?
.RIS
論文
リファレンスマネージャ
RefWorks
Zotero
.ENW
EndNote
.BIB
BibTeX
JabRef
Mendeley
購入オプション
行動
ログインしてアクセスを確認する
記事を購入する(PDF)
¥ 4,750.92
記事への無制限アクセス
インスタントPDFダウンロード
ジャーナル購読を購入する
JPY 19,805.70
オンライン限定購読への即時アクセス
2019年1月から12月までの号を含む
自動年間更新
DeepDyveでこの記事を借りる
機関購読について学ぶ
あなたの指先で1000万以上の科学文書
学術版
コーポレートエディション
ホーム 感動 法律情報 プライバシーに関する声明 クッキーの使い方 アクセシビリティ お問い合わせ
スプリンガーネイチャー
https://link.springer.com/article/10.1007/s10616-007-9112-1