ハイライト

銀ナノ粒子は緑茶抽出物によって生合成された。

ナノ粒子の生体適合性はポリエチレングリコール(PEG)で増加した。

ポリフェノールで被覆された純銀ナノ粒子が得られた。

ナノ粒子は、ヒトケラチノサイト(HaCaT)細胞に対して有意な毒性を引き起こさなかった。

抗菌効果は、いくつかのヒト病原菌に対して実証されました。
抽象
銀ナノ粒子(AgNP)は、それらの強力な抗菌活性のために生物医学分野で広く使用されている。ナノ粒子の生体合成は、その単純さ、低コストおよび有機溶媒の不在のためにかなりの注目を集めている。この研究は、市販の緑茶抽出物(Camellia sinensis)を用いたAgNPのワンポット1分間の生体合成について説明しています。). The tea polyphenols acted as reducing and stabilizing agents for the nanoparticles. The surface of the biogenic AgNPs was further coated with polyethylene glycol (PEG) to enhance their dispersion and biocompatibility. The obtained nanoparticles were extensively characterized by ultraviolet-visible spectroscopy (UV–vis), X-ray diffraction (XRD), Fourier-transform infrared spectroscopy (FT-IR), thermogravimetric analysis (TGA), electronic and atomic force microscopy (AFM), X-ray photoelectron spectroscopy (XPS), dynamic light scattering and inductively coupled plasma mass spectrometry (ICP-MS). The results demonstrated the formation of spherical nanoparticles of pure Ag° coated with tea polyphenols, at the nanoscale and with moderate polydispersity. The nanoparticles did not exhibit significant toxicity to human keratinocyte (HaCaT) cells. The antimicrobial efficacy of the biogenic nanoparticles was demonstrated against gram-positive 黄色ブドウ球菌(ATCC 29213)、グラム陰性緑膿菌(ATCC 27853)、肺炎桿菌(ATCC 700603)、大腸菌(ATCC 25922)、およびサルモネラ・エンテリカ(ATCC 14028)細菌株。サルモネラ・エンテリカは、最小阻止濃度および最小殺菌濃度がそれぞれ7および15 µg / mLで、ナノ粒子に最も敏感な菌株であることがわかりました。興味深いことに、AgNPが抗菌効果を示した濃度範囲では、それらはHaCaT哺乳動物細胞に対して毒性ではなかった。したがって、緑茶で合成されたAgNPは、正常細胞に対する細胞毒性が低い病原性細菌の戦闘において重要な生物医学的用途を見出すことができた。
https://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S0169433218323481