マリ前田-山本1かおりエマ1真奈美物部1郁夫四分一2由紀篠田2智宏山本2高尾藤沢3
もっと見せる
https://doi.org/10.2332/allergolint.08-OA-0066 権利とコンテンツを入手する
クリエイティブコモンズライセンスの下で
抽象
バックグラウンド
ランダム化二重盲検臨床試験において、O-メチル化カテキンを含んでいないプラセボ緑茶と比較して、O-メチル化カテキンを含んでいる「ベニフキ」緑茶が、多年生または季節性鼻炎の症状を有意に緩和したことを以前に報告しました。本研究では、季節性アレルギー性鼻炎の臨床症状に対する「ベニフキ」緑茶の効果を評価しました。
方法
非盲検、単回投与、無作為化、並行群間試験を、スギ花粉症の38人の被験者に対して行った。被験者は、長期(2006年12月27日 – 2007年4月8日、花粉曝露の1.5か月前)または短期(2007年2月15日:スギ花粉散布後 – 2007年4月8日)の飲酒に無作為に割り当てられた。1日当たり34mgのO-メチル化カテキンを含む紅茶飲料。各被験者は日記に彼らの毎日の症状スコアを記録した。一次有効性変数は、試験期間中の毎週の平均鼻症状投薬スコアであった。
結果
長期摂取群の鼻症状投薬スコアは、花粉飛散のピーク時に短期摂取群のそれより有意に低かった。のどの痛み、鼻をかむ、涙、そして日常生活の活動に対する障害の症状スコアは、短期群よりも長期群の方が有意に優れていました。特に、2つのグループ間でのどの痛みと鼻吹きの症状スコアの差が顕著でした。
結論
スギ花粉シーズンの1.5か月前に紅紅茶を飲むことはスギ花粉症の症状スコアを低下させるのに有効であると我々は結論する。
前号の記事次の記事問題で
主な言葉
‘紅ふき’緑茶エピガロカテキン-3- O – (3- O-メチル) – ガレート(EGCG3 “Me)スギ花粉症長期のプレシーズンO-メチル化カテキン
全文をPDFでダウンロードする
参考文献
1。
M. 奥田
全国のスギ花粉症の疫学
Ann Allergy Asthma Immunol 、91 (2003 )、pp。288 – 296
記事のダウンロードPDFを見るScopus Google Scholar
2。
JV ヒグドン、B. フレイ
茶カテキンやポリフェノール:健康への影響、代謝、および抗酸化機能
クリティカル改訂食品サイNUTR 、43 (2003 )、頁。89 – 143
Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード
3。
C. カブレラ、R. Artacho 、R. ヒメネス
緑茶-レビューの有益な効果
J Am Coll Nutr 、25 (2006 )、pp。79 – 99
Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード
4。
M. 佐野、M. 鈴木、T. Miyase 、K. 吉野、M. 前田、山本
ウーロン茶から単離された新規抗アレルギーカテキン誘導体
J Agric食品CHEM 、47 (1999 )、頁。1906年の- 1910年
Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード
5。
M. 鈴木、K. 吉野、M. 前田、山本、T. Miyase 、M. 佐野
茶カテキンの阻害効果及びOは、エピガロカテキン-3- – ( – )の誘導体-メチルOのマウスIV型アレルギーに-gallateを
J Agric Food Chem 、48 (2000 )、pp。5649 – 5653
Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード
6。
Y. 藤村、H. 橘、M. 前田、山本、T. Miyase 、M. 佐野、K. 山田
抗アレルギー茶カテキン、( – ) -エピガロカテキン-3- O – (3- 入出力メチル)-gallate抑制するヒト好塩基性KU812細胞におけるfcepsilonRI発現
J Agric Food Chem 、50 (2002 )、pp。5729 – 5730
Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード
7。
M. 前田 – 山本、N。 イナガキ、J。 キタウラ、et al。
茶葉からの
O‐メチル化カテキンは肥満細胞の多重プロテインキナーゼを阻害する
J Immunology 、172 (2004 )、pp。4486 – 4492
Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード
8。
H. 橘、T. 久保、T. Miyase 、ら。
in vivoでのインターロイキン4誘導性e生殖細胞系転写および抗原特異的IgE産生に対する阻害剤の同定
BIOCHEM Biophys RES COMMUN 、280 (2001年)、頁。53 – 60
記事のダウンロードPDFを見るScopus Google Scholar
9。
M. 前田、山本、H. 河原、N. 松田、ら。
マウス肥満細胞活性化の阻害に対する様々な品種または異なる製造タイプの茶注入の効果
Biosci Biotechnol Biochem 、62 (1998 )、pp。2277 – 2279
Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード
10。
M. 前田、山本、M. 佐野、N. 松田、ら。
異なる品種の茶の中
のエピガロカテキン‐3‐ O – (3 ‐ O‐メチル)ガレート含有量の変化、茶の季節および加工方法
日本Shokuhin化学工学会誌、48 (2001 )、頁。64 – 68
(日本語で)
Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード
11。
M. 前田、山本、K. エマ、I. 四分一
in vitroおよびin vivoで含む「べにふうき」緑茶の抗アレルギー効果Oは、カテキンおよびショウガエキス増強を-メチル
国際細胞検査士、55 (2007 )、頁135 – 142
Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード
12。
K. 岩佐、H. 鳥居
酒石酸鉄茶タンニンのA比色決意
Teの研究、26 (1962 )、pp。87 – 91
(日本語で)
Scopus Google Scholarでレコードを表示する
13。
K. 馬場、A. 今野、H. 竹中、ら。(編)、ガイドライン日本における鼻アレルギー多年生鼻炎や花粉症の治療のための、ライフサイエンス、東京(2002 )、頁。8 – 11
(日本語で)
Google Scholar
14。
M. 安江、H. 永井、M. 前田、山本、ら。
通年性アレルギー性鼻炎患者における「紅ふき」緑茶の摂取の臨床効果と安全性
臨床栄養学会誌、27 (2005 )、頁。33 – 51
(日本語で)
Scopus Google Scholarでレコードを表示する
15。
M. 安江、Y. 大竹、H. 永井、ら。
O‐
メチル化カテキン
を含む「紅ふき」緑茶の有効性と安全性:軽度の通年性アレルギー性鼻炎患者における臨床研究
日本Shokuhin Shinsozai Kenkyu会誌、8 (2005 )、頁。65 – 、80
(日本語で)
Scopus Google Scholarでレコードを表示する
16。
Y. 藤村、D. 梅田、S. 矢野、M. 前田、山本、K. 山田、H. 橘
ザ67kDaラミニン受容体の抗アレルギー作用の主要決定因子としてOは EGCGを-メチル
Biochem Biophys Res Commun 、364 (2007 )、pp。79 – 85
記事のダウンロードPDFを見るScopus Google Scholar
17。
SJ ガリ、M. マウラー、CS ランツ
先天性免疫のセンチネルとして肥満細胞
CURR OPIN Immunol 、11 (1999 )、頁。53 – 59
記事のダウンロードPDFを見るScopus Google Scholar
18。
S. 堀口、Y. 田中、T. 内田、他。
スギ花粉症患者における抗原特異的Tヘルパークローンサイズの季節的変化:2年間の研究
Clin Exp Allergy 、38 (2008 )、pp。405 – 412
Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード
19。
M. 奥田、K. 大久保、M. 後藤、Y. 石田は
それほど高いスギ花粉症患者における事前季節症状の頻度ですか?
Arerugi 、54 (2005 )、頁636 – 640
(日本語で)
Scopus Google Scholarでレコードを表示する
20。
ARIAワークショップグループのための
J. Bousquet 、P. Van Cauwenberge 、N. Khaltaev
。世界保健機関。アレルギー性鼻炎とそのぜん息への影響 ARIAワークショップ報告
J Allergy Clin Immunol 、108 (2001 )、pp。S147 – S334
記事のダウンロードPDFを見るScopus Google Scholar
Copyright©2009日本アレルギー学会 Elsevier BVによる制作とホスティング
https://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S1323893015307279