増田佐和子1 3前田真理- 山本2臼井智子3藤沢孝雄1
もっと見せる
https://doi.org/10.2332/allergolint.13-OA-0620 権利とコンテンツを入手する
クリエイティブコモンズライセンスの下で
抽象
バックグラウンド
緑茶の有効成分の1つであるメチル化カテキンは、アレルギー反応を改善すると報告されています。O-メチル化エピガロカテキン-3-O- [3-O-メチル]ガレート(O-メチル化EGCG)を含む「紅ふき」緑茶のスギ花粉症(JCP)の緩和における有効性を評価した。
方法
この試験は、二重盲検無作為化プラセボ対照試験でした。JCP患者は、2007年12月から2008年3月まで毎日、プラセボとして、O-メチル化EGCGを含む「ベニフキ」緑茶(O-メチル化EGCGを含まない)700mlを飲むようにランダムに割り当てられた。花粉の季節。主な結果は、花粉のピークシーズン中の症状スコアの曲線下面積(AUC)であった。
結果
JCPの成人51人がこの研究に参加した。26人の被験者が「べにふうき」に割り当てられ、25人の被験者が「やぶきた」に割り当てられた。「ベニフキ」群の花粉ピーク期の症状スコアのAUCは、鼻水、眼のかゆみ、涙、全鼻症状スコア、全眼症状スコア、鼻症状のいずれについても「藪北」グループよりも有意に小さかった。投薬スコアと眼症状 – 投薬スコア ピーク花粉シーズンの1週間のQOL関連アンケートスコアの合計は、 ‘Benifuuki’グループの方が有意に優れていました。’ベニフキ’グループでは、花粉曝露に応じた末梢好酸球数の増加が抑制されました。いずれの群においても有害事象は報告されなかった。
結論
大量のO-メチル化EGCGを含む「紅ふうき」緑茶はJCPの症状を軽減し、季節性アレルギー性鼻炎を治療するための補完/代替薬としての可能性があります。
前号の記事次の記事問題で
主な言葉
アレルギー性鼻炎補完代替医療効能スギポリオ処理
略語
O-メチル化EGCGO−メチル化エピガロカテキン−3 − O− [3 − O−メチル]ガレートJCPスギ花粉症CAM補完代替医療QOL生活の質VASビジュアルアナログスケール
全文をPDFでダウンロードする
参考文献
1。
K. 大久保、Y. 黒野、S. 藤枝、ら。
アレルギー性鼻炎の日本語ガイドライン
Allergol Int 、60 (2011 )、pp。171 – 189
記事のダウンロードPDF CrossRef Scopusでの記録を見るGoogle Scholar
2。
S. 西池、S. 荻野、M. 入船、ら。
スギ花粉症の異なる臨床段階における生活の質の測定
Auris Nasus Larynx 、31 (2004 )、pp。135 – 139
記事のダウンロードPDFを見るScopus Google Scholar
3。
Y. 金子、Y. 本橋、H. 中村、T. 遠藤、A. Eboshida
スギ花粉症の有病率の増加:メタ回帰分析
Int Arch Allergy Immunol 、136 (2005 )、pp。365 – 371
Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード
4。
M. 奥田
全国のスギ花粉症の疫学
Ann Allergy Asthma Immunol 、91 (2003 )、pp。288 – 296
記事のダウンロードPDFを見るScopus Google Scholar
5。
K. 小笹、K. 出島、H. 竹中
日本における学童の間でスギ花粉症の有病率
Int Arch Allergy Immunol 、128 (2002 )、pp。165 – 167
Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード
6。
A. 田中、K. Minoguchi 、R. Pawankar 、M. 足立
スギ花粉症患者における喘息
World Allergy Organ J 、5 (2012 )、pp。S218 – S222
Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード
7。
SM Chacko 、PT Thambi 、R. Kuttan 、I. 西垣
緑茶の有益な効果:文献レビュー
Chin Med、5(2010)、p。13年
CrossRef Google Scholar
8。
KA Grove 、JD Lambert
Laboratory、疫学的研究、および人間の介入研究は、お茶(Camellia sinensis)が肥満予防に役立つかもしれないことを示しています
J Nutr 、140 (2010 )、pp。446 – 453
Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード
9。
C. Masterj’ohn 、RS Bruno
非アルコール性脂肪性肝疾患における緑茶の治療的可能性
NUTRするRev 、70 (2012 )、頁。41 – 56
Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード
10。
HY ヤン、SC ヤン、JC チャオ、JR 陳
カテキンに富む緑茶とイヌリンの、太りすぎの成人の体組成に対する有益な効果
Br J Nutr 、107 (2012 )、pp。749 – 754
Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード
11。
I. 栗田、M. 前田、山本、H. 橘、M. 亀井
O-メチルEGCGを含有するべにふうき茶の抗高血圧効果
JAgric食品CHEM 、58 (2010 )、頁。1903年の- 1908年
Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード
12。
肥満関連遺伝子を調節することによりラットの体重を減少させる
C. Lu 、W. Zhu 、CL Shen 、W. Gao
緑茶ポリフェノール
PLoS One、7(2012)、p。e38332
CrossRef Google Scholar
13。
M. 佐野、M. 田畑、M. 鈴木、M. 出川、T. Miyase 、M. 前田、山本
電気化学的検出を用いた高速液体chroma-のtographyによって12の茶カテキンの同時決意
Analyst 、126 (2001 )、pp。816 – 820
Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード
14。
M. 佐野、M. 鈴木、T. Miyase 、K. 吉野、M. 前田、山本
ウーロン茶から単離された新規抗アレルギーカテキン誘導体
J Agric食品CHEM 、47 (1999 )、頁。1906年の- 1910年
Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード
15。
M. 鈴木、K. 吉野、M. 前田、山本、T. Miyase 、M. 佐野
茶カテキンとのOmethylated誘導体の阻害効果( – ) -マウスIV型アレルギーにエピガロカテキン-3-O-ガレート
J Agric Food Chem 、48 (2000 )、pp。5649 – 5653
Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード
16。
Y. 藤村、H. 橘、M. 前田、山本、T. Miyase 、M. 佐野、K. 山田
抗アレルギー茶カテキン、( – ) -エピガロカテキン-3-O-(3-O-メチル)-gallate抑制するヒト好塩基球KU812細胞におけるFcepsilonRI発現
J Agric食品CHEM 、50 (2002 )、頁。5729 – 5734
Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード
17。
M. 前田 – 山本、N。 イナガキ、J。 キタウラ、et al。
茶葉からのO‐メチル化カテキンは肥満細胞中の複数の蛋白質キナーゼを阻害する
J Immunol 、172 (2004年の)、頁。4486 – 4492
Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード
18。
M. 前田、山本、K. エマ、I. 四分一
インビトロおよびO-メチル化カテキンおよびショウガエキスの増強を含む「べにふうき」緑茶のインビボ抗アレルギー作用に
国際細胞検査士、55 (2007 )、頁135 – 142
Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード
19。
M. 前田、山本、K. エマ、M. 物部、ら。
花粉曝露前のO‐メチル化カテキンを含有する紅風茶による季節性アレルギー性鼻炎の早期治療の有効性:オープンランダム化試験
AllergolのInt 、58 (2009 )、頁437 – 444
記事のダウンロードPDF CrossRef Scopusでの記録を見るGoogle Scholar
20。
S. 神崎、H. 小川、M. 池田、T. 増田、K. 小川
日本の季節性アレルギー性鼻炎患者の生活の質は、花粉飛散-多分析のタイミングに関連しています
Acta Otolaryngol 、131 (2011 )、pp。290 – 297
Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード
21。
G. Passalacqua 、PJ ブスケ、KH カールセン、ら。
ARIAの最新情報:I—鼻炎と喘息に対する補完代替医療の系統的レビュー
J Allergy Clin Immunol 、117 (2006 )、pp。1054 – 1062
記事のダウンロードPDFを見るScopus Google Scholar
22。
T. Mainardi 、S. カプール、L. Bielory
補完代替医療:ハーブ、植物化学物質やビタミン剤とその免疫学的効果
J Allergy Clin Immunol 、123 (2009 )、pp。283 – 294
Scopus Google Scholarでレコードを表示する
23。
HL 肺、WK Ip 、CK ウォン、NK Mak 、ZY 陳、KN Leung
ヒト好酸球性白血病EoL-1細胞株に対する緑茶カテキンエピガロカテキン-3-ガレート(EGCG)の抗増殖および分化誘導活性
Life Sci 、72 (2002 )、pp。257 – 268
記事のダウンロードPDFを見るScopus Google Scholar
24。
T. 村瀬、A. 長澤、J. 鈴木、T. 長谷、I. Tokimitsu
食餌誘導肥満の茶カテキンの有益な効果:肝臓における脂質代謝の刺激
Int JのOBE Relat Metab Disord 、26 (2002 )、頁。1459 – 1464
Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード
25。
T. Chisaka 、H. 松田、Y. Kubomura 、M. 望月、J. 山原、H. 藤村
実験高コレステロール血症に生薬の効果:の作用のモード( – ) -茶葉中のエピガロカテキンガレート
Chem Pharm Bull(東京)、36 (1988 )、pp。227 – 233
Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード
Copyright©2014日本アレルギー学会 Elsevier BVによる制作とホスティング
https://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S1323893015300344