抽象
経口投与後のラット血漿および尿中の(+) – カテキン、( – ) – エピカテキン、およびそれらの代謝産物のレベルを比較した。ラットを4つの群に分け、(+) – カテキン(CA群)、( – ) – エピカテキン(EC群)、2つの混合物(MIX群)または脱イオン水を与えた。投与前およびその後の指定された時間間隔で血液試料を採取した。投与後0〜24時間に尿サンプルを採取した。血漿中および尿中の(+) – カテキン、( – ) – エピカテキンおよびそれらの代謝産物を、β-グルクロニダーゼおよび/またはスルファターゼで処理した後、HPLC-質量分析により分析した。

投与後、吸収された(+) – カテキンおよび( – ) – エピカテキンは、非メチル化または3’− Oなどの代謝産物として血漿中に主に存在した。メチル化コンジュゲート。CA群およびMIX群では、血漿中の(+) – カテキンの一次代謝産物は非メチル化型のグルクロニドであった。対照的に、ECおよびMIX群では、血漿中の( – ) – エピカテキンの一次代謝産物は、非メチル化形態のグルクロニドおよびスルホグルクロニドであり、3’-Oの硫酸塩であった。メチル化形態。EC群における( – ) – エピカテキン代謝産物の総量の尿中排泄は、CA群における(+) – カテキン代謝産物の量よりも有意に高かった。尿中の(+) – カテキン代謝産物の合計はCAグループよりもMIXグループにおいて有意に低く、そしてMIXグループにおける( – ) – エピカテキン代謝産物の合計もECグループよりも有意に低かった。これらの結果は、ラットにおける( – ) – エピカテキンのバイオアベイラビリティーが(+) – カテキンのバイオアベイラビリティーより高いこと、および(+) – カテキンおよび( – ) – エピカテキンが胃腸管で競合的に吸収される可能性があることを示唆するラット
ラット、(+) – カテキン、( – ) – エピカテキン、吸収、排泄

トピック: 生物学的利用能 排泄機能 カテキン プラズマ ラット 尿 代謝物
発行セクション 栄養素代謝疫学データによれば、植物ポリフェノール消費及び冠状動脈性心臓病の発生率(負の相関がある1、2)。

いくつかの水酸基を持つフラボノイドは果物や野菜に広く分布しており、私たちの日々の食生活で頻繁に消費されています(3)。以前の報告では、食品からのフラボノイドの一日摂取量は、米国ではオランダの23ミリグラムと1グラムの間の範囲と推定された(1、4)。最近、オランダ人のカテキン摂取量は50 mg /日であることが報告されました(5)。この報告は、お茶がすべての年齢層にとってカテキンの主な供給源であり、チョコレートが子供のカテキンの重要な供給源であることを示しています(5)。これらの報告は、食物からのカテキンの毎日の摂取が人間に健康上の利益を与えるかもしれないことを示唆しています。

(+) – カテキンおよび( – ) – エピカテキンは、緑茶、紅茶、ワイン、その他果物やカカオ製品などの植物性食品に含まれるフラボノイドです(6)。(+) – カテキンおよび( – ) – エピカテキンのようなカテキンは、それらの抗酸化能力に関して様々な生理学的効果を有することが報告されている。in vitro研究では、(+) – カテキンや( – ) – エピカテキンなどのカテキンの添加は、ラジカル発生剤によって誘発されたヒト酸化血漿における脂質酸化とα-トコフェロールおよびβ-カロチン枯渇を遅らせた(7)。ex vivoでの研究では、緑茶の摂取は、ヒトの低密度リポタンパク質の酸化を防ぎました(8)。さらに、インビボ研究において、Miura et al。(9は、茶カテキンがアポリポタンパク質E欠損マウスにおけるアテローム性動脈硬化症の発症を軽減することを示した。最近、Schroeter等。(10)パーキンソン病およびアルツハイマー病のような神経変性疾患の減少における( – ) – エピカテキンの可能な役割を報告しました。

https://academic.oup.com/jn/article/131/11/2885/4686806