抽象
LDL酸化に対するカテキン代謝産物およびメチル化類似体の効果を、脂質過酸化を誘導するための水溶性開始剤または銅イオンのいずれかを用いてin vitroで研究した。カテキンO-メチル化類似体を酸化混合物に直接添加すると、遅滞期の間および遅滞期および増殖期の両方の間の代謝産物に対して明らかな保護効果がもたらされた。

これらの選択的Oで得られた構造活性相関 – メチル化化合物は、カテキン活性部分:カテコールB環の決定を可能にした。物理化学的研究に基づいて、これらの結果は、一般的に記載されているように、フラバン-3-オールの掃去特性に含まれるメカニズムは水素移動のみならず、主にフェノラートからの電子移動であることを示唆する。

– O -methylcatechinなどの両親媒性連鎖破壊抗酸化物質として作用すること、さらに、ように見えます。しかしながら、LDLを保護するために必要なフラバン−3−オールの血漿濃度は、ヒト血漿中に通常見られるものよりはるかに高い。したがって、データは脂質過程における抗酸化剤としてのフラバン-3-オールの直接的な生理学的関連性を支持しない。将来の研究は、単純な抗酸化剤以外の他の効果に焦点を合わせるべきです。

https://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S0891584902014338