ハイライト

残留農薬分析における緑茶サンプルの調製には、改良されたQuEChERSメソッドを使用しました。

HPLC-MS / MSにより102の農薬が同時に定量された。

確認された方法は、SANCO No.12571 / 2013に規定されるように、直線性、感度および回収率を満たした。

検証した方法を中国の江西省からの緑茶試料に首尾よく適用した。

緑茶サンプルの67%に農薬が含まれていました。
抽象
HPLC-MS / MSと組み合わせた修正QuEChERSプロトコルを、中国の江西省で生産された緑茶中の102の農薬の分析に使用しました。正確な定量化のために、マトリックス効果を補正するためにマトリックス適合検量線を適用した。これらの農薬の回収率は62%から125%の範囲で、相対標準偏差(RSD)は18%未満でした。検出限界と定量限界は、それぞれ0.03〜15 µg / kgと0.1〜50 µg / kgでした。緑茶サンプルの67%に残留農薬がいくつか含まれており、そのほとんどが5種類以上の農薬を含んでいることがわかりました。さらに、18のサンプル中の11の残留農薬のレベルは、EC Regulation No. 396/2005で許可されている値よりも大きいことがわかりました。
https://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S0308814618316650