抽象
ベニフキ(エピガロカテキン-3- O – (3- Oなどのメチル化カテキンを含む茶品種)の抽出物の効果を調べた。高脂肪/高スクロース(HF / HS)食餌を与えたマウスにおける( – メチル)ガレート(EGCG 3(Me))。次にこの茶の品種を、藪北の抽出物(メチル化カテキンを欠く人気のある茶の品種)と比較した。6週間、C57BL / 6Jマウスに、茶栽培品種からの茶抽出物を含むまたは含まないHF / HS食餌を与えた。茶抽出物は、メチル化カテキン(すなわち、ヤブキタ(0.2%および1%)またはベニフキ(0.2%)を除く。 1%)粉末を抽出する)。ベニフキ0.2%の補給は、ヤブキタ0.2%を補給したマウスと比較して、TGおよびNEFAの血漿レベルを著しく低下させた。ベニフキ1%を含有する食餌は、脂肪組織重量、肝臓TG、および肝臓における脂質生成遺伝子の発現を減少させた。これらの結果は、ベニフキが藪北よりはるかに高い脂質低下作用を有することを示唆した。一緒に撮影
前書き
肥満は、脂肪合成(脂質生成)と脂肪分解(酸化)の不均衡から生じる代謝障害です。肥満は世界中で驚くべき速度で広まっています。肥満は心血管疾患のリスク増加と関連しています1。確かに、肥満誘発性高コレステロール血症は冠状動脈性心臓病のリスクと相関しています2。
緑茶(Camellia sinensis L.)は世界で最も人気のある飲料の一つです。緑茶の日常消費は、抗酸化、抗発癌性、低コレステロール血症、および心臓保護活動を含むいくつかの重要な健康上の利点、関連付けられていることが報告されている3、4、5、6。緑茶の有益な特性は、それが含んでいる豊富なポリフェノール化合物(「カテキン」)に起因しています。緑茶カテキンには、カテキン(C)、( – ) – エピカテキン(EC)、( – ) – エピガロカテキン(EGC)、( – ) – エピカテキン-3-ガレート(ECG)、および( – ) – エピガロカテキン-3があります。 -gallate(EGCG)これらのうち、EGCGは主なカテキンであり、いくつかの生物学的および薬理学的特性を持っています7、8、9、10、11、12、13、14、15、16。いくつかの研究では、緑茶やEGCGの抗肥満効果を報告している17、18、19、20。
ベニフキ(Camellia sinensis L.)は、もともと独立行政法人日本野菜茶学会(全国農業食糧研究機構、東京)により設立された茶栽培品種である。ベニフキはエピガロカテキン-3- O-(3- O-メチル)ガレート(EGCG3” Me;≒0.8〜2.5%(w / w))などのメチル化カテキンが豊富で、最も人気のある栽培品種ではありません。緑茶は、日本で消費される緑茶製品の約75%を占めています。インビボでおよび臨床研究べにふうきは、強力な抗アレルギー効果を有することが示されている21、22。薬物動態分析により、EGCG3 MeはEGCGよりも腸からの吸収率が著しく高く、血液からの消失率が低いことが確認されました23。そのため、紅茶中のEGCG3 Meの量はEGCGの約4分の1ですが、紅茶摂取後のこれら2種類のカテキン類の血中濃度はほぼ同じです23。これがベニフキが藪北よりも高い抗アレルギー作用を持つ主な理由であると考えられます。ベニフキの抗アレルギー効果は報告されていますが、ベニフキの有益な抗肥満効果を説明する研究は報告されていません。
本研究の目的は、脂肪蓄積、血漿および肝臓の脂質レベル、ならびにマウスのHF / HS誘発肥満モデルにおける肝臓遺伝子発現に対する食事性ベニフキの効果を決定することであった。
結果
一般的な観察
ベニフキは、一般的な栽培品種であるヤブキタには存在しないEGCG3 Meなどのメチル化カテキンが豊富です。マウスにおける脂肪蓄積、血漿および肝臓中の脂質レベル、ならびに肥満およびメタボリックシンドロームのHF / HS誘導モデルにおける肝臓遺伝子発現に対する食餌性ベニフキの効果を決定するために、マウスに藪田またはベニフキ抽出物を与えた(表1)。説明のとおり。
表1:茶抽出物粉末の組成(mg / g)
フルサイズテーブル
6週間のHF / HS給餌は、対照食と比較して体重および後腹膜脂肪組織の重量を有意に増加させた(表2)。ヤブキタ1%およびベニフキ1%を与えた群は、HF / HSを与えた群と比較して、体重および後腹膜脂肪組織の重量が中程度に減少した。ヤブキタ1%およびベニフキ1%を与えた群は、HF / HSを与えた群と比較して、体重および後腹膜脂肪組織の重量が中程度に減少した。ベニフキ1%を与えたグループは、rWATとeWATの両方において中程度の減少を示しました。しかし、藪北1%を摂取したグループでは、eWATのみが緩やかに減少しました。累積エネルギー摂取量は、ベニフキ0.2%群を除いてHF / HS群と茶抽出物群の間で有意差はなかった(図1)。
表2:HF / HS給餌C57BL / 6Jマウスにおける体脂肪および血清成分の蓄積に対するヤブキタおよびベニフキの効果
フルサイズテーブル
図1:食物摂取量
図1
食物摂取量は研究を通してケージ単位で測定され、累積エネルギー摂取量を表す。値は平均値±SEMである。(対HF / HS投与群)* p <0.05。**p<0.01。***p<0.001。n= 6である。 フルサイズ画像 血漿の生化学分析 HF / HS給餌は、有意に上昇したレベルの総コレステロール(TC)、高密度リポタンパク質コレステロール(HDL − C)、低密度リポタンパク質コレステロール(LDL − C)および超高密度リポタンパク質コレステロール(VLDL − C)(表2))Benifuuki 1%の食事療法はLDL-CおよびVLDL-Cのレベルをかなり減らしました。ヤブキタ1%ならびにベニフキ0.2%および1%の食事は、アスパラギン酸アミノトランスフェラーゼ(AST)およびアラニントランスアミナーゼ(ALT)の血漿レベルを有意に低下させた。HF / HS供給はまた、TGの血漿レベルを上昇させた(図2A)。ヤブキタ0.2%食餌はTGの血漿レベルに影響を及ぼさなかったが、ヤブキタ1%ならびにベニフキ0.2%および1%食餌は、対照において見られるものまでTGの血漿レベルを下げた。やぶきた1%ならびにベニフキ0.2%および1%の食事療法は、非エステル化脂肪酸(NEFA)の血漿中濃度を低下させた(図2B)。 図2:HF / HS給餌マウスにおけるTGおよびNEFAの血清レベルに対する藪北およびベニフキの効果。 図2 治療期間終了時の血漿TG(A)およびNEFA(B)。値は平均±SEM、n= 6である。異なる文字は統計的に異なり、p<0.05である。 フルサイズ画像 肝臓脂質 6週間のHF / HS給餌は肝臓TGの含有量を増加させた。Benifuuki 1%食餌は、肝臓のTG濃度に著しい低下効果をもたらしました(図3)。 図3:HF / HS給餌マウスにおけるTGの肝臓レベルに対するヤブキタおよびベニフキの効果。 図3 治療期間終了時に肝TG 値は平均±SEM、n= 6である。異なる文字は統計的に異なり、p<0.05である。 フルサイズ画像 DNAチップ解析 脂質および炭水化物の代謝に関連する194個の遺伝子のうち、我々はこれらの遺伝子の73個の発現が肝臓サンプルにおいてほとんど検出されなかったので、本研究における分析のために他の121個の遺伝子のデータを用いた(補足表S1およびS2)。DNAチップ分析は、HF / HS、Yabukita、およびBenifuukiの食事がmRNA発現に広範な影響を与えることを明らかにした。食事は、エネルギー産生、酸化還元調節、活性酸素種に対する防御(ROS)、マイトジェン活性化プロテインキナーゼ(MAPK)カスケード、核内受容体、エネルギーとコレステロールの代謝、およびタンパク質分解に関連する遺伝子に影響を及ぼしました。特に、エネルギーおよびコレステロールの代謝に関連する遺伝子の発現は、ベニフキの食餌の影響を受けた(補足表S1およびS2)。 脂質とコレステロールの代謝に関与する遺伝子の発現 我々は、リアルタイムPCRによるベニフキ食の脂質低下作用の根底にある分子メカニズムを探究するために、脂質生成、ベータ酸化およびコレステロール代謝を調節する肝臓遺伝子の発現を調べた。ベニフキの食事療法は、ステロール調節要素結合タンパク質-1c(SREBP-1c)、アセチル-CoAカルボキシラーゼ1(ACC1)、脂肪酸シンターゼ(FAS)、ステアロイル-CoAデサチュラーゼ1(SCD1)などの脂質生成に関連する遺伝子の発現を減少させた。 HF / HS投与群(図4))HF / HS給餌は肝3-ヒドロキシ-3メチルグルタリル-CoAレダクターゼ(HMGCR)および3-ヒドロキシ-3-メチルグルタリル-CoAシンターゼ(HMGCS)の発現を増加させたが、一方、Yabukita 1%およびBenifuuki 1%の食餌はそれらの発現をコントロールに見られるもの。HF / HSはコレステロール7-α-モノオキシゲナーゼ(CYP7A1)の発現に影響を及ぼさなかったが、Yabukita 1%およびBenifuuki 1%の食事はCYP7A1 mRNAの発現を増加させた(図5)。 図4:肝臓における脂質代謝に関与する遺伝子のmRNAレベルに対するヤブキタおよびベニフキの効果。 図4 HF / HSおよびYabukita 1%またはBenifuukiを含む飼料を与えたC57 / BL6Jマウスの肝臓におけるTG合成(SREBP ‐ 1c、ACC1、FASおよびSCD1)および脂肪酸代謝(ACOおよびMCAD)に関与​​する遺伝子のmRNA発現レベル1%エキスパウダー。値は平均±SEM、n= 6である。異なる文字は統計的に異なり、p<0.05である。 フルサイズ画像 図5:肝臓におけるコレステロール代謝に関与する遺伝子のmRNAレベルに対するヤブキタおよびベニフキの効果。 図5 HF / HSおよびYabukita 1%またはBenifuuki 1%抽出粉末を含有する食餌を与えたC57 / BL6Jマウスにおけるコレステロール代謝に関与する遺伝子(HMGCR、HMGCSおよびCYP7A1)のmRNA発現レベル。値は平均±SEM、n= 6である。異なる文字は統計的に異なり、p<0.05である。 フルサイズ画像 討論 本研究では、Benifuuki(メチル化カテキンを含む茶栽培品種)がYabukita(メチル化カテキンを欠く)よりも血漿中および肝臓中のTGに対する低下効果が強いことを示した。 ベニフキ1%を給餌したマウスは、脂肪組織重量および肝臓TG含有量が減少した。藪北はTG含有量にそれほど強力ではない効果を示した。これらの結果は、ベニフキが、藪北よりもはるかに高い抗高脂血症活性および抗肥満効果を有することを示唆した。HF / HS、藪北1%および紅福1%のグループ間の総エネルギー摂取量の顕著な差は観察されなかった。したがって、エネルギー消費の増加または低脂肪沈着をもたらすさまざまなメカニズムが、ベニフキによって誘発される効果に関与している可能性があります。食事HF / HSは、SREBP1-Cの強い誘導因子であるFAS、SCD1、および肝臓脂質生成を調節する他の酵素、及び血漿TGの増加に伴って肝臓TG濃度の顕著な上昇を生成する24、25、26、27、28、29。ベニフキは肝臓におけるSREBP-1c、ACC1、FASおよびSCD1などの脂質生成酵素遺伝子の発現を下方制御した。いくつかの証拠は、ACC1の抑制または破壊(マロニルCoAを形成するために、アセチル-CoAのカルボキシル化を触媒する細胞質酵素)は、肝臓のTGの合成および蓄積の減少をもたらすことを示唆している 30 ACC1発現の抑制を示唆し、ベニフキを給餌したマウスにおける肝脂肪蓄積の減少による可能性があります。 FASは脂肪酸の生合成経路の最後のステップを触媒します。それ故、それは組織(特に肝臓)がデノボ脂質生成により脂肪酸を合成する最大能力の決定因子であると信じられている。FASレベルの上昇は、肝臓のTG 31と同様に、TGおよびNFEAの血清レベルの上昇によるものです。したがって、FAS発現の下方制御は、Benifuuki給餌マウスの肝臓および血清中の脂質レベルの低下をもたらし得る。SCD1(飽和脂肪酸からの一価不飽和脂肪酸の生合成を触媒する)もエネルギー代謝と体重の調節に重要な役割を果たしています32。重要なことに、Benifuukiの摂取はSCD1発現を有意に下方制御しました。SCD1は、肝臓の脂質生成/ TAG合成のための単不飽和脂肪酸において本質的な役割を果たす33。SCD1アンチセンスオリゴヌクレオチドによるマウスの処置は、より高い代謝率、食餌誘発性肥満の予防、および脂肪症をもたらすことが示されている34。したがって、SCD1発現の減少は、ベニフキ給餌マウスにおいて観察された体脂肪の減少を説明し得る。そのようなACC1、FAS、およびSCD1のような脂質生成遺伝子の発現は、転写レベルでSREBP-1cで規制されている35、36。本発明者らのデータは、ベニフキがSREBP - 1cの発現を抑制し、そして肝臓の脂質生成遺伝子(ACC1、FASおよびSCD1)の減少をもたらすことを示唆した。YabukitaとBenifuukiは、脂肪酸の酸化に関連する遺伝子(例:ACOとMCAD)に影響を与えませんでした。まとめると、ベニフキの脂質低下作用のもっともらしいメカニズムは、脂肪酸合成ではなく脂質合成に関連する遺伝子発現の下方制御である可能性があります。 HF / HSによる肝臓HMGCSおよびHMGCR mRNAの上方制御は、血漿中のコレステロール濃度の増加と一致する。本発明者らのデータは、緑茶がコレステロール合成に関連する遺伝子(HMGCS、HMGCR)を抑制し、そして肝臓におけるCYP7A1発現を上方制御することを示した。しかし、YabukitaとBenifuukiは、HF / HSによる血漿中TC濃度の上昇を防ぐのに効果がなかった。コレステロール代謝を調節する遺伝子の抑制に対する緑茶の効果は、血漿中のTC蓄積とは無関係であった。ベニフキを与えられたマウスにおけるLDL-C / VLDL-Cの血漿レベルの減少は、脂質生成遺伝子の発現の抑制によるものかもしれません。 緑茶の有益な効果の多くは、茶カテキン、特にEGCG(緑茶に含まれる最も豊富なカテキン)によって媒介されると考えられています。いくつかの研究は、EGCGは、抗肥満効果を持っていることが示されている37、38。メチル化カテキンを除いて、ベニフキ抽出物とヤブキタ抽出物の間にカテキン組成に有意差はありません。EGCG3”私はベニフキの総カテキン類の6.8%を占めています。ベニフキ抽出物をヒトに経口投与すると、EGCGの投与量がEGCGの投与量の5.1倍であっても、EGCGの投与濃度曲線下面積(AUC)がEGCGのそれよりも大きいことが報告されています。私21。臨床試験では、ヒトではEGCG3 MeがEGCGの6倍の速さで吸収され、EGCGの血中からの消失速度が遅いことが確認されています21。Benifuuki投与マウス由来の血漿中のEGCG + EGCG3 + Meのレベルは、Yabukita投与マウスのレベルよりも5.2倍高かった。しかし、ベニフキのEGCG3” Meの含有量はEGCGの含有量の約4分の1であった(補足図1)。)緑茶には多くの物質が含まれているため、単一の物質がその多くの有益な効果の原因であるとは考えにくいです。しかし、YabukitaよりもBenifuukiの方が血糖降下作用が大きいという点で、EGCG3 MeはおそらくBenifuukiには含まれていますがYabukitaには含まれていないため、その生物活性において本質的な役割を果たしています。ベニフキの安全性は血清ALTとASTの結果により確認されています。さらに、Benifuuki 21による長期治療を含む臨床試験の前後で、血液や尿の分析、病理学的検査、または自覚症状に関するパラメータに違いはありません。 要約すると、本研究は、EGCG3-Meなどの独特のメチル化カテキンを含む茶が、SREBP1-c、ACC1、FASおよびSCD1などの脂質合成遺伝子の肝臓発現を有意に下方制御するという新たな証拠を提供する。利用可能なデータと情報に基づいて、血漿と肝臓におけるベニフキのTG低下効果は、おそらく血漿中のEGCG3 Meの高い吸収率と安定性のために、脂質生成の抑制を介して仲介されるかもしれない脂質生成遺伝子に対するその効果。しかしながら、EGCG3 Meがin vivoおよびin vitro で脂質低下作用を有するかどうかに焦点を当てた研究は欠けている。したがって、BenifuukiとEGCGのメカニズムをよりよく理解するためにはさらなる研究が必要です3。 方法 マウスと食事 雄性C57 / BL6マウス(12週)はCharles River(神奈川、日本)から購入した。それらは12時間 - 明暗サイクル(午前8時から午後8時までの明かり)で温度と湿度が管理された部屋で維持された。AIN-93G食餌を与えながら、すべてのマウスを1週間順応させた。AlN − 93GおよびHF / HS食餌はKBTオリエンタル(東京、日本)から得た(表3)。 表3実験食の組成 フルサイズテーブル マウスを6つの群に割り当てた:(1)AIN − 93G食餌を与えた陰性対照群(対照)。(2)高脂肪/高スクロース食を与えた陽性対照群(HF / HS)。(3)HF / HS食を摂取したが0.2%のヤブキタを含む群(ヤブキタ0.2%)。(4)1.0%のヤブキタを含むHF / HS食を摂取した群(ヤブキタ1.0%)。(5)0.2%ベニフキを含むHF / HSを与えた群(ベニフキ0.2%)。(6)1.0%ベニフキを含むHF / HS食餌を与えた群(ベニフキ1.0%)。 沸騰したお湯とそれに続く凍結乾燥を使用して、植物の葉からヤブキタとベニフキの抽出物を調製した。各抽出粉末の組成は高速液体クロマトグラフィー(HPLC)により決定した(表1)。8,360 kJ /日のエネルギー摂取量に基づいて推定されるように、0.2%と1.0%の緑茶の食事レベルは、それぞれ1日当たり1.6カップと8カップ(緑茶2.0g /カップ)の人間の摂取量に相当しました。マウスには週に3回食餌を与え、毎週体重を量った。6週間の給餌の終わりに、マウスを一晩の食餌剥奪後にイソフルラン蒸気下で麻酔した。後眼窩洞を介して血液サンプルをチューブに採取した。遠心分離後に血漿を収集した(2000× g4℃で20分間保存し、-80℃で保存した。採血後、マウスをイソフルラン過量投与により殺した。内臓脂肪組織(腹膜および精巣上体貯留部)および肝臓を採取し、すすぎ、そして秤量した。肝臓の中心葉から、約0.5gの組織を各マウスから摘出し、RNALater(商標)溶液(Ambion、Austin、TX、USA)を含むプラスチックチューブに入れた。RNALater中の肝臓組織を4℃で24時間維持した後、-80℃で保存した。この実験は九州大学農学部の動物実験ガイドラインに従って行った。研究プロトコールは、福岡県九州大学の動物実験委員会によって承認された。動物実験の承認番号はA22-146です。 茶抽出物中のカテキンとカフェインの量の測定 茶試料をHPLC分析用に調製した。簡単に説明すると、試料を1%H3PO4を含有する50%エタノールに浸し、超音波装置を用いて20℃で30分間破砕し、次いでメンブランフィルター(孔径0.45μm)を通して濾過した。紫外検出器(SPD-M10Avp; Shimadzu、京都、日本)と連結したShimadzu LC-10Aポンプおよび逆相Wakopak Navi C18-5カラム(内径4.6 mm;粒径5μm)を用いてHPLCを行った。 ;和光純薬、京都、日本)。溶出は、0〜80%の溶媒Bおよび溶媒Aの2〜45分の直線勾配からなった。溶媒Aは、蒸留水/リン酸/アセトニトリル(400:10:1v / v)からなり、そして溶媒Bは、からなる。メタノール/溶媒A(1:2 v / v)試料を40℃で1mL /分で溶出した。検出波長は272nmであった。茶抽出物中のカテキンおよびカフェインの量は、茶抽出物中の各カテキンのピーク面積を、一定量のカフェイン、EC、C、EGCG、ガロカテキンガレート(GCG)、ECGを含む標準製剤のそれと比較することによって測定した。 、カテキンガレート(CG)、EGCG 3” Me、およびガロカテキン−3− O - (3− O−メチル)ガレート(GCG 3” Me)。 血漿および肝臓サンプルの生化学分析 血漿トリグリセリド(TG)、非エステル化脂肪酸(NEFA)、アスパラギン酸アミノトランスフェラーゼ(AST)、アラニントランスアミナーゼ(ALT)、総コレステロール(TC)、高密度リポタンパク質コレステロール(HDL-C)、低密度リポタンパク質TG E検定、非エステル化脂肪酸(NEFA)C検定およびトランスアミナーゼCII検定(それぞれから)を使用して、βコレステロール(LDL − C)および超低密度リポタンパク質コレステロール(VLDL − C)を測定した。 (和光)、HDL − CおよびLDL − C / VLDL − C定量キット(それぞれ、バイオビジョン、ミルピタス、カリフォルニア州、米国)。クロロホルム - メタノール(2:1)で肝臓脂質を抽出した後、それぞれTG Eテスト(和光製)を用いて肝臓TG含有量を測定した。全てのキットは製造業者の指示に従って使用された。 RNA単離およびDNAチップ分析 RNeasy TM Mini Kit(Qiagen、Valencia、CA、USA)を用いて肝臓サンプルから全RNAを抽出した。Agilent 2100 Bioanalyzer(Agilent Technologies、Palo Alto、CA、USA)を用いて全RNAサンプルを分析した。製造業者のプロトコルに従って、MessageAmpII Biotin Enhanced Amplificationキット(Applied Biosystems、Foster City、CA、USA)を使用して、ビオチン化アンチセンスRNAを合成し、全RNA(1μg)から増幅した。aRNA精製後、ビオチン化aRNA(5μg)を10×断片化試薬(Applied Biosystems)を用いて70℃で7.5分間加熱することにより断片化した。150℃のハイブリダイゼーション緩衝液(0.12MのトリスHCl / 0.12MのNaCl / 0.05%のTween − 20および5μgの断片化ビオチン化aRNA)中でDNAチップを用いて65℃で一晩ハイブリダイゼーションを行った。ハイブリダイゼーション後、DNAチップを0.12MトリスHCl / 0.12M NaCl / O中で2回洗浄した。65℃で20分間05%Tween - 20、続いて0.12MトリスHCl / 0.12M NaCl中で10分間洗浄する。次いで、ハイブリダイズしたaRNAを、室温で30分間、0.12MトリスHCl / 0.12M NaCl中の2μg / mLのストレプトアビジン−Cy5(GE Healthcare、リトルチャルフォント、英国)で標識した。蛍光標識後、DNAチップを0.12MトリスHCl / 0.12M NaCl / 0.05%Tween − 20中で室温で5分間ずつ4回洗浄した。マルチチップ励起技術を備えたDNAチップリーダー(横河電機、東京、日本)を用いて、DNAチップを複数の露光時間(0.1〜40秒)でスキャンした。各スポットについて最良の露光条件を有する強度値を選択した。バックグラウンドスポットの中央値を各遺伝子の強度値から差し引いた後、その値を内因性対照(酸性リボソームリンタンパク質、 リアルタイム定量的ポリメラーゼ連鎖反応(PCR) PrimeScript RT試薬キット(Takara Bio、東京、日本)を用いて全RNA(1μg)からcDNAを合成した。遺伝子発現は、Sybrグリーン手順およびサーマルサイクラーダイスリアルタイムシステム(タカラバイオ)を用いてリアルタイム定量的PCRにより分析した。プライマー配列は補足表S2に示されている。mRNA値の発現は、内部対照としてのグリセルアルデヒド-3-リン酸デヒドロゲナーゼに対して正規化した。 統計分析 すべての統計分析は、Kyplotソフトウェアを用いたTukeyの事後検定を用いた一元配置分散分析を用いて行った。データは平均値±SEMである。P <0.05を有意と見なした。 参考文献 1。 Després、JP& Lemieux、I. 腹部肥満とメタボリックシンドローム。自然。 444、881-887(2006)。 参考のためにコンテキストを表示1 CASPubMed記事Google Scholar 2。 Fernandez、ML& Webb、D .冠状動脈性心臓病のリスクを評価するための貴重な手段としてのLDL対HDLコレステロール比。J.Am。Coll。栄養。 27、1-5(2008)。 参考のためにコンテキストを表示2 CASPubMed記事Google Scholar 3。 Yang、K 。 散発的な大腸癌のマウスモデルにおける結腸腫瘍の栄養誘導。Cancer Res。 68、7803から7810(2008)。 参考のためにコンテキストを表示3 CASPubMed記事Google Scholar 4。 Erdelyi、I 。 散発性結腸癌のマウスモデルでは、ウエスタンスタイルの食事療法が結腸内で酸化ストレスを誘発し、免疫反応を調節不全にする。J Nutr。 139、2072年から2078年(2009年)。 参考のためにコンテキストを表示4 CASPubMed記事Google Scholar 5。 Yung、L.M.et al。 茶ポリフェノールは血管機能に有益です。炎症薬理学 16、230〜234(2008)。 参考のためにコンテキストを表示5 CASPubMed記事Google Scholar 6。 Bors、W.& Saran、M .フラボノイド酸化防止剤によるラジカル捕捉。Free Radic Res Commun。 2、289-294(1987)。 参考のためにコンテキストを表示6 CASPubMed記事Google Scholar 7。 Murase、T.、 Nagasawa、A.、 Suzuki、J.、 Hase、T.& Tokimitsu、I. 茶カテキンの食餌性肥満に対する有益な効果:肝臓における脂質異化作用の刺激。Int J Obes Relat Metab Disord。 26、1459年から1464年(2002年)。 参考のためにコンテキストを表示7 CASPubMed記事Google Scholar 8。 フジムラ、Y。、タチバナ、H。およびヤマダ、K。 茶カテキンは、ヒト好塩基球性KU812細胞における高親和性IgE受容体FcεRIの発現を抑制する。Jアグリフードケミカル。 50、5729から5734(2002)。 参考のためにコンテキストを表示8 CASPubMed記事Google Scholar 9。 橘、H.、古河、K.、藤村、Y.&山田、K. 緑茶ポリフェノールEGCGの受容体。Nat Struct Mol Biol。 11、380から381(2004)。 参考のためにコンテキストを表示9 CASPubMed記事Google Scholar 10。 塚本、S 。 緑茶ポリフェノールEGCGは、多発性骨髄腫細胞における67 kDaのラミニン受容体を介してプロテインキナーゼCδおよび酸性スフィンゴミエリナーゼを活性化することにより、脂質ラフトクラスタリングおよびアポトーシス細胞死を誘導します。BIOCHEM J. 443、525から534(2012)。 参考のためにコンテキストを表示10 CASPubMed記事Google Scholar 11。 Hong、B.E.、Fujimura、Y.、Yamada、K.&Tachibana、 H.67kDaラミニン受容体を介した緑茶ポリフェノールエピガロカテキン−3−ガレートにより誘導されるTLR4シグナル伝達阻害経路。Immunol。 185、33-45(2010)。 参考のためにコンテキストを表示11 CASPubMed記事Google Scholar 12。 Umeda、D.、Yano、S.、Yamada、K.&Tachibana、 H.67kDaラミニン受容体を介したH.緑茶ポリフェノールエピガロカテキン−3−ガレートシグナリング経路。J Biol Chem。 283、3050から3058(2008)。 参考のためにコンテキストを表示12 CASPubMed記事Google Scholar 13。 Byun、EH、 Omura、T.、 Yamada、K.& Tachibana、H. 緑茶ポリフェノールエピガロカテキン-3-ガレートは、ポリフェノール感知分子67-kDaラミニン受容体を介してペプチドグリカンによって誘導されるTLR2シグナル伝達を阻害する。FEBSレット。 585、814から820(2011)。 参考のためにコンテキストを表示13 CASPubMed記事Google Scholar 14。 上田、M 。 茶カテキンは、3T3-L1脂肪細胞におけるグルコース輸送系を調節します。フードファンク 1、167-173(2010)。 参考のためにコンテキストを表示14 CASPubMed記事Google Scholar 15。 上田、M 。 エピガロカテキンガレートは、骨格筋におけるGLUT4トランスロケーションを促進します。Biochem Biophys Res Commun。 377、286-290(2008)。 参考のためにコンテキストを表示する15 CASPubMed記事Google Scholar 16。 Lin、YL& Lin、JK ( - ) - エピガロカテキン-3-ガレートは、転写因子核因子 - カッパBのリポ多糖誘導活性を下方制御することによって一酸化窒素シンターゼの誘導を遮断する。Mol Pharmacol​​。 52、465から472(1997)。 参考のためにコンテキストを表示する16 CASPubMedGoogle Scholar 17。 Westerterp-Plantenga、MS、 Lejeune、MP& Kovacs、EM 習慣的なカフェイン摂取と緑茶補給に関連した体重の減少と体重の維持。オベス研究。 13、1195年から1204年(2005)。 参考のためにコンテキストを表示17 CASPubMed記事Google Scholar 18。 長尾、T 。 カテキンが豊富なお茶を摂取すると、男性の体脂肪とマロンジアルデヒド修飾LDLが減少します。Am J Clin Nutr。 81、122から1229(2005)。 参考のためにコンテキストを表示18 CASPubMedGoogle Scholar 19。 月、HS、リー、HG、チェ、YJ、キム、TG&チョ、CS ( - ) -抗肥満のためのエピガロカテキン-3-ガレートのメカニズムを提案します。Chem Biol Interact。 167、85-98(2007)。 参考のためにコンテキストを表示する19 CASPubMed記事Google Scholar 20。 Chen、Y.K 。 ( - ) -新たに開発した高脂肪/西洋風の食事性肥満マウスにおけるメタボリックシンドロームのエピガロカテキン-3-ガレート緑茶ポリフェノールの効果。J.Agric。フードケム 59、11862から71(2011)。 参考のためにコンテキストを表示する20 CASPubMed記事Google Scholar 21。 前田、山本、M.、エマ、K.&四分一、I. インビトロとを含む「べにふうき」緑茶のインビボ抗アレルギー効果がOはカテキンおよびショウガエキス増強を-メチル。細胞工学 55、135から142(2007)。 参考のためにコンテキストを表示21 CASPubMed記事Google Scholar 22。 前田山本、M 。 花粉曝露の前にO-メチル化カテキンを含むべにふうき緑茶と季節性アレルギー性鼻炎の早期治療の有効性:オープンランダム化試験。アレルゴルInt。 58、437-444(2009)。 参考のためにコンテキストを表示する22 CASPubMed記事Google Scholar 23。 前田山本、M 。 緑茶粉末(Camellia sinensis L. cv。Benifuuki)の粒径がラットのO-メチル化EGCG吸収に及ぼす影響。掛川研究。細胞工学 63、171-179(2011)。 参考のためにコンテキストを表示23 CASPubMed記事Google Scholar 24。 Yang、ZH、 Miharahara、H.、 Takeo、J.& Katayama、M. 高脂肪およびスクロースに富む食餌は、部分的には脂質生成、インスリンシグナル伝達およびマウスにおける炎症に関与する遺伝子の急速な応答を通して肥満関連メタボリックシンドロームの急速な発症を引き起こす。Diabetol Metab Syndr。 4、32(2012)。 参考のためにコンテキストを表示する24 CASPubMed記事Google Scholar 25。 Kajikawa、S.、原田、T.、 Kawashima、A.、 Imada、K.& Mizuguchi、K. 高精製エイコサペンタエン酸は、高脂肪/高ショ糖食中の一価不飽和脂肪酸合成を抑制することによって肝脂肪症の進行を予防します。マウスを食べた。プロスタグランジンLeukot Essent脂肪酸。 80、229-238(2009)。 参考のためにコンテキストを表示25 CASPubMed記事Google Scholar 26。 佐藤、A 。 肝臓の脂質生成の重要性:高脂肪/高スクロース食誘発性肥満におけるエイコサペンタエン酸の抗肥満効果。糖尿病 59、2495年から2504年(2010)。 参考のためにコンテキストを表示する26 CASPubMed記事Google Scholar 27。 Rutledge、ACと Adeli、K。 フルクトースとメタボリックシンドローム:病態生理学と分子メカニズム。NUTR牧師 65、S13-23(2007)。 参考のためにコンテキストを表示する27 PubMed記事Google Scholar 28。 宮崎、M 。 ステアロイル-CoAデサチュラーゼ1遺伝子発現は、ステロール調節エレメント結合タンパク質1cの依存性および非依存性のメカニズムによる脂質生成遺伝子発現のフルクトース媒介誘導に必要です。J Biol Chem。 279、25164から25171(2004)。 参考のためにコンテキストを表示する28 CASPubMed記事Google Scholar 29。 松坂、T 。 ストレプトゾトシンで処置したマウスの肝臓におけるステロール調節エレメント結合タンパク質1cは、式のインスリン非依存の誘導。糖尿病 53、560-569(2004)。 参考のためにコンテキストを表示29 CASPubMed記事Google Scholar 30。 Mao、J.et al。 アセチルCoAカルボキシラーゼ1の肝臓特異的欠失は、グルコース恒常性に影響を与えることなく、肝臓のトリグリセリド蓄積を軽減します。Proc Natl Acad Sci USA。 103、8552から8557(2006)。 参考のためにコンテキストを表示する30 CASPubMed記事Google Scholar 第三十一条 Ai、Z.L.et al。 肝肝臓X受容体α-およびラットにおける非アルコール性脂肪性肝炎の発症にタンパク質-1C媒介脂質障害ステロール調節エレメント結合の役割。J Int Med Res。 39、1219年から1229年(2011年)。 参考のためにコンテキストを表示する31 CASPubMed記事Google Scholar 第三十二条 Dobrzyn、A.& Ntambi、JM 体重調節におけるステアロイルCoAデサチュラーゼの役割。トレンドCardiovasc Med。 14、77-81(2004)。 参考のためにコンテキストを表示32 CASPubMed記事Google Scholar 第三十三条 Ntambi、J.M.et al。 ステアロイルCoAデサチュラーゼ-1機能の喪失は、肥満に対してマウスを保護します。Proc Natl Acad Sci USA。 99、11482から11486(2002)。 参考のためにコンテキストを表示33 CASPubMed記事Google Scholar 34。 Jiang、G.et al。 ステアロイルCoAデサチュラーゼ-1のアンチセンスオリゴヌクレオチド阻害剤によるマウスの肥満の予防。J Clin Invest 115、1030年から1038年(2005)。 参考のためにコンテキストを表示する34 PubMed記事Google Scholar 35。 Ferré、P。および Foufelle、F。SREBP -1c転写因子および脂質恒常性:臨床的展望。ホームリサーチ 68、72-82(2007)。 参考のためにコンテキストを表示35 CASPubMed記事Google Scholar 第三十六条 Shimano、H. SREBPs:SREBPファミリーの生理学と病態生理学。FEBS J. 276、616から621(2009)。 参考のためにコンテキストを表示する36 CASPubMed記事Google Scholar 37。 Chen、Y.K 。 マウスにおける新開発高脂肪/洋室食事誘導肥満やメタボリックシンドロームのエピガロカテキン-3-ガレート- ( - )緑茶ポリフェノールの効果。Jアグリフードケミカル。 59、11862から11871(2011)。 参考のためにコンテキストを表示する37 CASPubMed記事Google Scholar 38。 Grove、KA、 Sae-Tan、S.、 Kennett、MJおよび Lambert、JD ( - ) - エピガロカテキン-3-ガレートは、高脂肪摂取肥満マウスにおいて膵リパーゼを阻害し、体重増加を減少させる。肥満。 20、2311年から2313年(2012年)。 参考のためにコンテキストを表示する38 CASPubMed記事Google Scholar 参照をダウンロードする 作者情報 所属 九州大学農学部バイオバイオサイエンス専攻応用生物化学専攻福岡812-8581 鈴木崇、幹文Kumazoeキム・ユンヒ、修也山下、かなみ中原、俊太郎塚本、雅子佐々木、Takatoki萩原、鶴留ゆかり、Yuhui黄、浩二山田 &橘ひろふみ 茨城306-8642農業・食品総合研究機構食品総合研究所 前田まり山本 〒302-0106茨城県朝日ソフトドリンク株式会社製品開発研究所 篠田ゆき &渉山口 九州大学食品機能デザイン研究センター福岡812-8581 橘ひろふみ 貢献 TSMKTHKYとHTが研究をデザインしました。TSMKYKSYSTMSKNTHYTSY YHKNMMYSWYKJとHTが研究を行いました。STTHYTとHTはデータを分析し、統計分析を行った。TSとHTが原稿を書きました。HTが最終的なコンテンツに対して主な責任を負いました。すべての著者は提出のための最終原稿を承認した。 競合する利益 著者らは、競合する経済的利益を宣言していません。 対応する著者 立花博文への対応。 補足情報 Word文書 1。 補足情報 補足図1、補足表1、補足表2 権利と許可 クリエイティブコモンズBYこの作品は、Creative Commons Attribution 3.0 Unported Licenseの下でライセンスされています。このライセンスのコピーを表示するには、http://creativecommons.org/licenses/by/3.0 /にアクセスしてください。 この記事について 出版歴 受け取った 2013年2月20日 受け入れ済み 2013年9月5日 公開済み 2013年9月25日 土井 https://doi.org/10.1038/srep02749 この記事をシェアする 次のリンクを共有している人は誰でもこのコンテンツを読むことができます。 共有リンクを取得 科目 代謝異常天然物栄養療法栄養補助食品 参考文献 緑茶栽培品種 'Benifuuki'は分割ワクチン誘導免疫グロブリンA産生を増強する ヨンソンウォン、幹文Kumazoe[…]橘ひろふみ 自然医学ジャーナル (2017) 緑茶粉末の抗酸化活性とカテキン含量に及ぼす粒径の影響 アリ・ザイター、ロイック・ベッカー[…]アマドゥディコ フードサイエンス&テクノロジージャーナル (2016) コメント コメントを投稿することにより、あなたは私たちの利用規約とコミュニティガイドラインに従うことに同意することになります。あなたが虐待的なものを見つけた場合、またはそれが私たちの規約またはガイドラインに準拠していない場合は、不適切として報告してください。 記事ツール PDFをダウンロード 19 引用 13 高度 記事の測定基準 セクション 数字 参照 抽象 前書き 結果 討論 方法 参考文献 作者情報 補足情報 権利と許可 この記事について 参考文献 コメント 科学レポート ISSN (オンライン) 自然私たちに関してはプレスリリースプレスオフィスお問い合わせフェイスブックTwitterYouTube コンテンツを発見 ジャーナルAZ 主題による記事 ナノ プロトコル交換 ネイチャーインデックス 私たちと一緒に公開 著者へのガイド 審判へのガイド 編集方針 オープンアクセス 再版および許可 研究者サービス 研究データ 言語編集 科学編集 ネイチャーマスタークラス ネイチャーリサーチアカデミー 図書館と機関 司書サービス&ツール 司書ポータル オープンリサーチ 広告とパートナーシップ 広告 パートナーシップとサービス メディアキット ブランドコンテンツ キャリア開発 ネイチャーキャリア ネイチャーカンファレンス 自然イベント 地域のウェブサイト ネイチャーチャイナ ネイチャーインド ネイチャージャパン ネイチャーコリア ネイチャーミドルイースト スプリンガーネイチャー ©2019 Springer Nature Publishing AG 個人情報保護方針クッキーの使用クッキーを管理する法的通知アクセシビリティステートメント利用規約 https://www.nature.com/articles/srep02749