抽象
( – ) – エピガロカテキン(EGC)、( – ) – エピガロカテキンガレート(EGCG)、( – ) – エピカテキン(EC)、( – ) – エピカテキンガレート(ECG)、( – ) – エピガロカテキン3- O – ( 3 -O-メチル)ガレート(EGCG3″ Me)および( – ) – 3 ‐ O – 80%エタノールで溶出するトヨパールHW − 40Sカラムクロマトグラフィーで2回分離することにより、緑茶抽出物からβ−メチルエピカテキンガレート(ECG3’Me)(純度> 97%)を首尾よく調製した。さらに、( – ) – カテキン(C)、( – ) – ガロカテキン(GC)、( – ) – ガロカテキンガレート(GCG)、および( – ) – カテキンガレート(CG)のモノマー(純度> 98%) EC、EGC、EGCG、およびECGから、熱エピマー化および準分取HPLCクロマトグラフィーにより調製した。調製したカテキン標準を用いて、茶中の没食子酸、茶カテキン、およびプリンアルカロイドの分析のための効果的かつ同時のHPLC法を本研究で開発した。ODS-100Z C 18逆相カラムを使用して、15種類の化合物を15 種類のカラム内で迅速に分離しました。 ギ酸溶液(pH2.5)およびメタノールの直線勾配溶離により1分間かけた。HPLC分析時間の2.5〜7 分の1の短縮は、没食子酸、O-メチル化カテキンを含む茶カテキン、エピカテキンのエピマー、およびプリンアルカロイドの既存の分析方法(40〜105 分)から得られました。検出限界は、通常 、280の適用波長でほとんどの成分に対して0.1〜1.0 ng のオーダーでした。 nm。メソッドの複製では、一般に、緑茶、ウーロン茶、黒茶、および白茶のほとんどの試験成分について、日中および日中のピーク面積のばらつきが6%未満でした。回収率は一般に92〜106%の範囲内で、RSDは4.39%未満でした。それゆえ、本研究において一般的に使用されているクロマトグラフィー装置を用いて進歩は容易に達成可能であり、それは茶カテキンの分析的、臨床的、および他の研究を容易にするであろう。
前号の記事次の記事問題で
キーワード
カテキンHPLC-DADメチル化カテキンプリンアルカロイドお茶トヨパールHW-40Sカラムクロマトグラフィー
著作権©2009 Elsevier BV無断複写・転載を禁じます。
https://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S0021967309002271