抽象
報告されていないメチル化カテキンおよびエピカテキン誘導体5および6は、オキサ – ピクテ – スペングラー反応によって合成された。カテキン5は、 Bを示し、Cリングが原因の形成同一平面トランス順番に対照的に、環Bに縮合した、C環及び新たに生成された六長期サイクルDとの間の接合部、エピカテキン6ことに起因して屈曲形状を呈します。

C環と新たに形成された環Dとの間のシス接合部の確立。トラメテスビロサの存在下での化合物5および6の酸化。ラッカーゼ/ 1−ヒドロキシベンゾトリアゾール(HBT)系を、二相系および逆ミセルの両方において好気的条件下で調べた。カテキンおよびエピカテキン誘導体5および6のベンジル位における予想外の異なる化学選択的酸化は、分子モデリングアプローチを用いて合理化されている。これらの結果は、Trametes villosaラッカーゼ/ HBTシステムが構造的特徴に応じてフェノール化合物のC-2またはC-4位置を官能化するための有用なツールを表すことを実証している。
抄録Trametes villosaラッカーゼ/ 1‐ヒドロキシベンゾトリアゾール系により触媒されたメチル化平面カテキンおよびベントエピカテキン誘導体の好気的酸化における予想外の異なる化学選択性

https://pubs.rsc.org/en/content/articlelanding/2014/ra/c3ra47753c/unauth#!divAbstract