抽象
電気化学検出を用いた高速液体クロマトグラフ法を4つの主要カテキンを含む12種類の茶カテキンの定量のために開発した。エピカテキン(EC)、エピガロカテキン(EGC)、エピカテキンガレート(ECG)およびエピガロカテキンガレート(EGCG)。C − 2位のそれらの4つのエピマー、C、GC、CGおよびGCG。および4つのメチル化カテキン誘導体、エピガロカテキン−3− O−(3 − O−メチル)ガレート、ガロカテキン−3− O−(3 − O−メチル)ガレート、エピガロカテキン−3− O – (4− O−メチル)ガレートエピカテキン−3 − O−(3− O−メチル)ガレート。これらのカテキンはODS C 18で分離されました0.1mM EDTA・2Naを含む0.1M NaH 2 PO 4バッファー(pH 2.5) – アセトニトリル(87:13)を用いたアイソクラティック溶出による逆相カラム。これらのカテキンの検出限界(S / N = 3)は、600 mVの印加電圧で約10〜40 pmol ml -1でした。茶葉の粉末からこれらのカテキンを30℃で40分間、H 2 O-アセトニトリル(1:1)で抽出すると、90℃の熱水で抽出した場合と比較して、これらのエピカテキンからのC-2でのエピマー化が著しく抑制された。この分析方法は、緑茶中の様々な生理活性カテキン類を同時に測定するのに敏感で適切です。

によって引用
関連する
タブナビゲーションに戻る
この記事で購入
*£42.50を
*税抜き
この記事には5ページが含まれています
このコンテンツにアクセスする他の方法
あなたの所属機関の資格情報を使って
ログイン
あなたの会員または加入者アカウントで
サインイン
出版物の詳細
この記事は2001年3月19日に受け取られ、2001年4月18日に受け入れられ、最初に2001年5月23日に公開されました
つぶやき
シェア
記事の種類:紙
DOI:10.1039 / B102541B
引用:アナリスト、2001年、126、816から820まで
許可を要求する
著者による記事の検索
佐野光昭
田畑美智子
鈴木正純
出川雅邦
宮瀬敏雄
前田まり山本
スポットライト
広告
雑誌、書籍、データベース
王立化学協会ホームページ
ホーム
私たちに関しては
会員と専門家コミュニティ
キャンペーンとアウトリーチ
雑誌、書籍、データベース
リソースとツール
ニュース&イベント
所在地と連絡先
キャリア
賞と資金
宣伝する
ヘルプ&リーガル
個人情報保護方針
利用規約
©Royal Society of Chemistry 2019
登録チャリティ番号:207890
https://pubs.rsc.org/en/content/articlelanding/2001/an/b102541b/unauth#!divAbstract