正信Kirita * †、ダイキ本間†、義久田中†、真也臼井‡、俊彦商事†、学サミ†、豊和横田†、基之田頭†、敦也村中‡、正信内山‡、知正神田†とマリ前田、山本§
†〒302-0106茨城県守谷市みどり1丁目1番21号、朝日ビール(株)食品基礎技術研究所
‡〒351-0198埼玉県和光市広沢2-1棟理化学研究所理化学研究所先端元素化学実験室
§野菜の国立研究所と茶科学、国立農業・食品産業技術総合研究機構、2769金谷、島田市、静岡県428から8501まで、日本を
J.Agric。フードケム 、2010年、58巻(12)、7196〜7201頁。
DOI: 10.1021 / jf100493s
発行日(Web):2010年5月17日
著作権©2010アメリカ化学会
*誰と連絡を取り合うべきか。電話:+ 81-297-46-1504。FAX:+ 81-297-46-1506。電子メール:masanobu.kirita@asahibeer.co.jp。
これを引用:J Agric。フードケム 2010、58 、 12 、 7196から7201
抽象
新規O‐メチルトランスフェラーゼの遺伝子は茶栽培品種(Camellia sinensis L.)から単離された。組換え酵素を使用して、全ての場合において、O-メチル化( – ) – エピガロカテキン-3-O-ガレート(EGCG)を合成した。EGCGおよび合成Oは、( – ) -エピガロカテキン-3-含むEGCGs -メチルO – (3- O -メチル)-gallate(EGCG3”Me)、( – ) -エピガロカテキン-3- O – (4- Oを -メチル) – ガレート(EGCG4’Me)、( – ) – エピガロカテキン−3− O – (3,5− O−ジメチル)- ガレート(EGCG3 ”、5”diMe)、および( – ) – 3− O−メチル – エピガロカテキン−3− O – (3,5−)1,1-ジフェニル-2-ピクリルヒドラジル(DPPH)ラジカル捕捉アッセイおよび抗菌活性を使用して、O-ジメチル) – ガレート(EGCG3 ‘、3’ ‘、5”triMe)をアッセイした。EGCGはO-メチル化EGCGの中で最も効果的であった。骨髄由来マウス肥満細胞を用いてヒスタミン遊離アッセイを行うことにより、EGCGおよび他のO-メチル化EGCGの抗アレルギー効果を測定した。効力の順序は、EGCG3 ‘、3’ ‘、5”triMe = EGCG3’ ‘であった。 5’diMe> EGCG3”Me> EGCG。これらの結果は、ヒドロキシル基の数を減らすと、DPPHラジカル捕捉および抗菌活性の有効性が低下することを示していた。対照的に、ヒスタミン放出の阻害は、特にガロイル部分において、EGCG中のメチル基の数の増加によって増強された。
キーワード(キーワード): 抗菌; ツバキsinensis。DPPH ; ヒスタミン遊離; O-メチル化EGCG。O-メチルトランスフェラーゼ
表示:ACSアクティブビューのPDF | PDF | リンク付きPDF | フルテキストHTML
引用記事
関連性のあるコンテンツ
引用データは、Crossrefの Cited-by Linkingサービスの参加者によって利用可能になります 。この記事の引用のより包括的なリストについては、ユーザーはSciFinderで検索を実行することをお勧めします。
表紙画像
茶ポリフェノール( – ) – エピガロカテキン3 – O – (3- O-メチル)ガレートの化学と健康への影響
マンチャンシンチャンチャンチータンホーチンロンホァン
農業と食品化学のジャーナル 2018年文献
アブストラクト | フルテキストHTML | PDF | リンク付きPDF
表紙画像
O‐メチル化テアフラビンは最終分化ヒト内臓脂肪細胞からのトリグリセリドの細胞内蓄積を抑制する
田中良久、 桐田正信、 宮田智、 安倍裕子、 田頭元之、 神田友正、そして 前田まり山本
農業と食品化学のジャーナル 2013 61 (51)、12634-12639
アブストラクト | フルテキストHTML | PDF | リンク付きPDF
メタボロームプロファイリングは茶葉思春期の味質を描写する
Mingzhi 朱、 ナ リー、 明 趙、 温 Yu玉、 建-林 呉
食品研究国際 2017年 94、36-44
Epigallocatechin-3-gallate and Epigallocatechin-3-O-(3-O-methyl)-gallate Enhance the Bonding Stability of an Etch-and-Rinse Adhesive to Dentin
Hao-Han Yu, Ling Zhang, Fan Yu, Fang Li, Zheng-Ya Liu, Ji-Hua Chen
Materials 2017 10 (2), 183
Biotechnological advances in tea (Camellia sinensis [L.] O. Kuntze): a review
Mainaak Mukhopadhyay, Tapan K. Mondal, Pradeep K. Chand
Plant Cell Reports 2016 35, 255-287
Cloning and characterization of a novel O -methyltransferase from Flammulina velutipes that catalyzes methylation of pyrocatechol and pyrogallol structures in polyphenols
Masanobu Kirita, Yoshihisa Tanaka, Motoyuki Tagashira, Tomomasa Kanda, Mari Maeda-Yamamoto
Bioscience, Biotechnology, and Biochemistry 2015 79, 1111-1118
The Synthesis of Methylated Epigallocatechin Gallate
Ronghui Lai, Wenfang Zhao, Yahui Huang, Wen Zhou, Chunlan Wu, Xingfei Lai, Wenxia Zhao, Ming Zhang
Chemistry of Natural Compounds 2015 51, 472-475
Cloning of a caffeoyl-coenzyme A O-methyltransferase from Camellia sinensis and analysis of its catalytic activity
Yue Zhang, Hai-peng Lv, Cheng-ying Ma, Li Guo, Jun-feng Tan, Qun-hua Peng, Zhi Lin
Journal of Zhejiang University-SCIENCE B 2015 16 (2), 103-112
Metabolic stability and inhibitory effect of O -methylated theaflavins on H 2 O 2 -induced oxidative damage in human HepG2 cells
Yoshihisa Tanaka, Masanobu Kirita, Yuko Abe, Satoshi Miyata, Motoyuki Tagashira, Tomomasa Kanda, Mari Maeda-Yamamoto
Bioscience, Biotechnology, and Biochemistry 2014 78, 1140-1146
Purification and characterization of a novel O -methyltransferase from Flammulina velutipes
Masanobu Kirita, Yoshihisa Tanaka, Motoyuki Tagashira, Tomomasa Kanda, Mari Maeda-Yamamoto
Bioscience, Biotechnology, and Biochemistry 2014 78, 806-811
Analysis of naturally occurring 3″-Methyl-epigallocatechin gallate in 71 major tea cultivars grown in China and its processing characteristics
Hai-peng Lv, Ting Yang, Cheng-ying Ma, Chuan-pi Wang、 江 市、 越 張、 Qun華 鵬、 6月風水 タン、 李 郭、 志 林
機能性食品のジャーナル 2014年 7、727から736
診断フラグメンテーションパターン分析と組み合わせた超高速液体クロマトグラフィー四重極飛行時間型(UHPLC ‐ QTOF)タンデム質量分析によるメチル化ケンフェロールとケルセチンの位置異性体の同定
ng Ma馬、 海鵬 Lv、 Xinzhong 張、 Zongmao Chen、 江 市、 美鈴 呂、 志 林
アナリティカキミカアクタ 2013年 795、15-24
記事のオプション
ACS ActiveView PDF
高解像度印刷、注釈、リファレンス
PDF (831 KB)
リンク付きPDF (811 KB)
フルテキストHTML
抽象

参考文献
引用記事
お気に入りに追加
引用をダウンロード
同僚にメールする
注文の転載
権利と許可
引用アラート
ACS ChemWorxに追加する
SciFinderの購読者 サインイン
この記事の詳細な記録を検索する
この記事で索引付けされている物質を検索する
この記事に引用されているすべての参考文献を取得する
この記事を引用しているすべての文献を検索する
で探す:
この記事の著者
誰でも
研究テーマ
サーチ
Metrics
記事の閲覧数:677回
2010年2月15日に受信
受付日2010年5月10日
2010年5月17日オンライン公開
印刷された2010年6月23日掲載
+高度ロゴアイコンより多くの記事の測定基準
最新の問題最新のニュース
カバーストーリー表紙画像
「永遠の化学物質」はもうない?
ノースカロライナ州のスウィーニー浄水場では、エンジニアが新しいシステムの設計を仕上げています…
科学濃度記事のイメージ
人工細胞は小さな腫瘍を検出する
がんを早期に発見することは困難です。ポジトロンエミッショントモグラフィー(PET)のようなイメージングアプローチはできません…
ビジネス濃度記事のイメージ
DCAT Weekで小分子が揺れ動く
医薬品、化学、および関連技術協会(DCAT)週間、年次総会。
ポリシー濃度記事のイメージ
インドは米国のエビ拒絶に抗議
インドは、米国食品医薬品局によるエビの出荷拒否について懸念を表明しています…
日本のポリマーの新しい春
イノベーション能力への懸念が新しい工業材料の発明につながっています
会議からアイデアを育てる方法
From our archives: An essay on cobalt, by Ekkehard Schwab
To celebrate the International Year of the Periodic Table, C&EN is re-releasing its favorite …
Study suggests that sea spray plays an important role in spreading perfluoroalkyl acid pollutants into the air
Instead of staying in the ocean, significant amounts of chemicals like PFOS and PFOA …
Ferumoxytol, an iron-based nanoparticle drug marketed as Feraheme, kills leukemia cells in mice
The already-approved drug could increase treatment options for this challenging cancer
Artificial organelles are designed for protein engineering
Phase separation sequesters the machinery for repurposing stop codons
Politics, Persecution, and the Prize: Lise Meitner and the Discovery of Nuclear Fission
At present, Lise Meitner is almost as well known for not having been awarded …
Spinning a Tool From a Toy
One might be tempted to judge the ubiquitous fidget spinner, twirled endlessly between the …
Discover Chemistry’s Impact on Cancer Research at AACR 2019
The American Chemical Society (ACS) and ACS Publications will be in the Peach State …
Virtual Issue: Molecular Imaging
Molecular Imaging is a relatively new biomedical research field that has gained significant traction …
Urine Metabolite Could Signal Tuberculosis Treatment Success
A newly characterized metabolite in urine could one day help predict whether tuberculosis treatment …
Discover the Most-Read Physical Chemistry Articles of February 2019
There are lots of different ways to look at the reach of an article. …
このウェブサイトはあなたのユーザーエクスペリエンスを向上させるためにクッキーを使います。このサイトを継続して使用することで、あなたは私たちのクッキーの使用を受け入れていることになります。ACSのプライバシーポリシーを読んでください。
https://pubs.acs.org/doi/abs/10.1021/jf100493s