Cleber A.シュミット†、レナート・ムリーリョ‡、トルステンBruhn §、ゲルハルトBringmann §、マーシャGoettert ⊥、ベルタHeinzmann ∥、フォルカー・ブレヒト▽、ステファンA.ロイファー⊥、およびイルムガルトMerfort * †
医薬生物学およびバイオテクノロジー専攻、Albert-Ludwigs-Universität、79104 Freiburg、Escuela de QuimicaおよびCIPRONA、Universidad de Costa Rica、2060年SanJosé、Costa Rica、有機化学研究所、Julius-Maximilians-Universität、D-97074ヴュルツブルク、ドイツ、薬局、エバーハルトカールス大学、D-72076、ドイツ・チュービンゲン、製薬産業学科、サンタマリア連邦大学、97015-900、サンタマリア大学、アルバータ – Ludwigs-Universität、79104フライブルク、ドイツ
J.Nat。製品番号 、2010年、73(12)、pp 2035−2041
DOI: 10.1021 / np100523s
発行日(Web):2010年11月16日
Copyright©2010アメリカ化学会およびアメリカ薬理学会
*誰と連絡を取り合うべきか。電話番号:+49 0761 203 8373。FAX:+49 0761 203 8383。電子メール:irmgard.merfort@pharmazie.uni-freiburg.de。、†アルバート – ルートヴィヒ – ユニバーシティ、医薬生物学およびバイオテクノロジー学科。、‡ コスタリカ大学。、§ Julius-Maximilians-Universität。、⊥ Eberhard-Karls-Universität。、∥ サンタマリア連邦大学。、▽ アルバート – ルートヴィヒ – ユニバーシティ、医薬薬品化学科。
これを引用:J Nat。製品番号 2010、73 、 12 、 2035年から2041年
抽象
抽象的なイメージ
樹皮のエタノール抽出物の分析Parapiptadenia rigida新しいカテキン誘導体4 ‘、3’ ‘の単離をもたらした-ジO -methylapocynin-D(10)、4’、3 ” -ジO -methylapocynin −B(11)、エピガロカテキン−3− O−フェレート(8)、および4’− O−メチルピガロカテキン−3− O−フェレート(9)およびカテキン4’− O−メチルピガロカテキン−3− O−ガレート(6))および4’− O−メチルピカテキン−3− O−没食子酸塩(7))天然の供給源から初めて単離されたこれらの化合物は、5つの既知のカテキン4’− O−メチルガロカテキン(1)、4’− O−メチルピガロカテキン(2)、3’− O−メチルピカテキン(3)を伴う。エピガロカテキン−3− O−没食子酸塩(4)、およびエピカテキン−3− O−没食子酸塩(5)。化合物5および7は、スクラッチアッセイにおいて有望な創傷治癒効果を示した。カテキン誘導体のいくつかは、NF - κB DNA結合およびp38α MAPK活性に対して阻害効果を示した。
表示:ACSアクティブビューのPDF | PDF | リンク付きPDF | フルテキストHTML
引用記事
関連性のあるコンテンツ
引用データは、Crossrefの Cited-by Linkingサービスの参加者によって利用可能になります 。この記事の引用のより包括的なリストについては、ユーザーはSciFinderで検索を実行することをお勧めします。
表紙画像
VEGF ‐ Aの海洋由来ペプチド刺激剤であるアプチラミドおよび創傷治癒への応用の可能性がある他の成長因子
Weijing カイ、 リリベスA. サルバドール – レイエス、 魏 張、 チー殷 チェン、 スーザン マシュー、 Ranjala Ratnayake、 ス・ ジョンソ、 サイモン ドールズ、 ダニエルJ. ギブソン、 バレリーJ. ポール、そして ヘンドリック・ リュシュ
ACS Chemical Biology 2018 13 (1)、91-99
アブストラクト | フルテキストHTML | PDF | リンク付きPDF
表紙画像
緑茶からのLC ‐ MS nに基づく代謝プロファイルの自動化学構造アノテーション
ラース リッダー、 ジャスティンJJ ファンデルホーフ、 ステファン・ ヴェルホーフェン、 Ric CH de Vos、 ラウルJ. ビノ、そして ジャック・ ヴェルヴォルト
Analytical Chemistry 2013 85 (12)、6033-6040
アブストラクト | フルテキストHTML | PDF | リンク付きPDF
表紙画像
Parapiptadenia rigidaからのプロアントシアニジンの構造および立体配座解析とそれらの創傷治癒特性
クリーバーA. シュミット、 レナート ムリーリョ、 ベルタ ハインツマン、 ステファン・ ローファー、 ビクター レイ、そして Irmgard Merfort
Journal of Natural Products 2011 74 (6), 1427-1436
Abstract | Full Text HTML | PDF | PDF w/ Links
In vivo wound healing potential and HPLC-PDA-ESI-MS profiling of Zizyphus lotus L. (Desf.) leaves methanol extract
Halima Saiah, Meriem Mokhtar, Wassila Saiah, Ahmed Aichouni, Fatima Zohra EL Kebir, Rachida Allem
Journal of Food Biochemistry 2018 88, e12570
Evaluation of the effects of extracts of Maytenus imbricata (Celastraceae) on the treatment of inflammatory and metabolic dysfunction induced by high-refined carbohydrate diet
C. C. Veloso, M. C. Oliveira, V. G. Rodrigues, C. C. Oliveira, L. P. Duarte, M. M. Teixeira, A. V. M. Ferreira, A. C. Perez
Inflammopharmacology 2018 46,
Red Maca ( Lepidium meyenii ), a Plant from the Peruvian Highlands, Promotes Skin Wound Healing at Sea Level and at High Altitude in Adult Male Mice
Denisse Nuñez, Paola Olavegoya, Gustavo F. Gonzales, Cynthia Gonzales-Castañeda
High Altitude Medicine & Biology 2017 18 (4), 372-383
Novel acetylcholinesterase inhibitors from Zijuan tea and biosynthetic pathway of caffeoylated catechin in tea plant
Wei Wang, Xi-Wen Fu, Xin-Long Dai, Fang Hua, Gang-Xiu Chu, Ming-Jie Chu, Feng-Lin Hu, Tie-Jun Ling, Li-Ping Gao, Zhong-Wen Xie, Xiao-Chun Wan, Guan-Hu Bao
Food Chemistry 2017 237, 1172-1178
Pharmacological potential of Maytenus species and isolated constituents, especially tingenone, for treatment of painful inflammatory diseases
Clarice C. Veloso, Gutemberg L. Soares, Andrea C. Perez, Vanessa G. Rodrigues, Fernando C. Silva
Revista Brasileira de Farmacognosia 2017 27 (4), 533-540
Ethno-Herbal-Medico in Wound Repair: An Incisive Review
Urmimala Das, Sudhanshu Shekhar Behera, Krishna Pramanik
Phytotherapy Research 2017 31 (4), 579-590
Effect of Ampelopsis Radix on wound healing in scalded rats
Kyungjin Lee, Byonghee Lee, Mi-Hwa Lee, Bumjung Kim, Khanita Suman Chinannai, Inhye Ham, Ho-Young Choi
BMC Complementary and Alternative Medicine 2015 15 (1),
Biochemical and histopathological evidence on the beneficial effects of Tragopogon graminifolius in TNBS-induced colitis
Mohammad Hosein Farzaei, Seyedeh Farnaz Ghasemi-Niri, Amir Hosein Abdolghafari, Maryam Baeeri, Mahnaz Khanavi, Mona Navaei-Nigjeh, Mohammad Abdollahi, Roja Rahimi
Pharmaceutical Biology 2015 53, 429-436
High-quality permanent draft genome sequence of the Parapiptadenia rigida-nodulating Cupriavidus sp. strain UYPR2.512
Sofie E De Meyer, Elena Fabiano, Rui Tian, Peter Van Berkum, Rekha Seshadri, TBK Reddy, Victor Markowitz, Natalia N Ivanova, Amrita Pati, Tanja Woyke, John Howieson, Nikos C Kyrpides, Wayne Reeve
Standards in Genomic Sciences 2015 10, 13
Quantification of polyphenols and evaluation of antimicrobial, analgesic and anti-inflammatory activities of aqueous and acetone–water extracts of Libidibia ferrea, Parapiptadenia rigida and Psidium guajava
Aurigena Antunes de Araújo, Luiz Alberto Lira Soares, Magda Rhayanny Assunção Ferreira, Manoel André de Souza Neto, Giselle Ribeiro da Silva, Raimundo Fernandes de Araújo, Gerlane Coelho Bernardo Guerra, Maria Celeste Nunes de Melo
Journal of Ethnopharmacology 2014 156, 88-96
Burkholderia Species Are the Most Common and Preferred Nodulating Symbionts of the Piptadenia Group (Tribe Mimoseae)
Caroline Bournaud, Sergio Miana de Faria, José Miguel Ferreira dos Santos, Pierre Tisseyre, Michele Silva, Clémence Chaintreuil, Eduardo Gross, Euan K. James, Yves Prin, Lionel Moulin
PLoS ONE 2013 8 (5), e63478
Aminoglycosylation Can Enhance the G-Quadruplex Binding Activity of Epigallocatechin
Li-Ping Bai, Hing-Man Ho, Dik-Lung Ma, Hui Yang, Wai-Chung Fu, Zhi-Hong Jiang
PLoS ONE 2013 8 (1), e53962
Wechselwirkungen von pflanzlichen Naturstoffen und Elastase
Irmgard Merfort
BIOspektrum 2012 18, 670-672
Antispasmodic effect of 4′-methylepigallocatechin on guinea pig ileum
Marcelly Barbosa da Rocha, Fábia Valéria Menezes Souza, Charlez dos Santos Estevam, Cosimo Pizza, Antônio Euzébio Goulart Sant’ana, Rosilene Moretti Marçal
Fitoterapia 2012 83, 1286-1290
Benzophenone glycosides and epicatechin derivatives from Malania oleifera
Xing-De Wu, Jin-Tang Cheng, フアン・ ヘ、 興-傑 張、 遼Bin Dong、 魯迅 ゴング、 劉洞 ソング、 ヨン・唐 鄭、 李燕 鵬、 秦市 趙
Fitoterapia 2012 83、1068年から1071年
記事のオプション
ACS ActiveView PDF
高解像度印刷、注釈、リファレンス
PDF (670 KB)
リンク付きPDF (247 KB)
フルテキストHTML
抽象
サポート情報

参考文献
引用記事
お気に入りに追加
引用をダウンロード
同僚にメールする
注文の転載
権利と許可
引用アラート
ACS ChemWorxに追加する
SciFinderの購読者 サインイン
この記事の詳細な記録を検索する
この記事で索引付けされている物質を検索する
この記事に引用されているすべての参考文献を取得する
この記事を引用しているすべての文献を検索する
で探す:
この記事の著者
誰でも
研究テーマ
サーチ
Metrics
記事の再生回数:1,268回
2010年7月29日に受信
2010年11月16日にオンライン公開されました
印刷された2010年12月27日
+高度ロゴアイコンより多くの記事の測定基準
最新の問題最新のニュース
カバーストーリー表紙画像
「永遠の化学物質」はもうない?
ノースカロライナ州のスウィーニー浄水場では、エンジニアが新しいシステムの設計を仕上げています…
科学濃度記事のイメージ
人工細胞は小さな腫瘍を検出する
がんを早期に発見することは困難です。ポジトロンエミッショントモグラフィー(PET)のようなイメージングアプローチはできません…
ビジネス濃度記事のイメージ
DCAT Weekで小分子が揺れ動く
医薬品、化学、および関連技術協会(DCAT)週間、年次総会。
ポリシー濃度記事のイメージ
インドは米国のエビ拒絶に抗議
インドは、米国食品医薬品局によるエビの出荷拒否について懸念を表明しています…
日本のポリマーの新しい春
イノベーション能力への懸念が新しい工業材料の発明につながっています
会議からアイデアを育てる方法
私たちのアーカイブから:Ekkehard Schwab著コバルトに関するエッセイ、
To celebrate the International Year of the Periodic Table, C&EN is re-releasing its favorite …
Study suggests that sea spray plays an important role in spreading perfluoroalkyl acid pollutants into the air
Instead of staying in the ocean, significant amounts of chemicals like PFOS and PFOA …
Ferumoxytol, an iron-based nanoparticle drug marketed as Feraheme, kills leukemia cells in mice
The already-approved drug could increase treatment options for this challenging cancer
Artificial organelles are designed for protein engineering
Phase separation sequesters the machinery for repurposing stop codons
Politics, Persecution, and the Prize: Lise Meitner and the Discovery of Nuclear Fission
At present, Lise Meitner is almost as well known for not having been awarded …
Spinning a Tool From a Toy
One might be tempted to judge the ubiquitous fidget spinner, twirled endlessly between the …
Discover Chemistry’s Impact on Cancer Research at AACR 2019
The American Chemical Society (ACS) and ACS Publications will be in the Peach State …
Virtual Issue: Molecular Imaging
Molecular Imaging is a relatively new biomedical research field that has gained significant traction …
Urine Metabolite Could Signal Tuberculosis Treatment Success
A newly characterized metabolite in urine could one day help predict whether tuberculosis treatment …
Discover the Most-Read Physical Chemistry Articles of February 2019
There are lots of different ways to look at the reach of an article. …
このウェブサイトはあなたのユーザーエクスペリエンスを向上させるためにクッキーを使います。このサイトを継続して使用することで、あなたは私たちのクッキーの使用を受け入れていることになります。ACSのプライバシーポリシーを読んでください。
https://pubs.acs.org/doi/abs/10.1021/np100523s