ハイライト

これは、メチル化の影響で最初の報告であるカテキン類の脂質代謝人間インチ

「ベニフキ」緑茶は、メチル化カテキンを大量に含むという点でユニークです。

「紅ふき」緑茶は、血清総コレステロール、LDLコレステロール、およびLABレベルを有意に減少させました。

「ベニフキ」緑茶は、血清LDLコレステロールとLABレベルを低下させることによって、心血管疾患の予防に貢献するかもしれません。
抽象
脂質異常症は重要な心血管系危険因子です。緑茶カテキンはコレステロール低下作用があることが知られています。Oを含む「ベニフキ」の効果を調べました – メチル化カテキン、心血管危険因子、特に低密度リポタンパク質(LDL)コレステロール値。選択基準を満たした参加者155人が3つのグループに分けられました:「ベニフキ」、「ヤブキタ」、またはオオムギ注入飲酒者。12週間後のパラメータの変化を評価しました。「紅ふうき」を消費する参加者の血清LDLコレステロール値は、緑茶習慣のない大麦の輸液を消費する参加者のそれよりも有意に低かった。さらに、「ベニフキ」飲酒者におけるレクチン様酸化低密度リポタンパク質受容体-1含有アポリポタンパク質B(LAB)レベルは、オオムギ注入群および「ベニフキ」ベースラインLABレベルよりも有意に低かった。緑茶の習慣がない参加者では、
前号の記事次の記事問題で
キーワード
脂質異常症ベニフキO-メチル化カテキンレクチン様酸化LDL受容体-1アポリポタンパク質Bを含むLOX-1リガンド
略語
EGCG( – ) – エピガロカテキン-3-O-ガレートEGCG″ 3Me( – ) – エピガロカテキン-3-O-(3-O-メチル) – ガレートHDL高密度リポタンパク質LABアポリポタンパク質Bを含むレクチン様酸化低密度リポタンパク質受容体-1LDL低密度リポタンパク質LOX-1レクチン様酸化低密度リポタンパク質受容体-1
1 。前書き
最近の生活様式は、肥満、高血圧、高脂血症、および心血管疾患の世界的な増加を引き起こしている(Braitmanら、1985年、Fordら、2002年、Kannelら、1961年)。高脂血症は心血管疾患の最も重大な危険因子であり、そして血清低密度リポタンパク質(LDL)コレステロールレベルを低下させることが心血管疾患を予防するのを助けることがよく知られている(Pedersen et al、1994)。
緑茶は日本で人気のある飲料であり、緑茶の摂取量を増やすと心血管イベントが減少することがいくつかの研究で示されています(Kuriyama et al。、2006 )。緑茶に含まれるポリフェノールの1つである緑茶カテキンは、心血管イベントのリスクの減少の根底にあるメカニズムにおいて重要な役割を果たしています。カテキンは、消化の過程でリパーゼ活性および脂質ミセル化を防ぎ、血清コレステロールおよびトリグリセリドレベルを低下させる( Ikedaら、1992、Ikedaら、2005、Muramatsuら、1986、Soneら、2011、Wuら、2012)。緑茶カテキンは主に( – ) – エピカテキン(EC)、( – ) – エピガロカテキン(EGC)、( – ) – エピガロカテキン-3-O-ガレート(EGCG)、および( – ) – エピカテキン-3-O-からなる。ガレート(ECG)。これら4つの成分のうち、EGCGは血清コレステロールレベルを最も低下させます(Koo&Noh、2007)。緑茶以外にも、日本ではオオムギの輸液(Hordeum vulgare)が広く消費されています。しかし、高濃度のEGCGを含んでいる「Yabukita(椿)」のような緑茶とは異なり、大麦の輸液にはカテキンは含まれていません。緑茶中のカテキンの組成は、茶葉の原料、栽培条件、加工方法によって異なります。緑茶「紅ふき(ツバキsinensis)VAR。ベニフキ)はEGCGだけでなく( – ) – エピガロカテキン-3-O-(3-O-メチル) – ガレート(EGCG″ 3Me)も豊富に含んでいます。後者は日本で最も消費されている「やぶきた」にはありません。
EGCG″ 3Meは、消化管内でEGCGよりも効率的に吸収され、血中での高い保持力を持ちます(Maeda-Yamamoto、Ema、&Shibuichi、2007 )。したがって、EGCG″ 3Meはより高い生理活性を有すると予想される。さらに、ヒスタミン放出に対するその阻害効果およびその強力な抗アレルギー活性が報告されている(Maeda-Yamamoto et al。、2009 )。さらに、メチル化カテキンは抗肥満、抗腫瘍、および抗炎症効果を持ち( Inagaki et al。、2009 )、これも健康改善飲料としての「ベニフキ」への関心を説明しています。しかし、「ベニフキ」が恩恵を受けるかどうかはまだ明らかになっていません。脂質代謝、特にLDLコレステロール値 そこで本研究では、「ベニフキ」の潜在的な影響を調べ、「やぶきた」とオオムギの注入による結果と比較した。
2 。材料および方法
2.1 。参加者
地元の広告と他の病院との協力により、10160人の健康なボランティアが研究に参加しました。入学前に、参加者は病歴の確認、理学的検査、臨床検査(血液化学を含む)を含む徹底的なスクリーニングを受けました(図1 )。LDL コレステロール値が高い現在の病気にかかっていない健康な参加者だけが登録されました。20〜80歳の年齢範囲内にあり、以下の包含基準を満たした個体が含まれた:3.10 mmol / Lを超える血清LDLコレステロールレベルおよび25 kg / m 2を超えるボディマス指数(BMI)。除外基準には、不整脈、肝障害、慢性腎臓病、脳血管疾患、リウマチ、真性糖尿病、脂質障害、および/または貧血に対する現在の治療法が含まれた。特定の食品や医薬品に対する重度のアレルギーの既往歴、または心不全や心梗塞の既往歴。妊娠または妊娠する意思 授乳; その他の条件は、内包に不適切であると医師が判断したもの(例、脂質パラメータに影響を与えるサプリメントの使用[いわゆるダイエッ​​トサプリメント])。2013年10月下旬から2014年3月までの24〜72歳(平均年齢52.6±10.7歳、中央値51歳)の169人(男性64人、女性105人)が参加しました。患者の募集と経過観察のための調査は、2013年10月27日から2014年5月31日まででした。
図1
高解像度画像をダウンロードする(110KB)フルサイズの画像をダウンロード
図1。研究プロトコルの概略図。(1)人体測定学的パラメータ測定値には、身長、体重、胴囲、および体脂肪率が含まれた。(2)収縮期血圧、拡張期血圧、心拍数を測定した。(3)血液試料1において、以下のパラメータを測定した:トリグリセリド、総コレステロール、低密度リポタンパク質コレステロール、高密度リポタンパク質コレステロール、ヘモグロビンA1c、グルコース、免疫反応性インスリン。γグルタミルトランスペプチダーゼ、アスパラギン酸アミノトランスフェラーゼ、アラニンアミノトランスフェラーゼ、鉄、白血球数、赤血球数、ヘモグロビン、ヘマトクリット及び血小板数。(4)血液試料2において、以下のパラメータを測定した:フェリチン、高感度C反応性タンパク質、マロンジアルデヒド修飾低密度リポタンパク質、可溶性レクチン様酸化LDL受容体−1、レクチン様酸化LDL受容体−1リガンド含むアポリポタンパク質B、LOX-インデックス、MCP-1、TNF-α、ペントシジン、及びアディポネクチン。(5)尿サンプル1 において以下のパラメータを測定した:グルコース、タンパク質、ウロビリノーゲン、ケトン体、および血液の定性的評価。(6)尿試料2において以下のパラメーターを測定した:尿中8 − OH − dG。(7)被験者へのインタビューにおいて、医師はカテキン摂取に起因する体調および副作用の兆候の有無を評価した。(8)被験者は試験飲料の摂取量および毎日の症状を記録した。
参加者は日本の大阪、京都、兵庫県のコミュニティの住民でした。ベースラインサンプリングは、2013年11月から2014年3月まで実施されました。追跡期間は12週間でした。試験は、登録された参加者の数が予め計画されたように必要な数に達した後に開始された。
2.2 。設定
試験は「ヘルシンキ宣言」の原則に従って実施された。試験の参加者は全員、インフォームド・コンセントを得た。この試験は無作為化二重盲検プラセボ対照試験であり、大阪医科大学倫理委員会(第1285号)(承認日:2013年9月3日〜2016年3月31日)および大阪医科大学健康科学によって承認されました。診療所(No. 2011-CR-10)(承認日:2013年6月29日)試験は、大学病院医療情報ネットワーク臨床試験登録簿(UMIN-CTR、番号UMIN000011901)に登録された。著者らは、この薬物/介入に関する進行中および関連するすべての試験が登録されていることを確認しています。
2.3 。介入、無作為化、および目隠し
活性試験茶としては「紅ふうき」緑茶、プラセボ茶としては「やぶきた」緑茶または大麦煎じ液を用いた。3つのタイプのお茶はすべて、アサヒソフトドリンク社(東京、日本)によって製造された。大麦の注入は椿からは得られませんが、緑茶のように植物の抽出物から作られます。我々は、研究の対照飲料の一つとして、カテキンを含まない大麦注入を使用した。茶はエキス粉末として役立った。抽出された茶粉末(100mg)を1200で遠心分離し、蒸留水25mLに添加した  G 、4℃で5分間、そして上清蒸留水で5倍に希釈した。メンブランフィルター(DISMIC − 13HP、PTFE;孔径  = 0.45μm; Advantec、大阪、日本)を通して濾過した20マイクロリットルの試料を高速液体クロマトグラフィー(HPLC)装置に注入した。逆相Wakopak Navi C 18-5カラム(内径4.6 mm×150 mm;顆粒)を用いて、UV-vis検出器(SPD-M10Avp; Shimadzu Corp.、Kyoto、Japan)と連結したShimadzu LC-10AポンプでHPLCを実施した。直径が5μm;和光純薬化学工業株式会社、WakopakナビC18-5大阪、日本)(内径4.6 mm×10ミリメートル;顆粒径が5μm;和光純薬工業株式会社、大阪、日本)などガードカラムで溶出液で溶出(以下に記載されるように)40℃で1mL /分の流速で。カテキンレベルは272nmで測定された。HPLC分析は、移動相A(DW / MeCN / H 3 PO 4、400:10:1)および移動相B(MeOH /移動相A、1:2)を用いた線形勾配システムを用いて実施した。線形勾配溶出は以下のようにして行った:100%移動相A、2分間。27分間20%の移動相A。10分間、20%の移動相Aを維持する。7分間100%移動相Aに戻ります。定量化は外部標準法を用いて行った。データ取得後にカテキンとカフェインの定量化を行った。茶抽出物粉末各9gは、それぞれ以下の量のカテキンおよびO-メチル化EGCGを含有していた:オオムギ注入抽出物粉末、0.0mgおよび0.0mg。「やぶきた」緑茶抽出物粉末、603mgおよび0.0mg。緑茶抽出物粉末「ベニフキ」、607.5mgおよび49.5mg。各アルミニウムパックは3gの粉末を含み、これは使い捨て用であった。試験茶の9g(3g×3)サンプルは一日量であった。参加者は、粉末を200mLの水に溶解することにより、1日3回、3週間の試験茶抽出物粉末を食事時間に消費するように指示された(毎日合計9gの茶抽出物粉末および600mLの水)。試験飲料のカテキンおよびカフェイン含有量を表1に示す。研究期間中、参加者はテスト用またはプラセボ茶以外の茶を飲むことを禁じられた。しかし、彼らはどんなお茶以外の飲料も消費することを許可されていました。
表1。1日あたりの試験飲料のカテキン類およびカフェイン含有量。
成分 “べにふうき”(mg) 「やぶきた」(mg) 大麦注入量(mg)
O-メチル化EGCG(EGCG″ 3Me + GCG″ 3Me) 49.5 0 0
 ( – ) – エピガロカテキン-3-O-(3-O-メチル) – ガレート(EGCG″ 3Me) 42.3 0 0
 ガロカテキン-3-O-(3-O-メチル) – ガレート(GCG″ 3Me) 7.2 0 0
8種類のカテキン 558 603 0
 ガロカテキン(GC) 39.6 52.2 0
 ( – ) – エピガロカテキン(EGC) 147.6 132.3 0
 カテキン(C) 11.7 27年 0
 ( – ) – エピカテキン(EC) 54 40.5 0
 ( – ) – エピガロカテキン-3-O-ガレート(EGCG) 210.6 243 0
 ガロカテキン-3-O-ガレート(GCG) 34.2 57.6 0
 ( – ) – エピカテキン-3-O-ガレート(ECG) 55.8 44.1 0
 カテキン-3-O-ガレート(CG) 4.5 6.3 0
総カテキン 607.5 603 0
カフェイン 125.1 129.6 0
コンピューター生成ランダム化シーケンスは、置換ブロック法(ブロックサイズは一定に保たれた)により、オオムギ注入、「やぶきた」緑茶、または「紅ふき」緑茶グループに1:1:1の比率で参加者を割り当てた。それぞれのお茶は、割り当てられた番号のラベルが付いたアルミ製のパッケージに個別に包装されています。割り当てられた番号は、研究の調査担当者と参加者が提供されたお茶の種類を知らないようにするためです。
2.4 。プライマリエンドポイントとセカンダリエンドポイント
最初の主要評価項目は血清総コレステロール値および血清LDLコレステロール値でした。副次的評価項目は、(1)体重、体脂肪率[ 体組成計(生体電気インピーダンス分析[BIA];InnerScan®50V]、Tanita Co.、東京、日本)を用いて測定]、ウエスト、[2回測定]であった。血圧計(ES − P2000BR(登録商標)、TerumoCo.、東京、日本)を用いて3分間の休息後。(2)トリグリセリドレベル、レクチン様酸化低密度リポタンパク質受容体−1(LOX − 1)インデックス(LAB [ApoBを含むLOX − 1リガンド]にsLOX − 1 [可溶性LOX − 1]レベルを乗じて得られる) ; (3)空腹時 血漿 グルコースHbA1c(NGSP HbA1c [%として]およびSI、IFCC推奨単位[mmol / molとして)の両方によって記載される)、およびインスリンレベル。(4)高感度C反応性タンパク質(CRP)、カテキン感知分子レベル。(5)各茶の in vivo抗酸化作用、ペントシジンおよび尿中8-OH-dG濃度。(6)サイトカイン単球走化性タンパク質-1(MCP - 1)、腫瘍壊死因子(TNF)α、高感度CRP、およびアディポネクチンのレベル。(7)アスパラギン酸アミノトランスフェラーゼ(AST)、アラニンアミノトランスフェラーゼ(ALT)、およびγグルタミルトランスペプチダーゼ(1GTP)レベル。(8)血清鉄およびフェリチン レベル; (9)アディポネクチンレベル。(10)尿検査。(11)食事調査。参加者は彼らの健康、生活様式、および食物摂取量についてのアンケートに記入するように要求されました。彼らはまた、彼らが通常飲んでいる緑茶の強さと緑茶の消費頻度についてのアンケートに記入するように依頼されました。生化学的試験は、LSI Medience Co.、Tokyo、Japanの実験室で行った。大崎国民健康保険コホートで使用されているように、食品頻度調査票を使用した(Kuriyama et al。、2006)試験飲料中に存在するものとは別に茶カテキンの摂取量を評価すること。すべてのデータを分析した後、各エンドポイントを評価しました。研究開始前に食事調査により参加者の毎日のカテキン摂取量を評価し、毎日のお茶を飲む習慣の有無に応じてサブグループ分析を行いました。
2.5 。参加者の指示
試験飲料摂取の開始の1週間前からの試験期間中に、食べ過ぎおよび飲み過ぎはできるだけ避けた。参加者は、食生活、喫煙、運動など、日常生活をできるだけ変えないように指示されました。すべての参加者は、規制されていない薬物やサプリメント、その他の種類のお茶を摂取しないように指示されました。これらは、試験飲料摂取開始の1週間前の検査期間中に測定される体脂肪または血清脂質レベルに影響を及ぼします。参加者は食事をすることは許可されていないが水を飲むことはできると言われた試験前日の22時以降 彼らはさらに、試験飲料への彼らの付着および彼らの体調(毎日の生活記録)の記録を保持するように指示された。
2.6 。サンプル数の決定
目標症例数は、以前の人間介入試験を参考にして決定した。22 240への参加のヒト介入試験に示されるようにLDLコレステロールと酸化LDLコレステロールレベルが有意に毎日カテキン摂取により減少した(グループサイズが22〜120の参加者であった)(平野-大森ら、2005、稲見ら、2007、Nagaoら、2007 )。緑茶カテキンは、高脂血症患者の血清コレステロールレベルを約0.129mmol / L(5mg / dL)の平均値まで低下させることも知られている。脂質代謝に及ぼす「ベニフキ」の影響に関するこれまでの研究存在しなかった。「やぶきた」に似​​ているがO-メチル化カテキンのレベルが高い「ベニフキ」は、他の青茶とほぼ同程度に平均血清コレステロールレベルを低下させる可能性があります。この観察された減少は臨床的に関連のある改善とみなされる。さらに、臨床知識は、両方のタイプの茶による血清コレステロールレベルの減少の標準偏差が0.103 mmol / L(4 mg / dL)であることを示唆している( Kim et al。、2011 )。サンプルサイズ計算は、血清総コレステロール値およびLDLコレステロール値の主な結果に基づいています。サンプルサイズの計算では、統計分析はオオムギ注入群、「藪北」群と「ベニフキ」群の間の比較に基づいていると仮定した(各群で13%の失敗率を仮定)。有意水準はα= 0.05に設定した。オオムギ注入群、「やぶきた」群、および「ベニフキ」群の間で血清総コレステロール値およびLDLコレステロール値の変化に本当に差がない場合、80人の信頼度に対して35人の参加者が必要とされる。本ヒト介入試験における150人の参加者の計算数は、これらの以前の研究に基づいていた。
2.7 。統計的方法
オオムギ注入群、「やぶきた」緑茶群、「ベニフキ」緑茶群の平均値およびパラメータの割合の違いの有意性は、クラスカル – ワリス検定、ダン多重比較検定、および必要に応じてカイ二乗検定(JMP(登録商標) v11.2.1;米国ノースカロライナ州ケアリーのSAS Institute Inc.)。介入前後の平均値およびパラメーターの割合の違いの有意性は、対応のあるtによって評価した。必要に応じて-test Kruskal – Wallis検定で有意差を示したパラメーターは、Dunnの多重比較検定によって分析しました。有意水準はp <0.05に設定した。治療意図分析も行った。毎日のお茶を飲む習慣のあるなしにかかわらず、2つの参加者グループの間でサブグループ分析が行われた。研究期間中、毎日のお茶を飲む習慣に関係なく、参加者全員がテスト用お茶以外のお茶の摂取を禁じられており、そのような禁止は結果に影響を与えた可能性があります。 3 。結果 3.1 。参加者の流れとフォローアップ 合計169名の参加者が「べにふうき」群(n = 56)、「やぶきた」群(n = 60)、および大麦注入群(n = 53)に割り当てられた。研究は12週間続いた。これらの参加者のうち、20人は以下の理由で研究から除外された。(1)ベースライン時に、14人の参加者(5人は「ベニフキ」、5人は「藪北」、4人はオオムギ注入群)を満たさなかった。包含基準 (2)試験期間中、「紅ふうき」群の参加者1名は試験茶の苦味を許容せず、1人は試験茶以外の茶を消費した。(3)最後に、「やぶきた」グループの4名が高血圧症または脂質異常症の薬物治療を開始しました心理的な理由で研究を辞退した、または生活環境が大きく変化した。その結果、参加者149名(男性53名、女性96名、「べにふうき」グループでは49名(男性16名、女性33名)、「やぶきた」グループでは51名(男性20名、女性31名)、49名(男性17名、女性32名)オオムギ注入群において)試験を完了した(図2)。これらの参加者全員が選択基準と除外基準を満たしており、脂質代謝異常症の薬を服用している人はいなかった。 図2 高解像度画像をダウンロード(296KB)フルサイズの画像をダウンロード 図2。研究のフローチャート(n =全数、男性/女性)。 3.2 。ベースラインデータと結果 ベースライン時には、評価されたいくつかのパラメーターのうち、3つのグループ間で1 GTPとLABのレベルのみが有意に異なっていました(表2)(補足表S1 )。いずれの被験者も試験開始前にメチル化カテキンを摂取しておらず、総カテキン摂取量は、クラスカル・ワリス検定による介入前の3群間で有意差を示さなかった(Benifuuki 280.0±423.1 mg /日、Yabukita 451.9)。 ±769.9mg /日、大麦注入294.1±578.8mg /日; p = 0.7260)。試験茶の摂取率は、ベニフキ、ヤブキタ、オオムギの各輸液群で、それぞれ96.0±5.4%、94.9±6.5%、96.1±5.8%であり、有意差は認められなかった。 。 表2。「ベニフキ」、「ヤブキタ」、またはオオムギを12週間飲んだ後のベースライン特性および人体測定値および生化学的パラメータの変化。ALL、全参加者。はい、毎日お茶を飲む習慣のある参加者。いいえ、毎日お茶を飲む習慣がない参加者。 介入 第0週 第12週 12週でのΔ値A 対応のあるt検定 多重比較検定のp値c お茶を飲む習慣 p値b すべて はい いいえ ベースライン特性  性別(男性/女性) 「べにふうき」 16/33 「やぶきた」 20/31 0.7811 0.6569 0.7649 大麦の注入 17/32  年齢 「べにふうき」 51.3±10.4 「やぶきた」 52.4±10.4 0.5375 0.4297 0.9558 大麦の注入 53±10.6 食事調査  1日の総摂取量(キロカロリー/日) 「べにふうき」 1979±173.2 1962.6±200.3 −16.4±112.6 0.3127 「やぶきた」 2081.5±294.0 2027.0±283.9 −54.5±127.1 0.0035 ** 0.4200 0.4626 0.3466 大麦の注入 2060.6±271.3 2005.3±258.3 −55.4±169.5 0.0267 *  タンパク質(グラム/日) 「べにふうき」 80.3±7.3 79.5±7.8 −0.8±4.5 0.2249 「やぶきた」 81.8±9.1 80.6±8.5 -1.2±5.8 0.1407 0.5153 0.8263 0.3445 大麦の注入 82.7±11.0 79.4±8.6 −3.4±8.4 0.0072 **  脂肪(グラム/日) 「べにふうき」 61.1±5.4 60.3±4.9 −0.8±3.2 0.0970 「やぶきた」 61.8±5.3 61.5±5.5 −0.3±3.8 0.5711 0.9208 0.9756 0.6951 大麦の注入 62.4±6.3 60.8±5.2 -1.7±5.5 0.0415 *  炭水化物(グラム/日) 「べにふうき」 260.4±22.9 257.3±32 −3.1±28.5 0.4467 「やぶきた」 285.8±56.4 269.9±47.4 −15.9±29.1 0.0003 *** 0.1576 0.3263 0.1715 大麦の注入 277.3±43.0 266.6±36.5 −10.7±31.2 0.0209 * 人体計測値  体重(kg) 「べにふうき」 71.8±10.0 71.5±9.7 −0.3±1.6 0.1610 「やぶきた」 72.9±12.4 72.7±12.2 −0.2±1.4 0.3152 0.0646 0.4374 0.0807 大麦の注入 72.5±11.4 72.9±11.6 0.4±1.5 0.0415 *  ボディマス指数(kg / m 2) 「べにふうき」 27.6±2.3 27.5±2.3 −0.1±0.6 0.2078 「やぶきた」 28.3±3.2 28.2±3.2 −0.1±0.5 0.4237 0.0824 0.5207 0.0866 大麦の注入 28.0±2.7 28.1±2.8 0.2±0.6 0.0511  胴囲(cm) 「べにふうき」 94.0±6.7 94.3±6.9 0.3±3.2 0.5263 「やぶきた」 95.0±8.3 95.2±8.3 0.3±2.7 0.4942 0.7754 0.9331 0.3396 大麦の注入 95.9±6.4 96.6±5.7 0.7±4 0.1878  SBP(mm Hg) 「べにふうき」 127.7±14.2 127±14.7 -1.6±9.7 0.5696 「やぶきた」 129.1±17.1 125.5±17.5 -2.5±13.0 0.0244 * 0.1625 0.5093 0.0799 大麦の注入 131.0±20.5 125.2±22.7 −6.5±16.3 0.0087 **  DBP(mm Hg) 「べにふうき」 83.8±11.7 82.8±11.6 -1.6±8.0 0.5696 「やぶきた」 84.0±11.3 80.6±11.9 −3±9.6 0.0244 * 0.2616 0.8214 0.1199 大麦の注入 86.5±10.7 81.7±11.3 −4.5±8.8 0.0087 ***  パルス(bpm) 「べにふうき」 72.5±9.2 73.8±9.7 1.7±9.0 0.2466 「やぶきた」 72.9±8.9 74±9.6 0.9±9.8 0.3680 0.2078 0.5584 0.2442 大麦の注入 73.6±9.2 72.4±9.2 -1.8±7.3 0.2345  体脂肪率(%) 「べにふうき」 33.8±7.3 29.2±8.4 −4.6±6.8 <.0001 **** 「やぶきた」 33.9±7.6 31.0±10.5 -2.9±6.3 0.0020 ** 0.2457 0.1594 0.5475 大麦の注入 34.6±7.8 31.0±9.4 −3.9±5.6 <.0001 **** 脂質パラメータ  総コレステロール(mmol / L) 「べにふうき」 6.39±0.73 6.24±0.68 −0.16±0.55 0.0496 * 「やぶきた」 6.27±0.74 6.16±0.79 −0.12±0.69 0.2397 0.4583 0.7885 0.021 * 大麦の注入 6.20±0.70 6.26±0.78 0.06±0.69 0.5610  トリグリセリド(mmol / L) 「べにふうき」 1.73±0.94 1.69±0.96 −0.04±0.94 0.7693 「やぶきた」 1.45±0.79 1.45±0.96 0.00±0.82 0.9801 0.6559 0.9690 0.4051 大麦の注入 1.48±0.59 1.58±0.72 0.10±0.54 0.2086  HDLコレステロール(mmol / L) 「べにふうき」 1.57±0.40 1.55±0.37 −0.02±0.17 0.4459 「やぶきた」 1.55±0.39 1.55±0.38 0.00±0.18 0.8906 0.8433 0.6447 0.9756 大麦の注入 1.57±0.35 1.56±0.37 −0.02±0.18 0.5581  LDLコレステロール(Friedewald)(mmol / L) 「べにふうき」 4.05±0.55 3.92±0.62 −0.13±0.45 0.0450 * 「やぶきた」 4.06±0.74 3.96±0.75 −0.10±0.62 0.2443 0.5044 0.6581 0.0162 * 大麦の注入 3.95±0.55 3.97±0.63 0.03±0.58 0.7421 糖代謝関連パラメータ  HbAlc(mmol / mol) 「べにふうき」 37.9±4.0 38.5±5.1 0.6±2.3 0.0642 「やぶきた」 38.1±6.3 38.4±5.7 0.3±2.4 0.3104 0.9877 0.7727 0.6124 大麦の注入 37.7±3.7 38.5±5.4 0.8±3.2 0.1040  HbA1c(%) 「べにふうき」 5.61±0.37 5.67±0.47 0.06±0.21 0.0642 「やぶきた」 5.64±0.58 5.67±0.52 0.03±0.22 0.3104 0.9877 0.7727 0.6124 大麦の注入 5.60±0.34 5.67±0.49 0.07±0.29 0.1040  血糖値(mmol / L) 「べにふうき」 4.90±0.57 5.12±0.75 0.22±0.47 0.0026 ** 「やぶきた」 4.89±0.74 4.92±0.76 0.03±0.35 0.5792 0.2013 0.1489 0.0759 大麦の注入 4.70±0.56 4.97±1.10 0.27±0.88 0.0392 *  IRI(µU / mL) 「べにふうき」 6.8±2.9 7.9±3.4 1.0±2.5 0.0058 ** 「やぶきた」 7.2±3.9 7.6±3.0 0.4±3.1 0.3173 0.8422 0.9350 0.8411 大麦の注入 8.3±4.0 10.5±8.8 2.2±8.3 0.0746  HOMA-IR 「べにふうき」 1.5±0.7 1.8±1.0 0.3±0.7 0.0014 ** 「やぶきた」 1.6±0.9 1.7±0.9 0.1±0.7 0.2401 0.6741 0.8229 0.6704 大麦の注入 1.8±0.9 2.6±3.3 0.8±3.1 0.0660 LOXインデックス関連パラメータ  sLOX-1(ng / L) 「べにふうき」 464.5±118.7 593.7±199.1 129.2±223.2 0.0002 *** 「やぶきた」 485.5±122.5 637.3±207.1 152±241.8 <.0001 **** 0.8767 0.6655 0.9726 大麦の注入 498.7±158.6 614.5±181.5 115.7±220.8 0.0006 ***  LAB(mg cs / L) 「べにふうき」 5.05±1.81 4.01±1.68 -1.04±2.60 0.0070 ** 「やぶきた」 4.61±1.76 4.18±1.97 −0.44±2.53 0.2253 0.0453 * 0.0204 * 0.6611 大麦の注入 4.23±2.09 4.66±2.19 0.42±3.25 0.3653  LOXインデックス 「べにふうき」 2364.9±1070.2 2426.5±1308.6 61.5±1764.7 0.8080 「やぶきた」 2241.8±976.4 2724.1±1560.3 482.4±1818.3 0.0639 0.1767 0.1337 0.8494 大麦の注入 2154.7±1516.3 2905±1782.7 750.2±2450.2 0.0372 * サイトカイン  MCP-1(pg / mL) 「べにふうき」 107.6±55.6 105.1±44.3 −4.7±50.1 0.5173 「やぶきた」 108.5±39.8 103.2±41.8 −5.3±29.1 0.1979 0.7361 0.7059 0.9549 大麦の注入 106.7±47.1 99.7±35.9 −9.0±39.3 0.1157  TNF-α(pg / mL) 「べにふうき」 0.7±0.3 0.8±0.3 0.1±0.4 0.1108 「やぶきた」 0.8±0.4 1.0±0.5 0.2±0.5 0.0214 *** 0.2736 0.1628 0.8964 大麦の注入 1.1±1.5 1.1±0.8 0.1±0.9 0.6703 *  アディポネクチン(μg/ mL) 「べにふうき」 8.5±3.9 9.0±4.2 0.4±1.0 0.0044 ** 「やぶきた」 9.2±4.5 9.4±4.9 0.2±1.5 0.2859 0.9013 0.8767 0.9876 大麦の注入 9.6±3.9 9.9±4.2 0.3±1.3 0.1359  高感度CRP(µg / L) 「べにふうき」 1091.6±1144.3 1114.7±1272.4 23.1±1179.6 0.8917 「やぶきた」 940.6±988.3 1091.2±1316.4 150.6±1371.1 0.4365 0.8894 0.1798 0.1662 大麦の注入 1260.4±1286.4 1334.7±1290.2 74.3±1393.6 0.7107 糖化最終産物のバイオマーカー  ペントシジン(pmol / mL) 「べにふうき」 106±30.2 106.1±29.4 0.4±33.3 0.9329 「やぶきた」 113±32.8 99.1±29.6 −13.6±36.9 0.0109 * 0.0965 0.2723 0.1248 大麦の注入 105±26 100±27.2 −4.6±31.4 0.3107 全血球数  Hb(g / L) 「べにふうき」 142.8±14.0 140.6±13.1 -2.2±5.5 0.0080 ** 「やぶきた」 144.1±13.3 144.1±13.9 0.1±6.1 0.9450 0.2792 0.6995 0.2366 大麦の注入 144.0±13.1 142.8±13.3 -1.2±7.1 0.2574  Hct(/ L) 「べにふうき」 0.44±0.04 0.43±0.03 −0.01±0.02 0.0001 *** 「やぶきた」 0.44±0.03 0.44±0.04 0.00±0.02 0.5983 0.0674 0.2966 0.2541 大麦の注入 0.44±0.03 0.43±0.04 −0.01±0.02 0.0479 *  RBC(10 4 / µL) 「べにふうき」 473±44 467±39 −7±18 0.0163 * 「やぶきた」 475±36 476±36 2±18 0.4562 0.1451 0.6333 0.0888 大麦の注入 474±37 472±37 -2±19 0.3805  Plt(10 4 / µL) 「べにふうき」 26.9±4.9 26.9±5.4 0±2.8 0.9713 「やぶきた」 26.6±5.1 26±4.8 −0.5±2.2 0.1067 0.6668 0.8954 0.1042 大麦の注入 25.6±3.9 25.7±4.6 0.1±3.3 0.7579  WBC(/ µL) 「べにふうき」 5884±1712 5708±1858 −176±1114 0.2775 「やぶきた」 5916±1618 5682±1607 -233±985 0.0968 0.8246 0.2592 0.5704 大麦の注入 5863±1454 5592±1468 -271±1232 0.1294 肝機能  AST(U / L) 「べにふうき」 24.8±10.9 24.6±9.6 −0.3±6.8 0.7705 「やぶきた」 23.5±7.9 23.1±8.4 −0.4±4.9 0.5300 0.8636 0.9341 0.4724 大麦の注入 23.9±7.6 24.8±9.8 0.9±9.8 0.5435  ALT(U / L) 「べにふうき」 29.3±18.3 29.9±19.9 0.6±13.5 0.7438 「やぶきた」 28.2±20.8 28.2±22.9 0±9.2 0.9879 0.8191 0.3425 0.6364 大麦の注入 29.1±13.4 28.6±15.4 −0.6±8.9 0.6537  γGTP(U / L) 「べにふうき」 53.9±42.4 54.1±44.4 0.1±24.0 0.9716 「やぶきた」 36.5±27.5 36.4±24.4 −0.1±18.1 0.9754 0.1010 0.0893 0.8395 大麦の注入 40.5±34.7 35.5±22.5 −5±17.8 0.0544 鉄代謝  Fe(μmol/ L) 「べにふうき」 20.86±7.94 18.37±6.46 -2.49±9.66 0.0780 「やぶきた」 20.51±7.79 19.85±6.81 −0.66±7.60 0.5376 0.3642 0.9635 0.1557 大麦の注入 20.19±5.74 19.79±6.32 −0.41±7.34 0.6979  フェリチン(ng / mL) 「べにふうき」 134±108 133.7±117.2 0.2±32.8 0.9637 「やぶきた」 155±143 142.1±123.3 −12.8±40.4 0.0282 * 0.5034 0.2659 0.9093 大麦の注入 160±138 151.8±140.4 −8.1±56.2 0.3205 性別パラメータを除いて、すべてのデータは平均値±標準偏差である。GTPおよびLABレベルはベースライン時に3つのグループ間で有意に異なっていた。「紅ふき」グループ、n = 49。「藪北」グループ、n = 51。オオムギ注入群、n = 49。初期値は、LAB値を除いて群間で有意差はなかった。 この原稿では、HbA1cはNGSP HbA1c(%として)とSI、IFCC推奨単位(mmol / molとして)の両方で表されています。 SBP、収縮期血圧。DBP、拡張期血圧。HDL、高密度リポタンパク質。LDL、低密度リポタンパク質。HbA1c、ヘモグロビンA1c。IRI、免疫反応性インスリン。HOMA-IR、インスリン抵抗性の恒常性モデル評価。sLOX − 1、可溶性レクチン様酸化低密度リポタンパク質受容体−1。LAB、アポリポタンパク質Bを含有するリガンド。MCP - 1、単球 走化性タンパク質-1。TNF -α、腫瘍壊死因子α 。CRP、C反応性タンパク質。Hct、ヘモグロビン数。RBC、赤血球数。Plt、血小板数。WBC、白血球数。AST、アスパラギン酸アミノトランスフェラーゼ。ALT、アラニンアミノトランスフェラーゼ。γGTP、 γグルタミルトランスペプチダーゼ。 ある 値は、0週から12週までの変化です。 b ペアT各群で実施した検定は、ベースラインのデータを比較して〜12週間の介入後に(* P <0.05、** P <0.01、*** P <0.001、**** p <0.0001) c p値は、Kruskal-Wallis検定によるグループの全体的な比較を反映しています(性別パラメータのみのp値は、ピアソンのカイ2乗検定によるグループの全体的な比較を反映しています)。 3つの群のうち、「ベニフキ」群のみが、試験終了時にベースライン時と比較して血清コレステロールおよびLDLコレステロールレベルの有意な減少を示した(表2)。12週間の試験終了時に、主要評価項目、血清総コレステロール値、およびLDLコレステロール値は3つのグループ間で有意差はありませんでした(図3、図4)。副次的評価項目のうち、試験終了時の「ベニフキ」群では、ベースライン時と比較してLABレベルが有意に低下していました(図5)。)さらに、「ベニフキ」群では、研究終了時にLABレベルがオオムギ注入群と比較して有意に減少した(「ベニフキ」対オオムギ注入= -1.0±2.6 mg cs / L対0.2±3.3)。 mg cs / L、p = 0.0405)(表3)(図5)。3つの群の間で、尿検査、参加者の面接、および日常生活記録に有意差は観察されなかった(データ示さず)。 図3 高解像度画像をダウンロードする(58KB)フルサイズの画像をダウンロード 図3。0週から12週までの総コレステロール値の変化(サブグループ分析を含む:毎日のお茶を飲む習慣の有無)。ダンの多重比較検定、平均±SD。ALL、全参加者。はい、毎日お茶を飲む習慣のある参加者。いいえ、毎日お茶を飲む習慣がない参加者。黒いバー:「紅風月」緑茶グループ。灰色のバー:「やぶきた」緑茶グループ。白いバー:大麦注入群。 図4 高解像度画像をダウンロードする(73KB)フルサイズの画像をダウンロード 図4。0週から12週までのLDL コレステロール値の変化(サブグループ分析:毎日のお茶を飲む習慣の有無)。ダンの多重比較検定、平均±SD。ALL、全参加者。はい、毎日お茶を飲む習慣のある参加者。いいえ、毎日お茶を飲む習慣がない参加者。黒いバー:「紅風月」緑茶グループ。灰色のバー:「やぶきた」緑茶グループ。白いバー:大麦注入群。 図5 高解像度画像をダウンロード(71KB)フルサイズの画像をダウンロード 図5。ApoB(LAB)レベルを含むLOX-1リガンドの0週から12週への変化(サブグループ分析を含む:毎日のお茶を飲む習慣の有無)。ダンの多重比較検定、平均±SD。ALL、全参加者。はい、毎日お茶を飲む習慣のある参加者。いいえ、毎日お茶を飲む習慣がない参加者。黒いバー:「紅風月」緑茶グループ。灰色のバー:「やぶきた」緑茶グループ。白いバー:大麦注入群。 表3。Kruskal-Wallis検定によるp値<0.05で「ベニフキ」、「ヤブキタ」、またはオオムギを12週間飲んだ後の生化学的パラメータの変化。ダンの多重比較検定、平均±SD。ALL、全参加者。はい、毎日お茶を飲む習慣のある参加者。いいえ、毎日お茶を飲む習慣がない参加者。 介入 第0週 第12週 12週目のΔ値 p値a p値b すべて  総コレステロール(mmol / L) 「べにふうき」 6.39±0.73 6.24±0.68 −0.16±0.55 0.0469 * 「やぶきた」 6.27±0.74 6.16±0.79 −0.12±0.69 0.2397 1.0000 大麦の注入 6.20±0.70 6.26±0.78 0.06±0.69 0.5610 0.7701  LDLコレステロール(Friedewald)(mmol / L) 「べにふうき」 4.05±0.55 3.92±0.62 −0.13±0.45 0.0450 * 「やぶきた」 4.06±0.74 3.96±0.75 −0.10±0.62 0.2443 1.0000 大麦の注入 3.95±0.55 3.97±0.63 0.03±0.58 0.7421 0.7747  LAB(mg cs / L) 「べにふうき」 5.05±1.81 4.01±1.68 -1.04±2.60 0.0070 ** 「やぶきた」 4.61±1.76 4.18±1.97 −0.44±2.53 0.2253 0.9407 大麦の注入 4.23±2.09 4.66±2.19 0.42±3.25 0.3653 0.0405 * はい  総コレステロール(mmol / L) 「べにふうき」 6.35±0.71 6.30±0.72 −0.05±0.55 0.5735 「やぶきた」 6.34±0.75 6.21±0.76 −0.13±0.70 0.2901 1.0000 大麦の注入 6.31±0.75 6.23±0.76 −0.08±0.63 0.4542 1.0000  LDLコレステロール(Friedewald)(mmol / L) 「べにふうき」 4.10±0.55 4.05±0.61 −0.05±0.47 0.5540 「やぶきた」 4.15±0.79 4.02±0.77 −0.13±0.59 0.2030 1.0000 大麦の注入 4.02±0.60 3.95±0.64 −0.07±0.58 0.5007 0.8185  LAB(mg cs / L) 「べにふうき」 4.89±1.9 3.97±1.54 −0.91±2.64 0.0524 「やぶきた」 4.53±1.94 4.04±1.79 −0.49±2.63 0.2860 1.0000 大麦の注入 4.11±2.11 5.01±2.15 0.90±3.21 0.1238 0.0200 * いいえ  総コレステロール(mmol / L) 「べにふうき」 6.49±0.79 6.09±0.58 −0.40±0.48 0.0068 ** 「やぶきた」 6.14±0.73 6.05±0.84 −0.09±0.70 0.6097 0.8003 大麦の注入 5.99±0.55 6.32±0.83 0.33±0.72 0.0826 0.0185 *  LDLコレステロール(Friedewald)(mmol / L) 「べにふうき」 3.93±0.56 3.61±0.54 −0.32±0.33 0.0021 ** 「やぶきた」 3.88±0.60 3.84±0.72 −0.04±0.68 0.8056 0.3579 大麦の注入 3.82±0.44 4.03±0.62 0.21±0.56 0.1431 0.0127 *  LAB(mg cs / L) 「べにふうき」 5.43±1.57 4.08±2.02 -1.35±2.55 0.0603 「やぶきた」 4.78±1.36 4.45±2.32 −0.33±2.14 0.5807 1.0000 大麦の注入 4.47±2.09 4.01±2.19 −0.46±3.24 0.5625 1.0000 参加人数=「べにふうき」/「やぶきた」/大麦注入。ALL  =49/51/49、YES  =34/34/32、NO  =15/17/17 ある 対応のあるt検定(* p <0.05、** p <0.01、*** p <0.001、**** p <0.0001)。 b ダンの多重比較検定(対ベニフキ)(* p <0.05、** p <0.01、*** p <0.001、**** p <0.0001)。 食物摂取頻度調査票を用いて評価したところ、「ベニフキ」グループでは、試験の開始時と終了時の 1日のカロリー摂取量に有意差は見られなかった。対照的に、「やぶきた」と大麦の注入グループは、ベースライン時と比較して、研究終了時の1日のカロリー摂取量の有意な減少を示しました。 3.3 。補助分析 毎日のお茶を飲む習慣がある場合(n = 100)とない場合(n = 49)、2つの参加者グループ間でサブグループ分析が行われました。毎日のお茶を飲む習慣がないグループでは、「ベニフキ」グループの試験終了時に、主要評価項目、血清総コレステロールレベル、およびLDLコレステロールレベルが、オオムギ注入グループ(総コレステロール)と比較して有意に減少しました、「ベニフキ」対オオムギ注入= −0.40±0.48mmol / L対0.33±0.72mmol / L、p = 0.0185; LDLコレステロール、「ベニフキ」対オオムギ注入= −0.32±0.33mmol / L対0.21 ±0.56mmol / L、p = 0.0127)(図3、図4)(表3)。トリグリセリドに大きな変化はありません研究の開始時と終了時にHDLコレステロール値が3つのグループ間で観察された。しかし、毎日のお茶を飲む習慣のある参加者では、「ベニフキ」グループのLABレベルは、オオムギ注入グループのそれと比較して有意に減少しました。 3.4 。飲料関連の有害事象をテストする 空腹時血漿グルコースおよびHbA1cレベルを含むグルコース代謝に関して、3つの研究グループの参加者のいずれにも有害作用は観察されなかった。同様に、末梢血分析、肝機能、および鉄分代謝により、3つのテスト飲料すべての安全性が確認されました。 4 。討論 緑茶は日本で非常に消費されている飲料です。摂取量の増加は、全原因死亡率および心血管疾患による死亡率の低下と関連していると報告されている( Kuriyama et al。、2006 )。緑茶は、そのコレステロール低下効果およびトリグリセリド低下効果を明らかにするいくつかの研究によって示されるように、脂質代謝にも影響を及ぼし得る(Muramatsuら、1986年、Wuら、2012年)。緑茶に含まれるカテキンは、これらの効果の根底にあるメカニズムに関与しています。さらに、池田ら。(1992)緑茶カテキンが腸管の吸収を抑制することを示しましたコレステロールのミセル化を抑制することによってラットのコレステロール、そしてこれらのカテキンは食餌性脂肪のリンパ輸送を遅らせることによって食後の高トリグリセリド血症を抑制しました( Ikeda et al。、2005 )。緑茶投与後に血漿中の EGCG濃度を決定できること(Nakagawa&Miyazawa、1997 )、EGCG はLDL受容体のアップレギュレーションを通してコレステロール代謝を改善し、そしてEGCGは細胞外アポBレベルを低下させることが報告された( Goto、斎藤、森川、金丸、そして長岡、2012)。 これらの効果を示す緑茶カテキンは主にEC、EGC、EGCG、およびECGであり、EGCGが最も強力です。オオムギとは全く対照的に、「ベニフキ」と「ヤブキタ」はどちらも豊富なEGCGを含んでいます。さらに、「ベニフキ」は、「ヤブキタ」には存在しないEGCG″ 3Meを含有しています。EGCG″ 3Meは、他のどのカテキンよりも高い腸管吸収効率を示します(Maeda-Yamamoto et al。、2007 )。さらに、それは他のカテキンでは観察されない独特の抗アレルギー効果を持っています(増田、前田 - 山本、臼井、&藤沢、2014)それのために観察された効果と比較して「やぶき」、「べにふうき」は有意にコレステロールの合成に関与する遺伝子の発現を阻害し、大幅にコレステロールを変換CYP7A1の肝臓mRNA発現、アップレギュレートすることが報告された胆汁酸(鈴木ら。 、2013)。「ベニフキ」は、EGCG″ 3Meの効果により、他のどのお茶よりも強いコレステロール低下効果を発揮すると推測されています。 本研究は、「ベニフキ」がベースライン時と比較した場合、12週間の間に総コレステロールおよびLDLコレステロールレベルを有意に減少させることを実証した。意外なことに、豊富なカテキンを含む「やぶきた」は、総コレステロールおよびLDLコレステロールレベルを有意に減少させず、カテキンを含まないオオムギ注入について観察された効果と同様の効果であった。「Benifuuki」グループでは総コレステロールおよびLDLコレステロールレベルの有意な減少が見られましたが、3つの飲料試験グループ間でこれらの血清レベルの統計的に有意な差は見られませんでした。メタアナリシスによると(Kim et al。、2011それは脂質代謝に対する緑茶の効果を調べました、緑茶は総コレステロールとLDLコレステロールレベルを下げます。しかしながら、緑茶のLDLコレステロール低下効果は、研究デザイン、研究期間、カテキンの量、人口などに依存する。本研究の被験者の3分の2は、緑茶を飲む習慣を持っていた多くの日本人 これが本研究の結果に影響を及ぼした可能性があり、それには休薬期間は含まれなかった。そこで、カテキンの効果をより明確に評価するために、茶習慣に基づいて被験者を分けました。茶習慣のないグループでは、予想通り、緑茶はオオムギ注入の効果と比較して総コレステロール値およびLDLコレステロール値の減少に有意な効果をもたらしました。 コレステロールと心血管疾患のリスクとの関係についての報告がいくつかあります。例えば、Framingham Heart Studyは、虚血性心疾患の危険因子として高コレステロール血症を特定しました(Kannel et al。、1961)。過去の研究は、コレステロールレベルの上昇と冠状動脈性心臓病の死亡率の上昇との間の関係を明らかにした(Leren、1970年、Verschuren ら、1995年)。脂質異常症、特に高いLDLコレステロールレベルは、典型的なアテローム性動脈硬化症である冠状動脈性心臓病の重要な危険因子です(Liu&Li、2015)。 上記の知見を考慮して、「ベニフキ」はその総コレステロール低下およびLDLコレステロール低下効果、ならびにLAB、可溶性LOX-1、およびLOX指数に対する心血管疾患のリスクを低下させると仮定している。アテローム性動脈硬化症 我々の研究は、オオムギ注入と比較して、「ベニフキ」は毎日のお茶を飲む習慣に関係なくLABレベルを有意に減少させることを示しました。さらに、「ベニフキ」はベースライン時と比較してLABレベルを有意に減少させました。一方、sLOX - 1レベルおよびLOX指数は、3つの群の間で有意差はなかった。 LOX-1は酸化型LDLの内皮受容体であり、酸化型LDLのLOX-1への結合は内皮機能不全を促進する。したがって、LOX - 1は、酸化LDLの結合時にアテローム性動脈硬化症のあらゆる段階で悪化因子として機能する(Sawamuraら、1997、Yoshimotoら、2011)。LABは動脈硬化症マウスにおいてより高く、そして抗酸化処置によって有意に減少することが報告された(Kakutaniら、2001年、Okaら、2006年)。)これらの報告は、LABがアテローム性動脈硬化症を促進すること、およびその血漿濃度が将来のアテローム性動脈硬化症の発症を予測するのに役立つ可能性があることを示唆している。我々の知る限りでは、本研究はEGCG″ 3Meを含む“ベニフキ”がLABレベルを著しく低下させることを示す最初のものであり、EGCG″ 3Meは他のカテキンとは異なるメカニズムによってLABレベルを低下させることを示唆する。 。 血清sLOX-1レベルは、血清LOX-1レベルと一緒に、動脈の硬化および炎症の進行を反映すると考えられている(Sawamura、Wakabayashi、およびOkamura、2015)。本研究において、sLOX - 1レベルの有意な増加が3つの群全てにおいて観察されたが、3つの群の間に有意な差は観察されなかった。介入前後に各群でsLOX-1レベルが有意に増加した。この研究では群間に差はなかった。冬には夏よりもコレステロールレベルが高いという強い季節的影響があることが報告されている(Robinson、Hinohara、Bevan、&Takahashi、1993 )。季節変化の報告はありませんがこれまでのsLOX-1レベルでは、脂質代謝関連のパラメータであるため可能性があります。LOX指数は、sLOX - 1とLABとの間の相互作用を反映しており、心血管疾患のバイオマーカーと考えられている。しかし、本研究では群間のLOX指数に差はなかった。さらに、Okamura et al。(2013)頸動脈内膜中膜肥厚(IMT)を調査して、そしてアメリカの白人で、より高いLABレベルがIMTの増加と有意に関連していたことを発見しました。 High LAB and LOX-index levels, apart from high LDL cholesterol levels, are suggested to be risk factors for atherosclerosis. Our present study demonstrated that “Benifuuki” not only significantly reduced the LDL cholesterol level but also significantly decreased that of LAB and of oxidized LDL, suggesting a role of “Benifuuki” in delaying the ageing process. We believe that this is due to catechins derived from green tea suppressing the micellization of cholesterol in the intestinal tract, and EGCG″3Me inhibiting the synthesis of cholesterol and promoting excretion of cholesterol to bile acid through excellent absorption efficiency of EGCG″3Me from the intestinal tract. Among the 3 tea extracts, although the difference was not significant, “Benifuuki” showed the strongest LOX-index-lowering effect, suggesting that “Benifuuki” might prevent cardiovascular events. If we had used a larger amount (e.g., two or three times) of tea catechins in the present study, a more clear effect of tea catechins on lipid metabolism would have likely been obtained. However, we also recognized that it would not be easy for a person without a tea 習慣を飲んで取るために高用量の毎日の茶カテキンのを。 私たちの研究の限界は、紅茶やコーヒーに含まれるポリフェノールの消費量だけが制限されていたため、チョコレート、ワイン、その他の特定の食品に含まれるポリフェノールは食品頻度アンケートで評価されなかったことです。我々の研究のもう一つの限界は、外観に関しては全ての試験飲料を盲目にすることができたが、味に関しては全ての試験飲料を盲目にできなかったことである。心疾患および脳血管障害を有する患者は本研究に含まれていなかったので、研究結果は高リスク群に外挿されない可能性があるアテローム性動脈硬化症の患者。何人かの参加者が研究を続けることができなかったので、バイアスがあるかもしれません。最初の割り当ての後、155人の参加者のうち6人が除外されました。グリーンのでお茶の消費量は、自己投与のアンケートに基づいて評価した、消費状況のいくつかの誤分類は、それぞれの試験飲料の効果の推定に影響を与えた可能性があります。ただし、この誤分類は差別化されていない可能性が高く、緑茶消費の影響を過小評価する結果になる傾向があります。さらに、前述のように、休薬期間は試験デザインに含まれていなかった。 5 。結論 「ベニフキ」は、オオムギ注入と比較して血清LABレベルを有意に減少させました。さらに、毎日の緑茶消費の習慣がない参加者グループでは、「ベニフキ」はオオムギ注入と比較して血清総コレステロールとLDLコレステロールレベルを有意に減少させました。したがって、「紅ふうき」緑茶を摂取すると、血清LDLコレステロールとLABレベルが低下し、心血管疾患の予防に役立つ可能性があります。 謝辞 この作業は、日本の健康増進効果のある農産物および食品の開発に関する研究プロジェクト(助成金番号A11 )からの助成金によって支援された。研究参加者の募集を支援してくれた大阪医科大学健康科学クリニックとサンタマリア病院に感謝します。研究参加者の定期的なフォローアップからなる献身的な仕事に対して、中坪由紀江さん、池田さやかさん、三井しのぶさん(大阪医科大学内科)にお世話になりました。テスト用の茶抽出物を提供してくださった篠田有希さん(朝日ソフトドリンク株式会社)に感謝します。 付録。補足資料 以下は、この記事の補足データです。 Word文書のダウンロード(42KB)docxファイルに関するヘルプ 表S1。ベースライン特性(他のパラメータ)ALL、全参加者。はい、毎日お茶を飲む習慣のある参加者。いいえ、毎日お茶を飲む習慣がない参加者。黒いバー:「紅風月」緑茶グループ。灰色のバー:「やぶきた」緑茶グループ。白いバー:大麦注入群。 Word文書のダウンロード(41KB)docxファイルに関するヘルプ 表S2。無作為化試験を報告する際に含めるべき情報のCONSORT 2010チェックリスト。 Word文書のダウンロード(23KB)docxファイルに関するヘルプ 付録S1。お茶の脂質代謝への影響とお茶から加工された健康食品の創製に関する研究 参考文献 ブレイトマン他、1985 LE Braitman 、EV Adlin 、JL スタントン ・ジュニア 肥満とカロリー摂取量:1971-1975(HANES I)の国民健康・栄養調査の調査 Journal of Chronic Diseases 、38 (9 )(1985 )、pp。727 - 732 記事のダウンロードPDFを見るScopus Google Scholar フォード他、2002 ES フォード、WH ジャイルズ、WH ディーツ 米国の成人のメタボリックシンドロームの有病率:第三国民健康・栄養調査の調査からの知見 Journal of the American Medical Association 、287 (3 )(2002 )、pp。356 - 359 Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード 後藤ほか、2012 T. 後藤、Y. 斎藤、K. 森川、Y. 金丸、S. 長岡 肝細胞におけるコレステロール代謝に関与する遺伝子のエピガロカテキンガレートの変化のmRNA発現レベル 栄養のイギリスの雑誌、107 (6 )(2012 )、頁769 - 773 、10.1017 / S0007114511003758 Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード 平野大森ほか、2005 R. 平野-大森、R. 高橋、Y. Momiyama 、H. 谷口、A. 米村、S. 玉井、K. 梅垣、H. 中村、K. 近藤、F. Ohsuzu 緑茶消費および血清マロンジアルデヒド修飾LDL健常者における濃度 アメリカ栄養学会誌、24 (5 )(2005 )、pp。342 - 346 Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード 池田ほか、1992 I. 池田、Y. Imasato 、E. 佐々木、M. 中山、H. 長尾、T. 武雄、F. Yayabe 、M. 菅野 茶カテキンは、ラットにミセル溶解性およびコレステロールの腸吸収を減少させます Biochimica et Biophysica Acta 、1127 (2 )(1992 )、pp。141 - 146 記事のダウンロードPDFを見るScopus Google Scholar 池田ほか、2005 I. 池田、K. 津田、Y. 鈴木、M. 小林、T. 海野、H. Tomoyori 、H. 後藤、Y. 河田、K. 今泉、A. 野沢、T. 角田 ガロイル部分抑止と茶カテキンラットにおける食事性脂肪のリンパ輸送の遅延による食後高トリアシルグリセロール血症 Journal of Nutrition 、135 (2 )(2005 )、pp。155 - 159 Scopus Google Scholarでレコードを表示する 稲垣ほか、2009 H. 稲垣、M. 杉谷、Y. 瀬戸口、R. 伊藤、Y. オリタニ、E. 西村、S. 佐藤、M. 加藤、M. サイ、M. 前田、山本、M. 亀井 脂肪組織の効果的な抑制紅茶摂取による高脂肪食給餌マウスの体重増加 日本Shokuhin化学工学会誌、56 (7 )(2009 )、PP。403 - 411 、10.3136 / nskkk.56.403 Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード イナミ他、2007 S. 稲見、M. 高野、M. 山本、D. 村上、K. 田近、K. 淀川、S. 横山、N. 大野、T. 大場、J. 佐野、C. 伊吹、Y. 清野、K. ミズノ 茶カテキンの消費は循環酸化低密度リポ蛋白質を減少させる International Heart Journal 、48 (6 )(2007 )、pp。725 - 732 Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード 角谷ほか、2001 M. 角谷、M. 上田、T. 鳴子、T. 雅樹、T. 沢村 LOX-1血漿中のリガンドとワタナベ遺伝性高脂血症ウサギのアテローム硬化性病変の蓄積:新規酵素免疫測定法による同定 生化学的および生物物理学的研究コミュニケーションズ、282 (1 )(2001 )、PP。180 - 185 記事のダウンロードPDFを見るScopus Google Scholar Kannel et al、1961 WB カンネル、TR ドーバー、A。 カガン、N。 レヴォツキー、J。 ストークス 3。 冠状動脈性心臓病の発症における危険因子 - 6年間の追跡調査の経験。フレーミングハム研究 アナルズ・オブ・インターナル・メディシン、55 (1961 )、頁。33 - 50 Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード Kim et al、2011 A. Kim 、A. Chiu 、MK Barone 、D. Avino 、Wang F. 、CI Coleman 、OJ Phung Green teaカテキンは、総および低密度リポタンパク質コレステロールを減少させる:系統的レビューおよびメタアナリシス アメリカ栄養士会のジャーナル、111 (11 )(2011 )、頁。1720 - 1729 、10.1016 / j.jada.2011.08.009 記事のダウンロードPDFを見るScopus Google Scholar 能、2007年、能 脂質の腸管吸収の抑制剤としての SI Koo 、SK Noh 緑茶:その脂質低下効果の潜在的メカニズム Journal of Nutritional Biochemistry 、18 (3 )(2007 )、179 - 183ページ、10.1016 / j.jnutbio.2006.12.005 記事のダウンロードPDFを見るScopus Google Scholar 栗山ほか、2006 S. 栗山、T. 島津、K. 大森、N. 菊池、N. 中谷、Y. 西野、Y. Tsubono 、I. 辻 による心血管疾患、癌、および日本国内のすべての原因に緑茶の消費量と死亡率:大崎研究 米国医師会雑誌、296 (10 )(2006 )、頁。1255 - 1265 、10.1001 / jama.296.10.1255 Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード 1970年レレン P. Leren オスロダイエットハートスタディ。11年レポート Circulation 、42 (5 )(1970 )、pp。935 - 942 Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード 劉、李、2015年 劉 H.H. 、李 J.J. 加齢と脂質異常症:潜在的メカニズムのレビュー エイジング研究のレビュー、19 (2015 )、頁。43 - 52 、10.1016 / j.arr.2014.12.001 記事のダウンロードPDF CrossRef Scopusでの記録を見るGoogle Scholar 前田山本ほか、2009 M. 前田、山本、K. エマ、M. 物部、I. 四分一、Y. 篠田、T. ヤマモト、T. 藤沢 花粉曝露前にO-メチル化カテキンを含有するべにふうき緑茶と季節性アレルギー性鼻炎の早期治療の効力:オープンランダム化試験 アレルギー・インターナショナル、58 (3 )(2009 )、頁437 - 444 、10.2332 / allergolint.08-OA-0066 記事のダウンロードPDF CrossRef Scopusでの記録を見るGoogle Scholar 前田山本ほか、2007 M. 前田、山本、K. エマ、I. 四分一 インビトロおよびO-メチル化カテキンおよびショウガエキス増強を含む「べにふうき」緑茶のインビボ抗アレルギー作用に 国際細胞検査士、55 (2-3 )(2007 )、PP。135 - 142 、10.1007 / s10616-007-9112-1 Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード 増田ほか、2014 S. 増田、M. 前田・山本、S. 臼井、T. 藤沢 O-メチル化カテキンを含む「べにふうき」緑茶は、スギ花粉症の症状を軽減:無作為化、二重盲検、プラセボ対照試験を アレルギーインターナショナル、63 (2 )(2014 )、PP。211 - 217 、10.2332 / allergolint.13-OA-0620 記事のダウンロードPDF CrossRef Scopusでの記録を見るGoogle Scholar 村松ら、1986 K. 村松、M. Fukuyo 、Y. 原 コレステロール給餌ラットにおける血漿コレステロールレベルに対する緑茶カテキンの効果 栄養科学Vitaminologyのジャーナル(東京)、32 (6 )(1986 )、頁613 - 622 Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード 長尾ほか、2007 T. 長尾、T. 長谷、I. Tokimitsu カテキン類中の高いA緑茶抽出物は、ヒトでは体脂肪と心血管リスクを低減 肥満、15 (6 )(2007 )、頁。1473 - 1483 、10.1038 / oby.2007.176 Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード 中川、宮沢、1997 K. 中川、T. 宮澤の ラットにおけるエピガロカテキン-3-ガレート、 -吸収と茶カテキンの分布、( - ) 栄養科学Vitaminologyのジャーナル(東京)、43 (6 )(1997 )、頁679 - 684 Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード 岡ほか、2006 K. 岡、M. 安原、K. 鈴村、K. 田中、T. 沢村 抗酸化剤は、酸化低密度リポタンパク質受容体リガンドのようなレクチンの血漿レベルを抑制し、ワタナベ遺伝性高脂血症ウサギにおけるアテローム性動脈硬化症を減少させます Journal of Cardiovascular Pharmacology 、48 (4 )(2006 )、177 - 183ページ、10.1097 / 01.fjc.0000245989.89771.1b Scopus Google Scholarでレコードを表示する Okamura et al、2013 T. 岡村、A. 関川、T. 沢村、T. 門脇、E. バリナスミッチェル、RH マッケイ、A. 門田、RW エバンス、D. Edmundowicz 、A. 東山、Y. 中村、RD アボット、K. 三浦、A. 藤吉、Y. 藤田、Y. 村上、N. Miyamatsu、A. Kakino 、H. 前川、K. 村田、M. 堀江、K. Mitsunami 、A. 柏木、LH Kuller 、H. 上島、ERA JUMP研究グループ。 中年の地域在住のアメリカ人白人および日本人男性におけるアポリポタンパク質Bおよび頸動脈内膜中膜を含むLOX ‐ 1リガンド [研究支援、NIH、学外研究支援、米国外政府] アテローム性動脈硬化症、229 (1 )(2013 )、PP。240 - 245 、10.1016 / j.atherosclerosis.2013.04.023 記事のダウンロードPDFを見るScopus Google Scholar Pedersen et al、1994 TR ペダーセン、J. Kjekshus 、K. ベルク、T. Haghfelt 、O. Faergeman 、G. Faergeman 、K. Pyörälä 、T. Miettinen 、L. ウィルヘルム、AG オルソン、H. ヴェーデル、スカンジナビアシンバスタチン生存研究グループ。 冠状動脈性心疾患の4444人の患者におけるコレステロール低下の無作為化試験:スカンジナビアのシンバスタチン生存研究(4S) アテローム性動脈硬化症サプリメント、5 (3 )(1994 )、頁。81 - 87 Scopus Google Scholarでレコードを表示する Robinson et al、1993 D. ロビンソン、S. 檜原、EA ベヴァン、T. 高橋 英国と日本からの健康スクリーニング集団における血清コレステロール値の季節変動 Journal of Medical Systems 、17 (3–4 )(1993 )、pp。207 - 211 Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード 澤村ほか、1997 T. 沢村、N. 久米、T. 青山、H. 森脇、H. 星川、Y. 相葉、T. 田中、S. 三輪、Y. 桂、T. 北、T. 雅樹 酸化低ためのアン内皮レセプター密度リポタンパク質 ネイチャー、386 (6620 )(1997 )、頁。73 - 77 Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード 澤村ほか、2015 T. 沢村、I. 若林、T. 岡村 LOX-1アテローム性動脈硬化症で クリニカキミカアクタ、440 (2015年)、PP。157 - 163 、10.1016 / j.cca.2014.11.016 記事のダウンロードPDFを見るScopus Google Scholar Sone et al、2011 T. 曽根、S. 栗山、N. 中谷、A. Hozawa 、T. 島津、K. 野村、S. 力丸、I. 辻 アディポネクチンと心血管疾患リスクにカテキン富化緑茶消費の影響をランダム化比較試験要因 Food and Nutrition Research 、55 (2011 )、10.3402 / fnr.v55i0.8326 Google Scholar 鈴木ほか、2013 T. 鈴木、M. Kumazoe 、Y. キム、S. 山下、K. 中原、S. 塚本、M. 佐々木、T. 萩原、Y. Tsurudome 、黄 Y. 、M. 前田、山本、Y. 篠田、山口W 、山田K 、橘H. 高吸収性カテキンを含む緑茶抽出物は食事誘発性脂質代謝障害を予防する Scientific Reports、3(2013)、p。2749年、10.1038 / srep02749 Google Scholar Verschurenら、1995 WM Verschuren 、DR ジェイコブス、BP Bloemberg 、D. Kromhout 、A. メノッティ、C. Aravanis 、H. ブラックバーン、R. Buzina 、AS Dontas 、F. Fidanza 、MJ カルボーネン、S. Nedeljkovic 、A. Nissinen 、H. 豊島 異なる培養における血清総コレステロールと長期冠状動脈性心臓病死亡率 7カ国研究の25年間の追跡調査 アメリカ医師会誌、274 (2 )(1995 )、pp。131 - 136 Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード Wu et al、2012 呉 A。H. 、D. スパイサー、FZ スタンチク、CC ツェン、ヤン C。S. 、MC パイク 2ヶ月の効果は、健康的な閉経後女性におけるリポ蛋白コレステロール、グルコース、およびホルモンレベルに緑茶の介入を制御します がん予防研究(フィラ)、5 (3 )(2012 )、頁393 - 402 、10.1158 / 1940-6207.CAPR-11から040 Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード 吉本ほか、2011 R. 吉本、Y. 藤田、A. Kakino 、S. 岩本、T. 高谷、T. 沢村 LOX-1の発見、そのリガンド及び臨床的意義。[レビュー] Cardiovasc薬と治療、25 (5 )(2011 )、PP。379 - 391 、10.1007 / s10557-011-6324-6 Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード ©2016作者。エルゼビア株式会社発行 https://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S1756464616301189