中西郁夫 2、 福原清 1、 大久保啓 3、 島田智一 4、 かんすい久雄 1、 栗原正明 1、 浦野四郎 4、 福住俊一 3、 宮田直樹 1
https://doi.org/10.1246/cl.2001.1152
所属
追加情報
道具
PDF(43K)
抽象 中を見ます 参考文献 によって引用
カテキンと2当量のメトキシドアニオンとの反応で生成したカテキンジアニオンのアセトニトリル中の酸素分子による電子移動酸化により、スーパーオキシドアニオン(O 2 • -)が生成された。詳細な分光分析および速度論的分析から、O2・- の形成の速度定数は5.8×10-2mol-1dm3s-1であると決定された。
<<前の アミド基を有する有機ポリマーを用いた水溶液系セラミック薄膜堆積 >> >>
100℃以上の T ゲルを 示す低分子量ゲル化剤によるイオン液体のゲル化
もっとゲットおすすめ!
cl 2000 – Vol.29、No.4、pp。346 – 347
高スピン分子:[Mn 12 O 12(O 2 C CH 2 Cl)16(H 2 O)4]および1電子還元生成物[PPh 4] [Mn 12 O 12(O 2 C CH 2 Cl)16(H 2 O)3]
フイ・リエン・ツァイ、ティン・イ・ジュ、ジーン・シャンリー、 Yu Wang
[Mn12O12(O2CCH2Cl)16(H2O)4]の錯体をPPh4Iで還元して還元錯体[PPh4] [Mn12O12(O2CCH2Cl)]を得た。16(H2O)3]。両錯体の結晶構造はX線法により決定した。dc磁化率測定は、中性錯体および還元錯体が高スピン種であることを示している。
[ 全文PDF ]
cl 2007 – 第36巻、第10号、1292〜1293頁
培養植物細胞によるケルセチン、エピカテキン、およびカテキンのグリコシル化およびマロニル化
圭下田、 Takanao大塚、陽子森本、はつゆき浜田、弘樹浜田
ケルセチンは、ケルセチン-3-に変換したO(6- – Oケルセチンの3位及びケルセチン3-糖部分の6位に次の位置選択的malonylationで位置選択的グルコシルスルー-マロニル)-β-D-グルコシドO -培養Nicotiana tabacum細胞を含むβ-D-グルコシド。一方、N.tabacum細胞は、エピカテキンおよびカテキンをそれぞれ対応する3’-、5-、および7 -O-β- D-グルコシドにグルコシル化した。
[ 全文PDF ]
cl 2000 – Vol.29、No.3、pp。202 – 203
レーザフラッシュ光分解法によるC 60 – アニオンラジカルから分子状酸素への電子移動の速度定数の評価
小西俊文、藤塚守、伊藤修
Cからの電子移動の速度定数60 -anionラジカル(C 60 • – )分子酸素には、(3.7±0.2)×10であると評価された2モル-1 DM 3秒-1ベンゾニトリルにCの濃度を追跡することによって60 • -近赤外領域の検出器を用いた長時間(> 0.1秒)のレーザーフラッシュ光分解。
[ 全文PDF ]
cl 1993 – 第22巻、第10号、1679〜1682頁
オキサジシランの電子移動酸素化
安藤渉、加古雅弘、赤坂武
オキサジシランの電子移動光酸素化は、相当する収率で二酸素挿入生成物として対応する1,2,4,3,5-トリオキサジシロキサンを与えた。酸素化の立体化学的側面は、過酸化開放中間体の形成を示唆した。
[ 全文PDF ]
cl 1998 – Vol.27、No.1、pp。25 – 26
分子内酸素原子移動過程による非反応性二重結合の過マンガン酸テトラアルキルアンモニウムエポキシ化
フアナ・ロブレスCaycho、フェルナンド・ガルシア・Tellado、ペドロ・デ・アルマス、ホセ・フアン・マレロ、Tellado
三環式硬質ジエンの過マンガン酸アンモニウム酸化により、ジオール – エポキシド誘導体と共にモノ – ジヒドロキシル化化合物が得られる。エポキシ化は、固定されたマンガン(V)ジエステルから第二の二重結合への分子内酸素原子移動プロセスを含む。
[ 全文PDF ]
崩壊
問題を選択


事前発行
Vol.48
4番
No.3
No.2
No.1
Vol.47
No.12
No.11
No.10
No.9
No.8
No.7
No.6
No.5
No.4
No.3
No.2
No.1
Vol.46
No.12
No.11
No.10
No.9
No.8
No.7
No.6
No.5
No.4
No.3
No.2
No.1
Vol.45
No.12
No.11
No.10
No.9
No.8
No.7
No.6
No.5
No.4
No.3
No.2
No.1
Vol.44
No.12
No.11
No.10
No.9
No.8
No.7
No.6
No.5
No.4
No.3
No.2
No.1
Vol.43
No.12
No.11
No.10
No.9
No.8
No.7
No.6
No.5
No.4
No.3
No.2
No.1
Vol.42
No.12
No.11
No.10
No.9
No.8
No.7
No.6
No.5
No.4
No.3
No.2
No.1
Vol.41
No.12
No.11
No.10
No.9
No.8
No.7
No.6
No.5
No.4
No.3
No.2
No.1
Vol.40
No.12
No.11
No.10
No.9
No.8
No.7
No.6
No.5
No.4
No.3
No.2
No.1
Vol.39
No.12
No.11
No.10
No.9
No.8
No.7
No.6
No.5
No.4
No.3
No.2
No.1
Vol.38
No.12
No.11
No.10
No.9
No.8
No.7
No.6
No.5
No.4
No.3
No.2
No.1
Vol.37
No.12
No.11
No.10
No.9
No.8
No.7
No.6
No.5
No.4
No.3
No.2
No.1
Vol.36
No.12
No.11
No.10
No.9
No.8
No.7
No.6
No.5
No.4
No.3
No.2
No.1
Vol.35
No.12
No.11
No.10
No.9
No.8
No.7
No.6
No.5
No.4
No.3
No.2
No.1
Vol.34
No.12
No.11
No.10
No.9
No.8
No.7
No.6
No.5
No.4
No.3
No.2
No.1
Vol.33
No.12
No.11
No.10
No.9
No.8
No.7
No.6
No.5
No.4
No.3
No.2
No.1
Vol.32
No.12
No.11
No.10
No.9
No.8
No.7
No.6
No.5
No.4
No.3
No.2
No.1
Vol.31
No.12
No.11
No.10
No.9
No.8
No.7
No.6
No.5
No.4
No.3
No.2
No.1
Vol.30
No.12
No.11
No.10
No.9
No.8
No.7
No.6
No.5
No.4
No.3
No.2
No.1
Vol.29
No.12
No.11
No.10
No.9
No.8
No.7
No.6
No.5
No.4
No.3
No.2
No.1
Vol.28
No.12
No.11
No.10
No.9
No.8
No.7
No.6
No.5
No.4
No.3
No.2
No.1
Vol.27
No.12
No.11
No.10
No.9
No.8
No.7
No.6
No.5
No.4
No.3
No.2
No.1
Vol.26
No.12
No.11
No.10
No.9
No.8
No.7
No.6
No.5
No.4
No.3
No.2
No.1
Vol.25
No.12
No.11
No.10
No.9
No.8
No.7
No.6
No.5
No.4
No.3
No.2
No.1
Vol.24
No.12
No.11
No.10
No.9
No.8
No.7
No.6
No.5
No.4
No.3
No.2
No.1
Vol.23
No.12
No.11
No.10
No.9
No.8
No.7
No.6
No.5
No.4
No.3
No.2
No.1
Vol.22
No.12
No.11
No.10
No.9
No.8
No.7
No.6
No.5
No.4
No.3
No.2
No.1
Vol.21
No.12
No.11
No.10
No.9
No.8
No.7
No.6
No.5
No.4
No.3
No.2
No.1
Vol.20
No.12
No.11
No.10
No.9
No.8
No.7
No.6
No.5
No.4
No.3
No.2
No.1
Vol.19
No.12
No.11
No.10
No.9
No.8
No.7
No.6
No.5
No.4
No.3
No.2
No.1
Vol.18
No.12
No.11
No.10
No.9
No.8
No.7
No.6
No.5
No.4
No.3
No.2
No.1
Vol.17
No.12
No.11
No.10
No.9
No.8
No.7
No.6
No.5
No.4
No.3
No.2
No.1
Vol.16
No.12
No.11
No.10
No.9
No.8
No.7
No.6
No.5
No.4
No.3
No.2
No.1
Vol.15
No.12
No.11
No.10
No.9
No.8
No.7
No.6
No.5
No.4
No.3
No.2
No.1
Vol.14
No.12
No.11
No.10
No.9
No.8
No.7
No.6
No.5
No.4
No.3
No.2
No.1
Vol.13
No.12
No.11
No.10
No.9
No.8
No.7
No.6
No.5
No.4
No.3
No.2
No.1
Vol.12
No.12
No.11
No.10
No.9
No.8
No.7
No.6
No.5
No.4
No.3
No.2
No.1
Vol.11
No.12
No.11
No.10
No.9
No.8
No.7
No.6
No.5
No.4
No.3
No.2
No.1
Vol.10
No.12
No.11
No.10
No.9
No.8
No.7
No.6
No.5
No.4
No.3
No.2
No.1
Vol.9
No.12
No.11
No.10
No.9
No.8
No.7
No.6
No.5
No.4
No.3
No.2
No.1
Vol.8
No.12
No.11
No.10
No.9
No.8
No.7
No.6
No.5
No.4
No.3
No.2
No.1
Vol.7
No.12
No.11
No.10
No.9
No.8
No.7
No.6
No.5
No.4
No.3
No.2
No.1
Vol.6
No.12
No.11
No.10
No.9
No.8
No.7
No.6
No.5
No.4
No.3
No.2
No.1
Vol.5
No.12
No.11
No.10
No.9
No.8
No.7
No.6
No.5
No.4
No.3
No.2
No.1
Vol.4
No.12
No.11
No.10
No.9
No.8
No.7
No.6
No.5
No.4
No.3
No.2
No.1
Vol.3
No.12
No.11
No.10
No.9
No.8
No.7
No.6
No.5
No.4
No.3
No.2
No.1
Vol.2
No.12
No.11
No.10
No.9
No.8
No.7
No.6
No.5
No.4
No.3
No.2
No.1
Vol.1
No.12
No.11
No.10
No.9
No.8
No.7
6番
5番
4番
3番
2番
1番
記事を検索する
高度な
で検索
Enter search term
に発表されました
e.g. Chemistry Letters
発行日
すべての日程
最終:
カスタム範囲: から:
に:
保存した検索
保存した検索結果を見るにはログインしてください。
アクセスした上位の記事
ジヒドロピラジン縮合ポルフィリン二量体の合成
バイオミメティックおよびテクノミメティック単一分子機械
0℃をはるかに下回る温度で一酸化炭素を酸化するための新しい金触媒
有機合成における可視光誘起パラジウム触媒
模擬触媒パラメータを用いた反応収率予測のための機械学習アプローチ
最も引用されている
協調メタレーション – 脱プロトン化経路に関する機構的研究の概要
層ごとのナノアーキテクトニクス:発明、革新、および進化
リチウムイオン電池用LiCo 1/3 Ni 1/3 Mn 1/3 O 2の層状リチウム挿入材料
ニッケル触媒/ N、N ‘ – 二座指向性基:指向性C – H活性化反応における優れたパートナーシップ
タスク特有のイオン液体
アラートを管理する
図書館へのお勧め
CSJジャーナル
化学レター
日本化学会紀要
化学記録
化学 – アジアジャーナル
アジア化学雑誌
ChemNanoMat
個人情報保護方針
利用規約
サイトマップ
接触
Copyright©2019 日本化学会。全著作権所有。
Atypon®Literatumによって供給
https://www.journal.csj.jp/doi/abs/10.1246/cl.2001.1152