藤岡こうきき1、*OrcID、武雄岩本1、秀和志摩2とまる、ケイコ1、秀樹斎藤1、正樹大塚2、明宏Yoshidome 2、ユーリ川村2とまのめよしのぶ1
1
東京都滋慶学園大学医学部基礎科学研究センター分子細胞生物学専攻
2
〒581-8585大阪、シャープ株式会社の家電会社健康環境システム事業部
*
連絡が宛てられるべき著者。
学術編集者:ラファエル・ロラッハとペドロ・メナ
受信日:2016年2月3日/改訂日:2016年3月22日/受付日:2016年4月1日/発行日:2016年4月11日
(この記事は、フェノール化合物の代謝、バイオアベイラビリティ、および健康への影響に関する特集号の新フロンティアに属します)
フルテキスト | PDF [2429 KB、2016年4月11日アップロード] | 図
抽象
緑茶を出すには、2つの方法があります。葉または粉末の葉(抹茶風)をお湯に浸すことです。本研究の目的は、緑茶の粉末の粉末化プロセスの前後における化学的および機能的な違いを明らかにすることであった。なぜなら、粉末緑茶は異なる摂取スタイルのために機能性の拡大に寄与するからである。本研究では、セラミックミルを用いた粉末化プロセスと温水中での攪拌が高速液体クロマトグラフィー(HPLC)を用いた葉茶と比較してエピガロカテキンガレート(EGCG)の平均抽出濃度を3倍以上増加させることを明らかにした。液体クロマトグラフィー – タンデム質量分析(LC-MS / MS)分析。さらに、粉末緑茶は活性酸素種(ROS)生産のより高い抑制効果を持ちます同量の葉茶と比較した試験管内。本発明者らのデータは、より高いカテキン含有量および粒子のために、粉末緑茶が葉茶とは異なる機能を有する可能性があることを示唆している。 フルテキストを表示
キーワード: 緑茶。抹茶 ; カテキン ; ポリフェノール。粉末化プロセス。ミル ; ROS
▼ フィギュア
グラフィカルな抽象
これはCreative Commons Attribution Licenseの下で配布されているオープンアクセスの記事であり、元の著作物が適切に引用されている限り、あらゆる媒体での無制限の使用、配布、複製を許可しています(CC BY 4.0)。
この記事を共有して引用する
MDPIとACSのスタイル
; Fujioka、K。;岩本、T。; Shima、H。;とまる、K。; Saito、H。;大塚、M。;吉留、A。; Kawamura、Y。Manom​​e、Y緑茶促進カテキン抽出のための一組のセラミックミルによる粉末化プロセスとROS阻害効果 分子 2016、21、474。
引用フォーマットをもっと見る
2016年の初版から、MDPIジャーナルはページ番号の代わりに記事番号を使用することに注意してください。詳細はこちらをご覧ください。
関連記事
薬物動態研究のための超高速液体クロマトグラフィー – タンデム質量分析を用いたヒト血漿中の緑茶抽出物からの4種のカテキンの定量分析
Park、Jeong-Eunら、 Molecules、 2018
マツ樹皮および緑茶濃縮抽出物:HPLC ‐ ESI ‐ QTOF ‐ MSによる生理活性化合物の抗酸化活性および包括的キャラクタリゼーション
de la LuzCádiz-Gurrea、マリア他、 Int J Mol Sci、 2014
緑茶カテキンによる癌予防と治療のメカニズムへの生物物理学的アプローチ
菅沼まさみ、 分子、 2016
緑茶葉エキス:マイクロカプセル化、物理化学的および貯蔵安定性研究
Zokti、James A.他、 Molecules、 2016
生化学的アプローチを用いた緑茶(Camellia sinensis)中の腸内UDP‐グルクロノシルトランスフェラーゼ阻害剤の同定:試験薬としてのラロキシフェンへのin vitroからin vivo外挿までの応用
Dan-Dan Tianら、 Drug Metab Dispos、 2018
茶カテキンのメチル化の酵素学とカテコールの阻害
Hong Luら、 Drug Metab Dispos、 2003
セピアプテリンは血管正常化を促進することにより腫瘍の放射線感受性および化学感受性を増強する
Christopher S. Rabenderら、 J Pharmacol Exp Ther、 2018
アスピリンとモルヒネの相互作用:健常人における二重盲検クロスオーバー試験
Johann Bartkoら、 J Pharmacol Exp Ther、 2018
搭載
記事の測定基準
Article access statistics
Full-Text Views
Abstract Views
31. Dec
1. Jan
2. Jan
3. Jan
4. Jan
5. Jan
6. Jan
7. Jan
8. Jan
9. Jan
10. Jan
11. Jan
12. Jan
13. Jan
14. Jan
15. Jan
16. Jan
17. Jan
18. Jan
19. Jan
20. Jan
21. Jan
22. Jan
23. Jan
24. Jan
25. Jan
26. Jan
27. Jan
28. Jan
29. Jan
30. Jan
31. Jan
1. Feb
2. Feb
3. Feb
4. Feb
5. Feb
6. Feb
7. Feb
8. Feb
9. Feb
10. Feb
11. Feb
12. Feb
13. Feb
14. Feb
15. Feb
16. Feb
17. Feb
18. Feb
19. Feb
20. Feb
21. Feb
22. Feb
23. Feb
24. Feb
25. Feb
26. Feb
27. Feb
28. Feb
1. Mar
2. Mar
3. Mar
4. Mar
5. Mar
6. Mar
7. Mar
8. Mar
9. Mar
10. Mar
11. Mar
12. Mar
13. Mar
14. Mar
15. Mar
16. Mar
17. Mar
18. Mar
19. Mar
20. Mar
21. Mar
22. Mar
23. Mar
24. Mar
25. Mar
26. Mar
27. Mar
28. Mar
29. Mar
30. Mar
31. Mar
0k
1k
2k
3k
4k
5k
ジャーナル統計の詳細については、ここをクリックしてください。同じIPアドレスからの複数の要求は1つのビューとしてカウントされます。
記事アクセス統計
抽象ビュー Pdfビュー Htmlビュー
1 1661年
引用
クロスレフ
4
PubMed(NLM)
1
Scopus(Elsevier)
7
Web of Science(Clarivate Analytics)
6
PubMed Central(NLM)
1
Google Scholar
クリックして見る
[トップに戻る]
提出する分子
のレビュー分子
特集編集
分子 EISSN 1420-3049 発行元MDPI AG、バーゼル、スイス連邦共和国 RSS Eメール目次アラート
さらに詳しい情報
物品処理料金は
請求書有料
オープンアクセスポリシー
利用規約
利用規約
プライバシーポリシー
お問い合わせMDPI
MDPIでジョブを
ガイドライン
著者の
ためにレビューアーの
ために編集者の
ために図書館員の
ために出版社の
ために社会のために
MDPIへの取り組み
機関オープンアクセスプログラム(IOAP)
Sciforum
プレプリント
Scilit
MDPI本
百科事典
MDPIブログ
MDPIをフォローする
LinkedIn
Facebook
Twitter
MDPIジャーナルからissue releaseの通知とニュースレターを受け取るために購読する
仕訳帳/仕訳帳を選択します。
オプションを選択
Your email address here…
申し込む
https://www.mdpi.com/1420-3049/21/4/474