ハイライト

2015年4月に発売された機能性食品の新しい食品表示システム。

さつまみかんと緑茶が「機能性食品」として発売されました。

それらの機能性成分は、β-クリプトキサンチンおよびO-メチル化カテキンである。
抽象
バックグラウンド
日本では、高齢者の健康の維持向上に寄与する機能性食品の開発が求められています。
範囲とアプローチ
4月、2015年には、消費者庁が新たな打ち上げ食品表示として知られているシステム「ファンクションクレーム(FFC)と食品を。」この制度では、産業と農業生産者は独立農水に関する科学的証拠の評価健康食品を、その機能特性を記述する消費者による情報に基づいた使用を促進するための健康の主張を保証します。機能性食品が人間の健康に及ぼす影響を明確にするために、国家農業食糧研究機関(NARO)は「健康増進効果を有する農産物および食品の開発に関する研究プロジェクト」を実施した。
主な調査結果と結論
2017年5月26日現在、931の機能性食品がFFCとして分類されています。我々は、温州ミカンがβ-クリプトキサンチンに富み、閉経後の女性における骨粗鬆症のリスクを減らすことを証明した。日本の茶栽培品種であるベニフキは、一般的な緑茶には低濃度で含まれているO- メチル化カテキンが豊富で、抗アレルギー作用があります。さつまみかんと紅ふく緑茶は、その後2015年にFFCとして発売されました。機能性農産物の健康増進効果を明らかにしました。健康的なお弁当を作り、機能性農産物のデータベースを確立する。農業、林業、漁業からの原料のみを含む加工食品を含む追加のFFCが必要です。
前号の記事次の記事問題で
キーワード
機能主張のある食品機能性農産物β-クリプトキサンチンO-メチル化カテキン

https://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S0924224416303806