抽象
( – ) – エピガロカテキン-3 – O-没食子酸(EGCG)および2つのO-メチル化EGCG誘導体、( – ) – エピガロカテキン-3- O – (3 – O-メチル)没食子酸エステルのC-2エピマー異性体の抑制効果雄マウスにおけるオキサゾロン誘発性IV型アレルギーに対する(EGCG3 – / Me)および( – ) – エピガロカテキン-3- O – (4 – O-メチル)ガレート(EGCG4 – ‘Me)を調べた。これらの化合物は、0.13mg /耳の用量での経皮投与によって強い抗アレルギー効果を示した。( – ) – ガロカテキン-3 – O-没食子酸(GCG)、( – ) – ガロカテキン-3- O – (3 – O-メチル)没食子酸(GCG3 ” Me)、および( – ) – ガロカテキンの阻害率-3- O – (4- OマウスIV型アレルギーに対するβ-メチル)ガレート(GCG4 – / Me)は、それぞれ52.1、53.3、および54.8%であった。しかしながら、抗アレルギー効果は、それらの対応する元の茶カテキン(2R、3Rタイプ)のものよりも弱かった。それらの阻害率はそれぞれ88.0、73.2、および77.6%であった。試験した全てのカテキンについて、50mg / kg体重の用量での経口投与はアレルギー症状を有意に抑制した。抑制率は24.0から60.6%まで変化した。エピマー(2S、3R型)とそれらの対応する元のカテキン(2R、3R)の効果との間に有意差は観察されなかった。タイプ)。この研究で観察された茶カテキンとそれらのC-2エピマーの抗アレルギー効果は用量依存的でした。これらの結果は、高温での熱処理中に生成される茶カテキンのC-2エピマーは、IV型アレルギーに対する抗アレルギー作用にとって不利であり得ることを示唆している。
キーワード:お茶。カテキン O-メチル化カテキン。マウス; IV型アレルギー エピマー化
閲覧:PDF | リンク付きPDF | フルテキストHTML
引用記事
関連性のあるコンテンツ
引用データは、Crossrefの Cited-by Linkingサービスの参加者によって利用可能になります 。この記事の引用のより包括的なリストについては、ユーザーはSciFinderで検索を実行することをお勧めします。
オボアルブミン誘発アレルギー性鼻炎のマウスモデルにおけるエピガロカテキンガレートの抗炎症作用
孟 フー、 Shulian フー、 西本 Ni、 y 園ゾウ、 有明 劉、 タイ・ ホン
国際免疫薬理学 2017年 49、102〜108
超高速液体クロマトグラフィータンデム質量分析によるラット血しょう中の7つのカテキンの同時定量とその薬物動力学研究への応用
梁 張、 Yuhui ハン、 金順 シャン、 Yuhong Liang、 Liwei Xu、 Shihua 張、 李Jun成、 小春 ワン
分析法 2015 7 (22)、9415-9420
天然試料の分析と活性包装用途を目的としたフラボノイドの分析定量
マリアデルマル カストロロペス、 JoséManuelLópez -Vilariño、 マリアビクトリア ゴンザレスロドリゲス
食品化学 2014 150、119-127
ヒトケラチノサイトのエピガロカテキン‐3 ‐ O‐(3 ‐ O‐メチル) – ガレート誘導分化は蛋白質キナーゼ‐cAMP応答要素結合蛋白質シグナリングのクロトー仲介調節を含む
キム・ヒョンジュン、 Huikyoung Chang、 スン・ ハン、 ミン ・リー、 智ヨン ・ユング、 SoonAe アン、 ソク・ユン ペク、 ジン ・リー、 ジョン・ リー、 泰 リー、 ドン 新、 キム・ホンテ
International Journal of Molecular Sciences 2014 15 (4)、5749-5761
Synthesis and Applications of Polymeric Flavonoids
Hiroshi Uyama, Young-Jin Kim
2012,55-86
Antioxidative activities and the chemical constituents of two Chinese teas, Camellia kucha and C. ptilophylla
Kaikai Li, Xianggang Shi, Xiaorong Yang, Yuanyuan Wang, Chuangxing Ye, Zhongyi Yang
International Journal of Food Science & Technology 2012 47 (5), 1063-1071
Inhibitory Effects of Pu-erh Tea Leaves on Mouse Type IV Allergy
Katsuko Yamazaki, Kyoji Yoshino, Chihiro Yagi, Toshio Miyase, Mitsuaki Sano
Food and Nutrition Sciences 2012 03 (03), 394-400
Epigallocatechin gallate ameliorates behavioral and biochemical deficits in rat model of load-induced chronic fatigue syndrome
Anand Kamal Sachdeva, Anurag Kuhad, Kanwaljit Chopra
Brain Research Bulletin 2011 86, 165-172
A simple and rapid turbidimetric method for determining catechins in beverages
Motokazu Nakayama, Naofumi Shigemune, Takashi Tsugukuni, Hajime Tokuda, Takahisa Miyamoto
International Journal of Food Science & Technology 2010 45 (10), 2071-2079
Preventive effects of black tea theaflavins against mouse type IV allergy
Kyoji Yoshino, Katsuko Yamazaki, Mitsuaki Sano
Journal of the Science of Food and Agriculture 2010 , n/a-n/a
Preventive Effects of C-2 Epimeric Isomers of Tea Catechins on Mouse Type I Allergy
Kyoji YOSHINO, Toshio MIYASE, Mitsuaki SANO
Journal of Nutritional Science and Vitaminology 2010 56 (3), 211-215
Pigmented contact cheilitis: from green tea?
Jae In Lee, Baik Kee Cho, Sun Myeong Ock, Hyun Jeong Park
Contact Dermatitis 2010 62 (1), 60-61
Preventive Effects of Saccharified Solution of Rice, Oryza sativa subsp. japonica, in Mouse Allergic Models
Kyoji Yoshino, Toshio Miyase, Masahiko Takeuchi, Kenichi Nisizawa, Kazuya Taguchi, Mitsuaki Sano
JOURNAL OF HEALTH SCIENCE 2010 56 (2), 208-214
Artificial Polymeric Flavonoids: Synthesis and Applications
Hiroshi Uyama
Macromolecular Bioscience 2007 7 (4), 410-422
Protective effects of EGCg or GCg, a green tea catechin epimer, against postischemic myocardial dysfunction in guinea-pig hearts
M HIRAI, Y HOTTA, N ISHIKAWA, Y WAKIDA, Y FUKUZAWA, F ISOBE, A NAKANO, T CHIBA, N KAWAMURA
Life Sciences 2007 80 (11), 1020-1032
Oxidative-induced retinal degeneration is attenuated by epigallocatechin gallate
B. Zhang, N.N. Osborne
ブレインリサーチ 2006 1124 (1)、176〜187
茶飲料のヒトチトクロームP 450 3A(CYP 3A)活性に対する抑制効果
荻窪哲也、 日高宗昭、 奥村学、 藤田健一、 圭史 山崎、 浅井正英、 岩切智美、 佐々木裕美、 児玉裕文、 有森和彦
入薬薬学 2006 ( 32)(5)、392-399
記事のオプション
PDF (114 KB)
リンク付きPDF (194 KB)
フルテキストHTML
抽象
サポート情報

参考文献
引用記事
お気に入りに追加
引用をダウンロード
同僚にメールする
注文の転載
権利と許可
引用アラート
ACS ChemWorxに追加する
SciFinderの購読者 サインイン
この記事の詳細な記録を検索する
この記事で索引付けされている物質を検索する
この記事に引用されているすべての参考文献を取得する
この記事を引用しているすべての文献を検索する
で探す:
この記事の著者
誰でも
研究テーマ
サーチ
Metrics
記事の閲覧数:238回
2003年12月17日に受信
2004年6月24日にオンラインで出版された
2004年7月1日発行の印刷物
+高度ロゴアイコンより多くの記事の測定基準
最新の問題最新のニュース
カバーストーリー表紙画像
「永遠の化学物質」はもうない?
ノースカロライナ州のスウィーニー浄水場では、エンジニアが新しいシステムの設計を仕上げています…
科学濃度記事のイメージ
人工細胞は小さな腫瘍を検出する
がんを早期に発見することは困難です。ポジトロンエミッショントモグラフィー(PET)のようなイメージングアプローチはできません…
ビジネス濃度記事のイメージ
DCAT Weekで小分子が揺れ動く
医薬品、化学、および関連技術協会(DCAT)週間、年次総会。
ポリシー濃度記事のイメージ
インドは米国のエビ拒絶に抗議
インドは、米国食品医薬品局によるエビの出荷拒否について懸念を表明しています…
日本のポリマーの新しい春
イノベーション能力への懸念が新しい工業材料の発明につながっています
会議からアイデアを育てる方法
私たちのアーカイブから:Ekkehard Schwab著コバルトに関するエッセイ、
To celebrate the International Year of the Periodic Table, C&EN is re-releasing its favorite …
Study suggests that sea spray plays an important role in spreading perfluoroalkyl acid pollutants into the air
Instead of staying in the ocean, significant amounts of chemicals like PFOS and PFOA …
Ferumoxytol, an iron-based nanoparticle drug marketed as Feraheme, kills leukemia cells in mice
The already-approved drug could increase treatment options for this challenging cancer
Artificial organelles are designed for protein engineering
Phase separation sequesters the machinery for repurposing stop codons
Politics, Persecution, and the Prize: Lise Meitner and the Discovery of Nuclear Fission
At present, Lise Meitner is almost as well known for not having been awarded …
Spinning a Tool From a Toy
One might be tempted to judge the ubiquitous fidget spinner, twirled endlessly between the …
Discover Chemistry’s Impact on Cancer Research at AACR 2019
The American Chemical Society (ACS) and ACS Publications will be in the Peach State …
Virtual Issue: Molecular Imaging
Molecular Imaging is a relatively new biomedical research field that has gained significant traction …
Urine Metabolite Could Signal Tuberculosis Treatment Success
A newly characterized metabolite in urine could one day help predict whether tuberculosis treatment …
Discover the Most-Read Physical Chemistry Articles of February 2019
There are lots of different ways to look at the reach of an article. …
このウェブサイトはあなたのユーザーエクスペリエンスを向上させるためにクッキーを使います。このサイトを継続して使用することで、あなたは私たちのクッキーの使用を受け入れていることになります。ACSのプライバシーポリシーを読んでください。
https://pubs.acs.org/doi/abs/10.1021/jf035476r