抽象
(+) – カテキン、人間の健康に潜在的に有益な化合物は、植物や食品に広く分布しています。ラットにおける(+) – カテキンの代謝産物のプロファイリングと同定およびこれらの代謝産物の分布を調べるために、ダイオードアレイ検出器を備え、エレクトロスプレーイオン化イオントラップ飛行時間多段質量分析法と組み合わせた高速液体クロマトグラフィーを適用した。初めてラットの臓器に。16(+) – カテキン結合体、14のジアリールプロパン-2-オール代謝物、6つのフェニルバレロラクトン代謝物および18の芳香族酸代謝物を含む合計51の第II相代謝物(44新)および3つの第I相代謝物が暫定的に同定された。さらに、19のフェーズII代謝産物​​が新しい化合物でした。in vivoでラットにおける(+) – カテキンの代謝反応は、開環、硫酸化、グルクロン酸抱合、メチル化、脱ヒドロキシル化および脱水素化であることがわかった。尿、血漿、小腸、腎臓、肝臓、肺、心臓、脳および脾臓において検出された代謝産物の数は、それぞれ53、23、27、9、7、5、3、2および1であった。これは、小腸、腎臓および肝臓が(+) – カテキン代謝産物の分布のための主要な器官であることを示した。さらに、文献によると、8つの代謝産物が生物活性を有することがわかった。これらの結果は、より良い理解のために非常に有用であるin vivoで(+)の代謝-カテキンおよびその薬理作用、またの効果的なフォームに強い兆候を与えることができます(+) -カテキン、in vivoで。著作権©2013 John Wiley&Sons、Ltd.
引用文献
サポート情報
バック
ワイリーオンライン図書館について
個人情報保護方針
利用規約
クッキー
アクセシビリティ
ヘルプサポート
お問い合わせ
機会
購読エージェント
広告主と企業パートナー
ワイリーとつながる
ワイリーネットワーク
ワイリープレスルーム
https://onlinelibrary.wiley.com/doi/abs/10.1002/bmc.3034