キーワード:( – ) – エピガロカテキン-3- O – (3- O-メチル)ガレート、 吸収、 ベニフキ、 ( – ) – エピガロカテキン-3- O-(4- O-メチル)ガレート、 バイオアベイラビリティ、 カテキン
ジャーナル フリー HTML
2013 36巻10頁1577-1582
DOI https://doi.org/10.1248/bpb.b13-00349
詳細
本文(HTML形式)
PDFをダウンロード (667K)
メタデータをダウンロード
RIS形式
(EndNote、Reference Manager、ProCite、RefWorksとの互換性あり)
BIB TEX形式
(BibDesk、LaTeXとの互換性あり)
テキスト
メタデータのダウンロード方法
発行機関連絡先
記事の概要
抄録
( – ) – エピガロカテキン−3− O−(3 − O−メチル)ガレート(EGCG3” Me)および( – ) – エピガロカテキン−3− O−(4− O−メチル)ガレート(EGCG4” Me)はO – である。Benifuukiのような茶栽培品種に存在する( – ) – エピガロカテキン-3 – O-没食子酸(EGCG)のメチル誘導体。がO -メチルEGCGsは、様々な生理活性を持っている、彼らのバイオアベイラビリティが決定されていません。本研究では、EGCGとのバイオアベイラビリティ比較OラットにおけるメチルEGCGsを、との薬物動態を明らかにO -メチルEGCGsを。経口投与(100 mg / kg)後の濃度 – 時間曲線下面積(AUC)s)EGCG、EGCG3″ Me、およびEGCG4″ Meは、それぞれ39.6±14.2 µg・h / L、317.2±43.7 µg・h / L、および51.9±11.0 µg・h / Lであった。静脈内投与後のAUC(10 mg / kg)は、EGCGでは2772±480 µg・h / L、EGCG3″ Meでは8209±549 µg・h / L、EGCG4″ Meでは2465±262 µg・h / Lであった。EGCG3″ Me(0.38%)のバイオアベイラビリティーは最も高かった(EGCG:0.14%およびEGCG4″ Me:0.21%)。EGCG3″ Me(0.26±0.02L / kg)の分布容積は最も低かった(EGCG:0.94±0.16L / kgおよびEGCG4″ Me:0.93±0.14L / kg)。これらの結果は、経口投与後のEGCG3″ Meのより高いAUCが、その高い生物学的利用能および低い分布容量に関連していることを示唆した。これらの知見は、インビボでのEGCG3″ Meのより強い生物活性を支持した。
引用文献 (22)
1)栗田Ⅰ、前田山本M、橘H、亀井誠O – メチル化EGCG を含有する紅ふき茶の血圧降下作用。J.Agric。フードケム 、58,1903−1908(2010)。
2)Kurita I、Kim JH、Auger C、Kinoshita Y、Miyase T、Ito T、Schini-Kerth VB。( – ) – エピガロカテキン−3− O−没食子酸の3”でのヒドロキシル化は、4”ではなく、内皮細胞における内皮NOシンターゼのPI3−キナーゼ/ Akt依存性リン酸化および冠状動脈輪の弛緩に必須である。フードファンク 、4,249−257(2013)。
3)Yoshino K、Miyase T、SanoM。茶カテキンのC-2エピマー異性体のマウスI型アレルギーに対する予防効果。J.Nutr。サイ。ビタミン。(東京)、56、211〜215(2010)。
4)Adhami VM、Siddiqui IA、Ahmad N、Gupta S、MukhtarH。緑茶ポリフェノールの経口摂取は、前立腺癌のマウスの自発性モデルにおいてインスリン様成長因子Iが誘導するシグナル伝達を阻害する。Cancer Res。、64、8715〜8722頁(2004年)。
5)佐野M、鈴木M、宮瀬T、吉野K、前田山本M。ウーロン茶から単離された新規抗アレルギーカテキン誘導体。J.Agric。フードケム 、47,1906−1910(1999)。
もっと見る
図 (6)
もっと見る
引用文献(14)
Qunqin飛、元高、新張、等。ウーロン茶ポリフェノール、EGCG、およびEGCG3″ Meが膵臓のα-アミラーゼ活性に及ぼす影響 農業と食品化学のジャーナル。2014、Vol.62、No.39、p.9507。
Aline Santana、Aline Santamarina、Gabriel Souza、他。エピガロカテキン-3-ガレートを多く含むカフェイン抜きの緑茶抽出物は、正常脂質食でインスリン抵抗性と代謝プロファイルを改善しますが、高脂肪食を与えたマウスでは改善しません。栄養生化学ジャーナル。2015、Vol.26、No.9、p.893。
鈴木のりえ、岸本佳美、斎田恵美他 緑茶カテキンは、ヒトの低密度リポタンパク質粒子へのそれらの蓄積を介して低密度リポタンパク質の酸化を防止する。栄養調査 2016、Vol.36、No.1、p.16。
Yu-Jie Zhang、Ren-You Gan、Sha Liら。慢性疾患の予防と治療のための抗酸化植物化学物質 分子 2015、Vol.20、No.12、p.21138。
ヤンヤン、龍梁橋、新張など。3T 3 ‐L 1脂肪前駆細胞の増殖と分化に及ぼす中国ウーロン茶由来のメチル化茶カテキンの影響 Fitoterapia。2015、Vol.104、p.45。
Mei Cheng、Xin Zhang、Yingjie Miaoら。高脂肪食誘発肥満マウスモデルの腸内細菌叢に対する( – ) – エピガロカテキン3 ‐ O‐(3 ‐ O‐メチル)ガレート(EGCG 3″ Me)の調節効果 フードリサーチインターナショナル。2017年、Vol.92、p.9。
Alexandru Filippi、Oana-Alina Ciolac、Constanța Ganeaなど。悪性疾患における食事性植物化学物質の分子標的としてのErbB蛋白質 腫瘍学ジャーナル。2017、Vol.2017、p.1。
梅原正博、柳江浩二、内田博子他 LC / MS ‐ MS分析による茶葉中のエピガロカテキン‐3O‐カフェ酸およびエピガロカテキン‐3O ‐ p‐クマロエートの研究 フードリサーチインターナショナル。2017、Vol.102、p.77。
富成司、市丸良太、吉之内正成、他 マウスにおけるLPS誘発破骨細胞形成、骨吸収および歯槽骨減少に対するO‐メチル化( – ) – エピガロカテキンガレート(EGCG)の効果 FEBSオープンバイオ。2017年、第7巻、第12号、1972ページ。
建花李、Shengxiang Chen、Mingzhu Zhu、他。四種類の四川茶中のカテキン類と抗酸化活性の比較 IOP会議シリーズ地球環境科学 2017、Vol.94、p.012110。
Maged Younes、Peter Aggett、Fernando Aguilar、他。緑茶カテキンの安全性に関する科学的見解 EFSAジャーナル。2018年、第16巻、第4号、
新張、Yuhui Chen、Jieyu Zhuなど。( – ) – エピガロカテキン3 ‐ O‐(3 ‐ O‐メチル)ガラート(EGCG 3″ Me)を給餌した高脂肪食誘発肥満マウスモデルにおける腸内細菌叢のメタゲノミクス解析 分子栄養および食品研究 2018、Vol.62、No.13、p.1800274。
Man Zhang、Xin Zhang、Chi-Tang Hoら。茶ポリフェノール( – ) – エピガロカテキン3 ‐ O‐(3 ‐ O‐メチル)ガレートの化学と健康への影響 農業と食品化学のジャーナル。2018、
Yedidya Zagury、Meital Kazir、Yoav D. Livney。β-ラクトグロブリン粒子中での送達によるEGCGの抗酸化活性、バイオアクセシビリティおよびバイオアベイラビリティの改善。機能性食品ジャーナル。2019、Vol.52、p.121。
©2013日本薬学会
前の記事次の記事
お気に入り & アラート
お気に入りに追加
追加情報アラート
被引用アラート
認証解除アラート
オルトメトリクス
閲覧履歴
茶カテキンのC ‐ 2エピマー異性体のマウスI型アレルギーに対する予防効果
カテキン代謝のメカニズム
前身誌
公衆衛生年報
衛生化学
健康科学ジャーナル
ファーマコバイオダイナミクス
このページを共有する
編集・発行 : 公益社団法人日本薬学会
制作・登載者 : (株)国際文献社

資料を探す
すべてのジャーナルから探す
すべての専門分野から探す
すべての発行機関から探す
J-STAGEについて
J-STAGE概要
閲覧者の方へ
発行機関の方へ
論文著者の方へ
外部サービスとの連携
公開データ
サポート&ニュース
ニュース
ガイドラインとマニュアル
発行機関向け情報
J-STAGEのその他のサービス
よくある質問
お問い合わせ
推奨環境
利用規約&ポリシー
利用規約&ポリシー
(個人利用者向け)
利用規約&ポリシー
(発行機関向け)
https://www.jstage.jst.go.jp/article/bpb/36/10/36_b13-00349/_article/-char/ja/