抽象
ライチ(Litchi chinensis)果皮(LPOPC)由来のA型オリゴマープロシアニジンを用いた介入研究は、心血管疾患に対するその防御効果を示唆していた。しかし、LPOPCの吸収と代謝についてはコンセンサスがありません。LPOPCの主成分が( – ) – エピカテキン、A型プロシアニジン二量体、三量体および四量体であることが示された。ラットに異なるレベルのLPOPC(150および300 mg / kg bw)を経口投与し、投与 後18 時間目に尿中のプロシアニジンとその微生物代謝産物をHPLC-MS / MS分析で同定した。データは、排泄された7 種類の芳香族酸代謝物が300 mg / kg 体重のLPOPC によって有意に増加したことを示した(P < 0.01 )しかし、 300 mg / kg 体重のLPOPC投与後1 時間のラット血漿には、( – ) – エピカテキンとそのメチル化誘導体のみが検出された。プラズマに吸収される全EC含有量は、2.54であった ± 0.53 LPOPCの生物学的特性は、おそらく、その微生物により説明フェノール酸を分解しなければならないことを示す、モル/ L。
ハイライト
►単量体から四量体へのA型プロシアニジンの吸収と尿中排泄をラットで調べた。►プロシアニジン摂取量とその代謝物の排泄量の用量反応関係を議論しました。►A型プロシアニジンの有益な健康への影響は、その微生物代謝産物と関連していました。
前号の記事次の記事問題で
キーワード
A型プロシアニジンオリゴマー( – ) – エピカテキン吸収微生物代謝産物ラット

https://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S0308814612015816