抽象
( – ) – エピガロカテキン-3 – O-没食子酸(EGCg)は、内皮型NOシンターゼの酸化還元感受性Src / PI3-キナーゼ/ Akt依存型リン酸化を介して内皮依存型一酸化窒素(NO)を介した弛緩を誘導することが示されている。eNOS)主にBおよびD環上の8個のヒドロキシル官能基の存在は、eNOSのEGCg誘導活性化に必須であるが、各個々のヒドロキシル官能基の相対的役割は依然として不明のままである。本研究では、水酸基の選択的置換の効果を検討した。メトキシ AktおよびeNOSのEGCg誘導リン酸化におけるB環またはD環上の部分、 活性酸素種培養冠状動脈内皮細胞における(ROS)とNO、および冠状動脈輪の内皮依存性弛緩 による単一のヒドロキシルの置換メトキシ基位置3 ‘、4’または4 ”では、AktおよびeNOSのEGCg誘導性リン酸化、内皮細胞におけるROSおよびNOの形成、ならびに内皮依存性弛緩の誘導にはほとんど影響を及ぼさなかった。対照的に、3 ‘位のシングルメチル化および3’位および4 ‘位の両方のダブルメチル化は、AktおよびeNOSのリン酸化、内皮細胞におけるROSおよびNOの形成、ならびに動脈輪の弛緩を著しく減少させた。これらの知見は、没食子環の3 ”位のヒドロキシル基が、またある程度、EGCg誘導酸化還元感受性のためには3 ‘位および4’位の2つのヒドロキシル基が必須であることを示唆する。活性化 その後のNO媒介血管弛緩をもたらすeNOSの減少。
要約:4 ”ではなく3 ”での( – ) – エピガロカテキン-3-O-ガレートのヒドロキシル化は、内皮細胞における内皮NOシンターゼのPI3-キナーゼ/ Akt依存性リン酸化および冠状動脈の弛緩に必須である動脈リング

によって引用
関連する
タブナビゲーションに戻る
この記事で購入
*£42.50を
*税抜き
この記事には9ページが含まれています
このコンテンツにアクセスする他の方法
あなたの所属機関の資格情報を使って
ログイン
あなたの会員または加入者アカウントで
サインイン
Article has an altmetric score of 1
出版物の詳細
この記事は2012年4月13日に受信され、2012年10月11日に承認され、2012年10月11日に最初に公開されました
つぶやき
シェア
記事の種類:紙
DOI:10.1039 / C2FO30087G
引用:フードファンク。、2013年、4、249-257
許可を要求する
著者による記事の検索
栗田郁子
キム・ジョンフン
シリルオージェ
木下洋介
宮瀬敏雄
伊藤達彦
ヴァレリー・B・スキニ – ケース
スポットライト
広告
雑誌、書籍、データベース
王立化学協会ホームページ
ホーム
私たちに関しては
会員と専門家コミュニティ
キャンペーンとアウトリーチ
雑誌、書籍、データベース
リソースとツール
ニュース&イベント
所在地と連絡先
キャリア
賞と資金
宣伝する
ヘルプ&リーガル
個人情報保護方針
利用規約
https://pubs.rsc.org/en/content/articlelanding/2012/fo/c2fo30087g/unauth#!divAbstract