抽象
緑茶抽出物は、さまざまな病気のリスクを減らすことで有名です。ここでは、緑茶抽出物の主成分の1つである茶多糖(TPS)の免疫賦活活性について調べました。成熟または未熟茶葉からの水抽出物は、室温でエタノールを使用することによって沈殿させた。沈殿物をエタノールとアセトンで交互に洗浄した後、乾燥させた。マクロファージ様細胞の食作用活性を免疫機能活性化の指標として用いた。化学成分はHPLCにより分析した。未熟葉抽出物からのTPSの免疫刺激活性は成熟葉からのTPSのそれより高く、その活性は葉抽出物中のストリクチニンの含有量に依存していた。さらに、ポリフェノールを除去したカテキンとTPSの混合物は免疫刺激活性を増加させなかった。
キーワード: カテキン; 粗多糖類。緑茶抽出物; 免疫賦活作用; strictinin
閲覧:PDF | リンク付きPDF | フルテキストHTML
引用記事
関連性のあるコンテンツ
引用データは、Crossrefの Cited-by Linkingサービスの参加者によって利用可能になります 。この記事の引用のより包括的なリストについては、ユーザーはSciFinderで検索を実行することをお勧めします。
表紙画像
茶多糖類はインターロイキン6 / STAT3経路を介して大腸炎関連結腸直腸癌を阻害する
Li Qiao Liu Shao Ping Nie Ming Yue Shen Jie Lun Hu Qiang Yu Deming Gong Ming Yong Xie
農業と食品化学ジャーナル 2018 66 (17)、4384-4393
アブストラクト | フルテキストHTML | PDF | リンク付きPDF
表紙画像
MALDI ‐ MSイメージングによるマウス腎臓内の経口投与されたストリクチニンのその場ラベルフリー可視化
ユン喜 キム、 藤村義則、 佐々木雅子、 雪 ヤン、 大地 行平、 三浦大輔、 海野由美、 緒方是嗣、 中島弘樹、 山下修也、 中原かなみ、 村田元樹、 I-キオス島 林、 ishi石裕之、 山田浩二、そして 橘ひろふみ
Journal of Agricultural and Food Chemistry 2014 62 (38)、9279-9285
アブストラクト | フルテキストHTML | PDF | リンク付きPDF
表紙画像
Homogalacturonans from Preinfused Green Tea: Structural Characterization and Anticomplementary Activity of Their Sulfated Derivatives
Huijun Wang, Songshan Shi, Xuelan Gu, Chao Zhu, Guodong Wei, Hongwei Wang, Bin Bao, Hongwei Fan, Wuxia Zhang, Jinyou Duan, and Shunchun Wang
Journal of Agricultural and Food Chemistry 2013 61 (46), 10971-10980
Abstract | Full Text HTML | PDF | PDF w/ Links
表紙画像
High-Yield Total Synthesis of (−)-Strictinin through Intramolecular Coupling of Gallates
Naoki Michihata, Yuki Kaneko, Yusuke Kasai, Kotaro Tanigawa, Tsukasa Hirokane, Sho Higasa, and Hidetoshi Yamada
The Journal of Organic Chemistry 2013 78 (9), 4319-4328
Abstract | Full Text HTML | PDF | PDF w/ Links
表紙画像
Inhibitory Effects and Molecular Mechanisms of Selenium-Containing Tea Polysaccharides on Human Breast Cancer MCF-7 Cells
Nianwu He, Xiaolong Shi, Yan Zhao, Lingmin Tian, Dongying Wang, and Xingbin Yang
Journal of Agricultural and Food Chemistry 2013 61 (3), 579-588
Abstract | Full Text HTML | PDF | PDF w/ Links
表紙画像
Hyperbranched Acidic Polysaccharide from Green Tea
Liqun Yang, Shanshan Fu, Xiane Zhu, Li-Ming Zhang, Yanrui Yang, Xiaomin Yang, and Hui Liu
Biomacromolecules 2010 11 (12), 3395-3405
Abstract | Full Text HTML | PDF | PDF w/ Links
表紙画像
Composition and Systemic Immune Activity of the Polysaccharides from an Herbal Tea (Lycopus lucidus Turcz)
Xingbin Yang, You Lv, Lingmin Tian and Yan Zhao
Journal of Agricultural and Food Chemistry 2010 58 (10), 6075-6080
Abstract | Full Text HTML | PDF | PDF w/ Links
表紙画像
Metabolomics Analysis Reveals the Compositional Differences of Shade Grown Tea (Camellia sinensis L.)
Kang Mo Ku, Jung Nam Choi, Jiyoung Kim, Jeong Kee Kim, Lang Gook Yoo, Sang Jun Lee, Young-Shick Hong and Choong Hwan Lee
Journal of Agricultural and Food Chemistry 2010 58 (1), 418-426
Abstract | Full Text HTML | PDF | PDF w/ Links
表紙画像
Metabolomics Analysis Reveals the Compositional Differences of Shade Grown Tea (Camellia sinensis L.)
Kang Mo Ku, Jung Nam Choi, Jiyoung Kim, Jeong Kee Kim, Lang Gook Yoo, Sang Jun Lee, Young-Shick Hong and Choong Hwan Lee
Journal of Agricultural and Food Chemistry 0 (proofing),
Abstract | Full Text HTML
表紙画像
Protective Effects of Tea Polysaccharides and Polyphenols on Skin
Xinlin Wei, Ying Liu, Jianbo Xiao and Yuanfeng Wang
Journal of Agricultural and Food Chemistry 2009 57 (17), 7757-7762
Abstract | Full Text HTML | PDF | PDF w/ Links
表紙画像
Protective Effects of Tea Polysaccharides and Polyphenols on Skin
Xinlin Wei, Ying Liu, Jianbo Xiao and Yuanfeng Wang
Journal of Agricultural and Food Chemistry 0 (proofing),
Abstract | Full Text HTML
表紙画像
Microwave Heating of Tea Residue Yields Polysaccharides, Polyphenols, and Plant Biopolyester
Shuntaro Tsubaki, Hiroyuki Iida, Masahiro Sakamoto and Jun-ichi Azuma
Journal of Agricultural and Food Chemistry 2008 56 (23), 11293-11299
Abstract | Full Text HTML | PDF | PDF w/ Links
表紙画像
Isolation and Characterization of Immunostimulatory Polysaccharide from an Herb Tea, Gynostemma pentaphyllum Makino
Xingbin Yang, Yan Zhao, 英 陽 そして ユン ルアン
Journal of Agricultural and Food Chemistry 2008 56 (16)、6905-6909
アブストラクト | フルテキストHTML | PDF | リンク付きPDF
記事のオプション
PDF (400 KB)
リンク付きPDF (223 KB)
フルテキストHTML
抽象

参考文献
引用記事
お気に入りに追加
引用をダウンロード
同僚にメールする
注文の転載
権利と許可
引用アラート
ACS ChemWorxに追加する
SciFinderの購読者 サインイン
この記事の詳細な記録を検索する
この記事で索引付けされている物質を検索する
この記事に引用されているすべての参考文献を取得する
この記事を引用しているすべての文献を検索する
で探す:
この記事の著者
誰でも
研究テーマ
サーチ
Metrics
記事の閲覧数:1,274タイムズ
2007年10月24日に受信
2008年1月3日に承認された日付
2008年1月31日にオンライン公開
2008年2月1日発行の印刷物
+高度ロゴアイコンより多くの記事の測定基準
最新の問題最新のニュース
カバーストーリー表紙画像
「永遠の化学物質」はもうない?
ノースカロライナ州のスウィーニー浄水場では、エンジニアが新しいシステムの設計を仕上げています…
科学濃度記事のイメージ
人工細胞は小さな腫瘍を検出する
がんを早期に発見することは困難です。ポジトロンエミッショントモグラフィー(PET)のようなイメージングアプローチはできません…
ビジネス濃度記事のイメージ
DCAT Weekで小分子が揺れ動く
医薬品、化学、および関連技術協会(DCAT)週間、年次総会。
ポリシー濃度記事のイメージ
インドは米国のエビ拒絶に抗議
インドは、米国食品医薬品局によるエビの出荷拒否について懸念を表明しています…
A new spring for polymers in Japan
Concern about ability to innovate is leading to the invention of new industrial materials
How to cultivate ideas from a conference
From our archives: An essay on cobalt, by Ekkehard Schwab
To celebrate the International Year of the Periodic Table, C&EN is re-releasing its favorite …
Study suggests that sea spray plays an important role in spreading perfluoroalkyl acid pollutants into the air
Instead of staying in the ocean, significant amounts of chemicals like PFOS and PFOA …
Ferumoxytol, an iron-based nanoparticle drug marketed as Feraheme, kills leukemia cells in mice
The already-approved drug could increase treatment options for this challenging cancer
Artificial organelles are designed for protein engineering
Phase separation sequesters the machinery for repurposing stop codons
Politics, Persecution, and the Prize: Lise Meitner and the Discovery of Nuclear Fission
At present, Lise Meitner is almost as well known for not having been awarded …
Spinning a Tool From a Toy
One might be tempted to judge the ubiquitous fidget spinner, twirled endlessly between the …
Discover Chemistry’s Impact on Cancer Research at AACR 2019
The American Chemical Society (ACS) and ACS Publications will be in the Peach State …
Virtual Issue: Molecular Imaging
Molecular Imaging is a relatively new biomedical research field that has gained significant traction …
Urine Metabolite Could Signal Tuberculosis Treatment Success
A newly characterized metabolite in urine could one day help predict whether tuberculosis treatment …
Discover the Most-Read Physical Chemistry Articles of February 2019
記事の範囲を調べるには、さまざまな方法があります。…
このウェブサイトはあなたのユーザーエクスペリエンスを向上させるためにクッキーを使います。このサイトを継続して使用することで、あなたは私たちのクッキーの使用を受け入れていることになります。ACSのプライバシーポリシーを読んでください。 持続する
パブのロゴ
1155 Sixteenth Street NW
ワシントンDC 20036
著作権©2019
アメリカ化学会
製品情報
ジャーナルA〜Z
電子ブック
C&EN
C&ENアーカイブ
ACSレガシーアーカイブ
ACSモバイル
ビデオ
ユーザーリソース
私たちに関しては
ACSメンバー
図書館員
ACS出版センター
ウェブサイトのデモ
個人情報保護方針
携帯サイト
サポート
助けを得ます
広告主向け
機関販売
ライブチャット
パートナー
Atypon コーラス コペ カウンタ CrossRef クロスチェックデポジター オーキッド ポルティコ
https://pubs.acs.org/doi/abs/10.1021/jf073127h