抽象
エピガロカテキン-3-O-(3-O-メチル) – 没食子酸(O-)を含む「ベニフキ」緑茶の効果と安全性を評価するために、スギ花粉症患者を対象に二重盲検臨床試験を実施した。プラセボとしての「やぶきた」緑茶と、「ベニフキ」緑茶としょうが抽出物の組み合わせ。第一に、「ベニフキ」緑茶と様々な野菜抽出物の組み合わせがサイトカイン産生抑制に及ぼす影響を肥満細胞を用いて調べた。「紅ふき」の緑茶としょうが抽出物を同時に使用すると、サイトカイン(TNF-αまたはMIP1-α)の産生が著しく抑制されることがわかりました。被験者には、1.5gの紅茶抽出物を含む紅茶、紅茶抽出物を含む紅紅茶、またはやぶきた 13週間毎日2回水で緑茶。スギ花粉の飛散が増加するにつれて、グループ間の花粉症の症状の重症度は次の順序で増加することが観察された:プラセボグループ「ベニフキ」、「ベニフキ」および生姜グループ。治療開始から11週間後、最も重度のスギ花粉飛散期間中に、鼻水およびかゆみを伴う眼の症状がプラセボ群と比較して「ベニフキ」群の間で有意に軽減された(p 0.05)。「ベニフキ」と生姜のグループでは、鼻水、かゆみ、鼻症状スコアが11週目に有意に低下し、鼻づまり、のどの痛み、鼻症状投薬スコアが 群間の花粉症症状の重症度は、プラセボ群「ベニフキ」、群「ベニフキ」、生姜群の順に増加することが観察された。治療開始から11週間後、最も重度のスギ花粉飛散期間中に、鼻水およびかゆみを伴う眼の症状がプラセボ群と比較して「ベニフキ」群の間で有意に軽減された(p 0.05)。「ベニフキ」と生姜のグループでは、鼻水、かゆみ、鼻症状スコアが11週目に有意に低下し、鼻づまり、のどの痛み、鼻症状投薬スコアが 群間の花粉症症状の重症度は、プラセボ群「ベニフキ」、群「ベニフキ」、生姜群の順に増加することが観察された。治療開始から11週間後、最も重度のスギ花粉飛散期間中に、鼻水およびかゆみを伴う眼の症状がプラセボ群と比較して「ベニフキ」群の間で有意に軽減された(p 0.05)。「ベニフキ」と生姜のグループでは、鼻水、かゆみ、鼻症状スコアが11週目に有意に低下し、鼻づまり、のどの痛み、鼻症状投薬スコアが 最も重度のスギ花粉飛散期間中、鼻水とかゆみを伴う眼の症状はプラセボ群と比較して「ベニフキ」群の間で有意に軽減された(p 0.05)。「ベニフキ」と生姜のグループでは、鼻水、かゆみ、鼻症状スコアが11週目に有意に低下し、鼻づまり、のどの痛み、鼻症状投薬スコアが 最も重度のスギ花粉飛散期間中、鼻水とかゆみを伴う眼の症状はプラセボ群と比較して「ベニフキ」群の間で有意に軽減された(p 0.05)。「ベニフキ」と生姜のグループでは、鼻水、かゆみ、鼻症状スコアが11週目に有意に低下し、鼻づまり、のどの痛み、鼻症状投薬スコアが
Agrovocキーワード
お茶
ダイエット
ショウガ
アレルゲン
抜粋
その他の科目

お茶

ジェニブレ
ぎんげん
ジャーナルから
日本食品科学技術学会誌
ISSN :1341-027X
同じジャーナルのAGRIS記事
メナジオン触媒ルミノール化学発光アッセイを用いた牛乳中の大腸菌群の迅速かつ簡単な検出[2007] [English]
沖縄[日本]サツマイモ(Ipomoea batatas L.)葉における葉酸とポリフェノールの特性[2007] [日本語]
その他の情報
言語 :日本語
タイプ :概要
AGRISで以来 :2006
AGRIS:農業科学技術のための国際情報システム
AGRISについての フィードバック アギントラ
FAOの部門とオフィス
連絡先
公益事業
部署
オフィス
http://agris.fao.org/agris-search/search.do?recordID=JP2006005680