執筆者:前田山本マリ
出典: 現行の医薬品デザイン、第19巻、第34号、2013年、6148〜6155ページ(8)
出版社:ベンサムサイエンス出版社
<前の記事| 目次を見る|次の記事>
抽象
参考文献
引用
補足データ
記事メディア
測定基準
多くの以前の疫学的研究は、緑茶または緑茶カテキンが生活習慣病の予防に寄与していることを明らかにしました。緑茶の摂取量と心血管疾患(CVD)リスク/ 2型糖尿病リスクとの関係についてのコホート研究がいくつか行われています。その結果、緑茶の摂取量(1日5杯以上)は、CVDによる死亡率とすべての原因に反比例することが示されました。CVD死亡率の範囲内で、脳卒中死亡率の最も強い逆相関が観察されました。さらに、緑茶、コーヒー、および総カフェインの摂取は、2型糖尿病のリスクの低下と関連していました。一方、無作為化臨床試験(RCT)試験の分析は、緑茶飲料または抽出物の投与が血清総コレステロールおよびLDLコレステロール濃度の有意な減少をもたらすが、HDLコレステロールには明らかな影響を及ぼさないことを示した。緑茶は、HbA1cレベルの改善は見られなかったが、小介入試験で空腹時血糖値を低下させた。カテキンとカフェインを含む緑茶の連続摂取(1日5杯以上)は、体重管理、LDLコレステロール改善による血管疾患リスクの低下、空腹時血糖値の低下による2型糖尿病リスクの低下に有益です。HbA1cレベルの改善は見られなかったが。カテキンとカフェインを含む緑茶の連続摂取(1日5杯以上)は、体重管理、LDLコレステロール改善による血管疾患リスクの低下、空腹時血糖値の低下による2型糖尿病リスクの低下に有益です。HbA1cレベルの改善は見られなかったが。カテキンとカフェインを含む緑茶の連続摂取(1日5杯以上)は、体重管理、LDLコレステロール改善による血管疾患リスクの低下、空腹時血糖値の低下による2型糖尿病リスクの低下に有益です。
から単離されたエピガロカテキン−3 − O−(3 − O−メチル)ガレート(EGCG3” Me)。「ベニフキ」緑茶は、細胞タンパク質キナーゼのチロシンリン酸化(Lyn)の抑制、およびミオシン軽鎖リン酸化および高親和性IgE受容体の抑制を介して、肥満細胞活性化およびヒスタミン放出をFcepsilonRI架橋後に強く阻害することが示されている。 67kDaラミニン受容体への結合を介した発現。スギ花粉症患者を対象とした二重盲検臨床試験を実施した。スギ花粉飛散の最も激しい期間と一致していた摂取開始後11週目に、鼻吹きや目のかゆみなどの症状はプラセボ群と比較してベニフキ群で有意に軽減されました。O-メチル化カテキンを含むベニフキ緑茶の6週間の摂取は、スギ花粉症に由来する症状のいくつかを軽減するのに有用であり、スギ花粉症の被験者の正常な免疫反応のいずれにも影響を及ぼさなかった。栽培品種の影響、作物のお茶の季節および製造方法の調査に基づいて、第2作物期の完熟ベニフキから作られた緑茶または半発酵茶は消費されるべきであると結論付けられました。
キーワード: アレルギー。 カテキン ; エピガロカテキン−3 − O−(3 − O−メチル)ガレート。 生活習慣病 ; お茶
文書タイプ:研究論文
発行日:2013/10/01
この出版物についてもっと知りたいですか?
Powered by Google 翻訳翻訳
コンテンツを共有する
ディゴ
アクセスキー
フリーコンテンツ
部分無料コンテンツ
新しいコンテンツ
オープンアクセスコンテンツ
部分オープンアクセスコンテンツ
購読しているコンテンツ
部分購読コンテンツ
無料トライアルコンテンツ
出版物で閲覧する
主題別にブラウズ
出版社による閲覧
高度な検索
私たちに関しては
研究者
図書館員
出版社
新機能のタイトル
助けて
お問い合わせ
ingenta会社のロゴCrossrefロゴ プロジェクトカウンターのロゴ ウェブサイト© 2019 Ingenta。記事の著作権は、記事内で指定されているとおり、発行者、社会、または作成者に帰属します。
規約と条件
プライバシー
広告主のための情報
https://www.ingentaconnect.com/content/ben/cpd/2013/00000019/00000034/art00009