マリ前田・山本* †、香織エマ†、Mamami物部†、佳子徳田†、および博文橘‡
†独立行政法人日本食品農業研究機構農業食品研究機構、静岡2769、静岡428-8501
‡バイオサイエンスとバイオテクノロジー学科農学部、およびバイオアーキテクチャーセンター、九州大学、九州、日本
J.Agric。フードケム 、2012年、60(9)、2165〜2170頁
DOI: 10.1021 / jf204497b
発行日(Web):2012年2月16日
著作権©2012アメリカ化学会
*電話番号:+ 81-547-45-4101。FAX:+ 81-547-46-2169。marimy@affrc.go.jpにメールしてください。
これを引用:J Agric。フードケム 2012、60 、 9 、 2165年から2170年
抽象
エピガロカテキン−3− O−(3” −O−メチル) – ガレート(EGCG3” Me)およびEGCG3” Meが豊富な緑茶(Camellia sinensis L.)の栽培品種「ベニフキ」は抗アレルギー作用を示すことが報告されている。本研究の目的は、ネズミ骨髄肥満細胞(BMMC)からのヒスタミン遊離に対するさまざまな茶葉カテキンの効果を調べることでした。50μg / mLの用量で、ヒスタミン放出阻害の順位は、エピカテキン−3 − O−(3” −O−メチル) – ギ酸塩(ECG3” Me)>ガロカテキン−3− O−(3)であることが観察された。″ – O – メチル) – ガレート(GCG3” Me)> EGCG3” Me>ガロカテキンガレート(GCG)>カテキンガレート(CG)> EGCG>エピカテキンガレート(ECG)>エピガロカテキン(EGC)>ガロカテキン(GC)。HPLCにより分析された様々な茶栽培品種のうち、ECG3″ Meの最大含有量は 『ベニフキ』の3番目の収穫物(1.05%乾燥重量)に見出された。さらに、「ベニフキ」茶葉のECG3″ Me含有量はEGCG3″ Me含有量と正の相関があった。ECG3” MeとEGCG3” Meの混合物のアッセイでは、ECG3” Meの含有量が増加するにつれて阻害活性(合計50μg / mL)が増加した。これは、EGCG3″ Meについて報告されているように、ECG3″ Meが 『紅風吹』茶の抗アレルギー作用に関連している可能性があることを示唆している。
キーワード: エピカテキン-3- O – (3 ” – O -メチル)-gallate(ECG3″ Meの); ヒスタミン遊離抑制作用。HPLC分析。紅ふき茶
表示:ACSアクティブビューのPDF | PDF | リンク付きPDF | フルテキストHTML
引用記事
関連性のあるコンテンツ
引用データは、Crossrefの Cited-by Linkingサービスの参加者によって利用可能になります 。この記事の引用のより包括的なリストについては、ユーザーはSciFinderで検索を実行することをお勧めします。
表紙画像
三元系エピガロカテキンガレート+ MCl + H 2 O(M = Li、Na、K)の温度での体積特性と粘度B-係数288.15–308.15 K
大偉 リー、 広安 李、 Pingfeng 総統、 浙江省 シェン、 Mengfan フー、 ウェンジュン ファング、そして Weidong Yan
Journal of Chemical&Engineering Data 2016 61 (5)、1777-1792
アブストラクト | フルテキストHTML | PDF | リンク付きPDF
表紙画像
中国ウーロン茶からの( – ) – エピガロカテキン3 – O – (3- O-メチル)ガレート(EGCG3″ Me)の抗酸化および肝保護効果
新 張、 Zufang Wu、そして ペイファン ウェン
Journal of Agricultural and Food Chemistry 2014 62 (41)、10046-10054
アブストラクト | フルテキストHTML | PDF | リンク付きPDF
表紙画像
T細胞およびマウス喘息モデルにおけるT H 2反応の抑制を介したブラジリンの抗アレルギー性喘息特性
Chen-Chen Lee、 Chien-Neng Wang, Jaw-Jou Kang, Jiunn-Wang Liao, Bor-Luen Chiang, Hui-Chen Chen, Chien-Ming Hu, Chia-Der Lin, Shih-Hsuan Huang, and Yu-Ting Lai
Journal of Agricultural and Food Chemistry 2012 60 (37), 9405-9414
Abstract | Full Text HTML | PDF | PDF w/ Links
Regulation of Immune and Nonimmune Mast Cell Activation by Phenols from Olive Oil
Alicia Beatriz Penissi
2019,
Anti-inflammatory effects of new catechin derivatives in a hapten-induced mouse contact dermatitis model
Eriko Nakano, Daisuke Kamei, Remi Murase, Iori Taki, Koji Karasawa, Kiyoshi Fukuhara, Shinichi Iwai
European Journal of Pharmacology 2019 845, 40-47
The evaluation of the quality of Feng Huang Oolong teas and their modulatory effect on intestinal microbiota of high-fat diet-induced obesity mice model
Yuhui Chen, Xin Zhang, Lu Cheng, Xiaojie Zheng, Zhicheng Zhang
International Journal of Food Sciences and Nutrition 2018 69 (7), 842-856
“Benifuuki” Extract Reduces Serum Levels of Lectin-Like Oxidized Low-Density Lipoprotein Receptor-1 Ligands Containing Apolipoprotein B: A Double-Blind Placebo-Controlled Randomized Trial
Masahiro Miyawaki, Hiroyuki Sano, Hisashi Imbe, Reiko Fujisawa, Keiji Tanimoto, Jungo Terasaki, Mari Maeda-Yamamoto, Hirofumi Tachibana, Toshiaki Hanafusa, Akihisa Imagawa
Nutrients 2018 10 (7), 924
Far-Infrared Optimization of the Fragrance-Improving Process with Temperature and Humidity Control for Green Tea
Jin-Jie Hua, Hai-Bo Yuan, Yu-Liang Deng, Yong-Wen Jiang, Jin-Jin Wang, Chun-Wang Dong, Jia Li
Journal of Food Science 2018 83 (6), 1668-1675
Development of functional agricultural products utilizing the new health claim labeling system in Japan
Mari Maeda-Yamamoto, Toshio Ohtani
Bioscience, Biotechnology, and Biochemistry 2018 82 (4), 554-563
Catechin attenuates complete freund’s adjuvant induced rheumatoid arthritis: role of histidine decarboxylase
Snehal S Patel
International Journal of Complementary & Alternative Medicine 2018 11 (3),
Effects of O -methylated (−)-epigallocatechin gallate (EGCG) on LPS-induced osteoclastogenesis, bone resorption, and alveolar bone loss in mice
Tsukasa Tominari, Ryota Ichimaru, Shosei Yoshinouchi, Chiho Matsumoto, Kenta Watanabe, Michiko Hirata, Florian M.W. Grundler, Masaki Inada, Chisato Miyaura
FEBS Open Bio 2017 7 (12), 1972-1981
Oolong Tea Polyphenols-Phospholipids Complex Reduces Obesity in High Fat Diet-Induced Mice Model
Li Zhang, Xin Zhang, Mei Cheng, Jinxuan Cao, Zufang Wu, Peifang Weng, Meidi Yan
European Journal of Lipid Science and Technology 2017 119 (12), 1600394
Development of functional agricultural products and use of a new health claim system in Japan
Mari Maeda-Yamamoto
Trends in Food Science & Technology 2017 69, 324-332
Phospholipids modulate Caco-2 transport of EGCG3”Me from Chinese oolong tea
Mei Cheng, Xin Zhang, Zufang Wu, Peifang Weng, Jinxuan Cao
European Journal of Lipid Science and Technology 2017 119 (11), 1600499
Comparison of Catechins and Antioxidant Activity in Four kinds of Sichuan tea
Jianhua Li, Shengxiang Chen, Mingzhu Zhu, Xueli Meng
IOP Conference Series: Earth and Environmental Science 2017 94, 012110
Characterization of white tea metabolome: Comparison against green and black tea by a nontargeted metabolomics approach
Weidong Dai, Dongchao Xie, Meiling Lu, Pengliang Li, Haipeng Lv, Chen Yang, Qunhua Peng, Yin Zhu, Li Guo, Yue Zhang, Junfeng Tan, Zhi Lin
Food Research International 2017 96, 40-45
Metabolomic profiling delineate taste qualities of tea leaf pubescence
Mingzhi Zhu, Na Li, Ming Zhao, Wenliang Yu, Jian-Lin Wu
Food Research International 2017 94, 36-44
Epigallocatechin-3-gallate and Epigallocatechin-3-O-(3-O-methyl)-gallate Enhance the Bonding Stability of an Etch-and-Rinse Adhesive to Dentin
Hao-Han Yu, Ling Zhang, Fan Yu, Fang Li, Zheng-Ya Liu, Ji-Hua Chen
Materials 2017 10 (2), 183
Comparison of the Effects of Three Tea Cultivars (Camellia sinensis L.) on Nitric Oxide Production and Aortic Soluble Guanylate Cyclase Expression in High-Salt Diet-Fed Spontaneously Hypertensive Rats
Sachiko NOMURA, Manami MONOBE, Kaori EMA, Mari MAEDA-YAMAMOTO, Atsushi NESUMI
Journal of Nutritional Science and Vitaminology 2017 63 (5), 306-314
Tea silkworm droppings as an enriched source of tea flavonoids
Tzu-Yun Chou, Meei-Ju Yang, Shih-Kung Tseng, Shoei-Sheng Lee, Chia-Chuan Chang
Journal of Food and Drug Analysis 2017 ,
Green tea cultivar ‘Benifuuki’ potentiates split vaccine-induced immunoglobulin A production
Yeong-Seon Won, Motofumi Kumazoe, Kanako Takamatsu, Yuki Shinoda, Saki Sonoda, Kenji Okada, Takehisa Okamoto, Hirofumi Tachibana
Journal of Natural Medicines 2017 71 (1), 68-75
Alternative Products to Treat Allergic Rhinitis and Alternative Routes for Allergy Immunotherapy
Kagan Ipci, Tugba Oktemer, Nuray Bayar Muluk, Ethem Şahin, Niyazi Altintoprak, Sameer Ali Bafaqeeh, Yasemin Kurt, Ranko Mladina, Marin Šubarić, Cemal Cingi
American Journal of Rhinology & Allergy 2016 30 (5_suppl), S8-S10
Determination and quality evaluation of green tea extracts through qualitative and quantitative analysis of multi-components by single marker (QAMS)
Da-Wei Li, Ming Zhu, Yun-Dong Shao, Zhe Shen, Chen-Chen Weng, Wei-Dong Yan
Food Chemistry 2016 197, 1112-1120
Effects of flavonol-rich green tea cultivar ( Camellia sinensis L.) on plasma oxidized LDL levels in hypercholesterolemic mice
Sachiko Nomura, Manami Monobe, Kaori Ema, Akiko Matsunaga, Mari Maeda-Yamamoto, Hideki Horie
Bioscience, Biotechnology, and Biochemistry 2016 80 (2), 360-362
Quantification of (–)-Epigallocatechin-3-gallate Inhibition of Anaplastic Thyroid Cancer Cell Line Adhesion and Proliferation Using Real-time Cell Analysis
Masayuki MIYAZAWA, Shinichi IWAI, Takeshi HAYASHI, Yuko UDAKA, Akiko SASAKI, Shotaro HASHIMOTO, Takehiko SAMBE, Kiyoshi FUKUHARA, Katsuji OGUCHI
The Showa University Journal of Medical Sciences 2016 28 (2), 135-145
Effect of methylated tea catechins from Chinese oolong tea on the proliferation and differentiation of 3T3-L1 preadipocyte
Yang Yang, Longliang Qiao, Xin Zhang, Zufang Wu, Peifang Weng
Fitoterapia 2015 104, 45-49
3-O-Acyl-epicatechins Increase Glucose Uptake Activity and GLUT4 Translocation through Activation of PI3K Signaling in Skeletal Muscle Cells
Manabu Ueda-Wakagi, Rie Mukai, Naoya Fuse, Yoshiyuki Mizushina, Hitoshi Ashida
International Journal of Molecular Sciences 2015 16 (7), 16288-16299
Synthesis and Crystal Structures of Methyl 3,4,5-Trimethoxybenzoate and 1,2-Dihydro-2,2,4-Trimethylquinoline Derivatives
Jean Fotie, Alan Olvera, Suraj K. Ayer, Honore Djieutedjeu, Pierre F. P. Poudeu
Journal of Chemical Crystallography 2015 45, 1-8
4. The Prevention of Disease Using the Food Function
Mari Maeda-Yamamoto
Nihon Naika Gakkai Zasshi 2015 104 (9), 1819-1824
Hydroxytyrosol and oleuropein of olive oil inhibit mast cell degranulation induced by immune and non-immune pathways
Fabio Andrés Persia, María Laura Mariani, Teresa Hilda Fogal, Alicia Beatriz Penissi
Phytomedicine 2014 21, 1400-1405
Fermentation in vitro of EGCG, GCG and EGCG3″Me isolated from Oolong tea by human intestinal microbiota
Xin Zhang, Xiuling Zhu, Yongkang Sun, Bing Hu, Yi Sun, Saqib Jabbar, Xiaoxiong Zeng
Food Research International 2013 54, 1589-1595
Progress in the analysis of selected tea constituents over the past 20years
ウルフ Stodt、 ウルリッヒH. エンゲルハート
食品研究国際 2013年 53、636から648
アミロイドタンパク質凝集および毒性のモジュレーター:EGCGおよびCLR01
会田 アタール、 ファリド ラヒミ、 ギャル Bitan
並進神経科学 2013 4、
記事のオプション
ACS ActiveView PDF
高解像度印刷、注釈、リファレンス
PDF (1170 KB)
リンク付きPDF (310 KB)
フルテキストHTML
抽象

参考文献
引用記事
お気に入りに追加
引用をダウンロード
同僚にメールする
注文の転載
権利と許可
引用アラート
ACS ChemWorxに追加する
SciFinderの購読者 サインイン
この記事の詳細な記録を検索する
この記事で索引付けされている物質を検索する
この記事に引用されているすべての参考文献を取得する
この記事を引用しているすべての文献を検索する
で探す:
この記事の著者
誰でも
研究テーマ
サーチ
Metrics
記事ビュー:934タイムズ
2011年11月3日に受信
受付日2012年2月16日
2012年2月16日にオンライン公開
2012年3月7日印刷で掲載
+高度ロゴアイコンより多くの記事の測定基準
CURRENT ISSUELATEST NEWS
COVER STORY表紙画像
‘Forever chemicals’ no more?
At the Sweeney Water Treatment Plant in North Carolina, engineers are finalizing designs for a new system…
SCIENCE CONCENTRATES記事のイメージ
Engineered cells detect tiny tumors
Detecting cancer early is difficult. Imaging approaches, like positron-emission tomography (PET), can’t…
BUSINESS CONCENTRATES記事のイメージ
Small molecules hold sway at DCAT Week
The Drug, Chemical, & Associated Technologies Association (DCAT) Week, an annual meeting for the…
POLICY CONCENTRATES記事のイメージ
India protests US rejection of shrimp
India is raising concerns about the rejection of its shrimp shipments by the US Food and Drug Administration…
A new spring for polymers in Japan
Concern about ability to innovate is leading to the invention of new industrial materials
How to cultivate ideas from a conference
私たちのアーカイブから:Ekkehard Schwab著コバルトに関するエッセイ、
国際周期暦年を祝うために、C&ENはそのお気に入りを再リリースしています…
研究は、海中噴霧がペルフルオロアルキル酸汚染物質を大気中に拡散させるのに重要な役割を果たすことを示唆している
海に留まる代わりに、PFOSやPFOAのような大量の化学物質が…
Ferahemeとして販売されている鉄ベースのナノ粒子薬、フェルモキシトールはマウスの白血病細胞を殺す
すでに承認されている薬は、この困難ながんに対する治療法の選択肢を増やす可能性があります。
人工オルガネラはタンパク質工学のために設計されています
相分離は停止コドンを再利用するための機構を隔離する
政治、迫害、そして賞:ライズ・マイトナーと核分裂の発見
現時点では、Lise Meitnerは受賞されていないことでほぼ知られています…
おもちゃから道具を紡ぐ
間に無限に駆け巡って、偏在するフィジェットスピナーを判断したくなるかもしれません。
AACR 2019で化学が癌研究に与える影響を発見
アメリカ化学会(ACS)とACS出版物はピーチ州になるでしょう…
バーチャルイシュー:分子イメージング
分子イメージングは​​、大きな注目を集めている比較的新しい生物医学研究分野です…
尿代謝物は結核治療の成功を知らせる
尿中の新たに特徴付けられた代謝産物は、結核治療かどうかを予測するのに役立つかもしれません。
2019年2月の最も読まれている物理化学の記事を発見
記事の範囲を調べるには、さまざまな方法があります。…
このウェブサイトはあなたのユーザーエクスペリエンスを向上させるためにクッキーを使います。このサイトを継続して使用することで、あなたは私たちのクッキーの使用を受け入れていることになります。ACSのプライバシーポリシーを読んでください。 持続する
パブのロゴ
1155 Sixteenth Street NW
ワシントンDC 20036
著作権©2019
アメリカ化学会
製品情報
ジャーナルA〜Z
電子ブック
C&EN
C&ENアーカイブ
ACSレガシーアーカイブ
ACSモバイル
ビデオ
ユーザーリソース
私たちに関しては
ACSメンバー
図書館員
ACS出版センター
ウェブサイトのデモ
個人情報保護方針
携帯サイト
サポート
助けを得ます
広告主向け
機関販売
ライブチャット
パートナー
Atypon コーラス コペ カウンタ CrossRef クロスチェックデポジター オーキッド ポルティコ
https://pubs.acs.org/doi/abs/10.1021/jf204497b