抽象
モロコシふすまはプロシアニジン(主にポリマー)の豊富な供給源であり、それは人間の健康に有益であることが示されています。プロシアニジンポリマーのバイオアベイラビリティは低いと考えられている。雌のSprague − Dawleyラットに、0、5、10、20または40%のモロコシふすま(各群についてn = 5)を含有するAlN93G食餌を50日間与えた。モロコシふすまは、23.3mg / gのプロシアニジンを含んでいた。カテキン、エピカテキン、メチル化カテキン、フェノール酸の尿中排泄量をLC / MS / MSで分析した。モロコシふすまはカテキンの尿中排泄量を用量依存的に増加させた(0〜2.2 nmole / day)および3′ -O – メチルカテキン(0から9.5ナノモル/日)。エピカテキンは検出されなかった。分析した14種類のフェノール酸のうち、バニリン酸、3-ヒドロキシフェニル酢酸、ホモバニリン酸、3-ヒドロキシフェニルプロピオン酸、p-クマル酸、コーヒー酸、およびフェルラ酸は用量とともに有意に増加した。総フェノール酸排泄量は、対照群で0.8マイクロモル/日であり、40%モロコシふすまグループでは23マイクロモル/日に増加した。馬尿酸排泄は2.2〜16.2μmole/日の範囲であり、10%のモロコシふすま群でピークに達した。消化管におけるプロシアニジンの消失は、非吸収性マーカーとして酸化クロムを用いて評価した。総プロシアニジンおよびポリマーは次第に消失し、有意な分解が盲腸および結腸で生じた。モロコシのプロシアニジンはカテキンとしてバイオアベイラブルですが、
National Grain Sorghum Producersによって部分的にサポートされています。
https://www.fasebj.org/doi/abs/10.1096/fasebj.20.4.A573-b