抽象
韓国アカマツ(Pinus densiflora)樹皮抽出物は、未だ定義されていないメカニズムを通じて慢性炎症関連疾患の治療に使用される。本研究はネズミRAW 264.7マクロファージにおける韓国アカマツ樹皮抽出物(韓国では市販されていると呼ばれる)の抗炎症活性とマウスにおけるLPS誘発性ショックを調査するために行われた。ここでは、Pinexolの抗炎症作用がリポ多糖(LPS)刺激RAW 264.7細胞における核因子κB(NF-κB)の活性化を抑制するために仲介されるかどうかを判断することに着手しました。我々は、ピネキソールが細胞生存率に影響を与えることなくLPS刺激一酸化窒素(NO)およびIL-6産生を有意に抑制することを見出した。ピネキソールはLPS誘導性一酸化窒素合成酵素(iNOS)とシクロオキシゲナーゼ-2(COX-2)蛋白質の発現とそれらのmRNA発現を抑制した。結果として、ピネキソールは、LPS誘発性NF - κB活性化の抑制によるものと仮定されるIL - 6などの炎症誘発性サイトカインを阻害した。さらに、Pinexolは動物モデルにおいてTNF-αおよびIL-6の産生を抑制することにより致死的内毒素血症の生存率を改善し、誘導体化を用いた我々のGC-MS分析はPinexolの4つの主成分がカテキン、エピカテキン、およびメチル化であることを示したカテキン。したがって、我々はここで韓国アカマツ樹皮抽出物がin vitroおよびin vivoで炎症に関連するバイオマーカーを潜在的に阻害し、炎症性疾患の治療のための潜在的な候補として提供されるかもしれないという証拠を示す。ピネキソールは動物モデルにおいてTNF-αおよびIL-6の産生を抑制することにより致死的内毒素血症の生存率を改善し、誘導体化を用いた本発明者らのGC-MS分析はカテキン、エピカテキン、およびメチル化カテキンであることを示した。したがって、我々はここで韓国アカマツ樹皮抽出物がin vitroおよびin vivoで炎症に関連するバイオマーカーを潜在的に阻害し、炎症性疾患の治療のための潜在的な候補として提供されるかもしれないという証拠を示す。ピネキソールは動物モデルにおいてTNF-αおよびIL-6の産生を抑制することにより致死的内毒素血症の生存率を改善し、誘導体化を用いた本発明者らのGC-MS分析はカテキン、エピカテキン、およびメチル化カテキンであることを示した。したがって、我々はここで韓国アカマツ樹皮抽出物がin vitroおよびin vivoで炎症に関連するバイオマーカーを潜在的に阻害し、炎症性疾患の治療のための潜在的な候補として提供されるかもしれないという証拠を示す。