ハイライト

茶試料からのカフェインとカテキンの逐次SFEを最適化した。

圧力、温度、抽出期間および改質剤の流速を決定した。

最適化された方法は廃茶原料に適用された。

茶カテキン類の分析はHPLCにより行った。
抽象
本研究は最適化SFE法を用いた緑茶バイオマスからのカフェインとカテキンの逐次抽出を調べた。
カフェインのSFEは、10 gのサンプルに対して異なる圧力( 10、20、25、30 MPa)、温度(30、40、50、60 ℃)および抽出期間(1、2、3、5 時間)で実施した 。
カフェイン抽出物の収率と純度は、分離を成功させるために最適化されています。
カフェイン抽出のための最適条件は3 時間抽出期間の間 60 °C で25MPa圧力で あった。
これに続いて、同じ試料を改質剤としてエタノールの存在下で抽出した。
最高のカテキン抽出物収率は、0.5のエタノール改質剤を用いて 25MPaの圧力および60 ℃の温度で3 時間の抽出期間で得られた。
mL / minの流速。
各カテキン誘導体の純度および定量量は、有効なHPLC-DAD分析により決定した。
茶廃棄物生体材料の選択的抽出のために最適化方法を採用した。
https://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S0896844617305326