抽象
緑茶(Camellia sinensis(L.)Kuntze、Theaceae)ポリフェノールは皮膚障害に対して活性があります。
しかしながら、緑茶化粧品の抗皮脂効果は余り報告されていない。
それ故、緑茶を含有するフェイシャルトナーが開発されそして臨床的に評価された。
加速試験後に安定した基本処方を10人のボランティアで官能評価した。
他よりも有意に(p < 0.05)優先度(82.3 ± 0.55%)を有するヒドロキシエチルセルロース、グリセリンおよびパンテノール(合計3.6%)を有する塩基をさらに緑茶調製物に開発した。
すべての製品は安定していて、皮膚の刺激を引き起こさなかった 閉鎖パッチとして20人のボランティアでテストされた。
その後、それらを同じグループの志願者において臨床評価し、分割面無作為化一重盲検プラセボ対照試験によってSebumeter(登録商標)でモニターした。
2、4.5および7%の緑茶トナーのべとつかない効力は、14日間の顔面治療の後、3.47 ± 0.10、8.18 ± 0.44および17.87± 0.46%であった。
研究の終わりに効率が顕著になりました。
28日目(8.48± 0.13、20.26± 1.03および31.57± 1.22%)。
4.5および7%緑茶トナーの抗皮脂効力は、基本処方よりも有意に優れていた(14日目;p<0.05、28日目;および20日目)。
p < 0.01)。
28日間の治療の有効性は14日間よりも有意に優れていた(p < 0.05)。
したがって、油性フェーストリートメント用の安全で効率的な緑茶トナーは、これに関連して承認された。
https://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S0102695X17306725