ハイライト

緑茶抽出物は、0.1μmの中空糸MF膜によって浄化された。

141kPa およびRe = 94で制限透過流束(93l / m2h)が達成された。

直列抵抗モデルを用いてフラックス低下を定量した。

全固形分に対して80%の純度のポリフェノールが達成された。

全ポリフェノールに対して75%の純度のEGCGが達成された。
抽象
ポリフェノールは緑茶の葉に含まれる重要な植物化学物質であり、エピガロカテキンガレート(EGCG)は最も活性の高いものです。
中空糸精密濾過を用いて緑茶葉からの二段階水性抽出物からのEGCGの純度を高めるためのスケーラブルな方法がこの研究で報告されている。
実験は、35から172kPaの膜貫通圧力降下および10から30リットル/時のクロスフロー速度の範囲で行われた。
濾過中の流束低下は、直列モデルにおける単純な抵抗を用いて定量化した。
一次速度論モデルはファウリングの成長を適切に記述したろ過の時間との層。
運転条件(限界膜貫通圧とレイノルズ数)でフラックスを制限する軌跡に関する一般化された基準を導き出し、最適運転条件の範囲を特定した。
限界膜貫通圧力はレイノルズ数282で147kPaであり、これらの条件での限界透過流束は93l / m2  hであった。
全ポリフェノール含有量の約80%純度およびEGCGの75%純度が透過物中で達成された。
この研究は工業規模での緑茶ポリフェノールの生産と精製のための基礎を提供した。
https://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S1383586618308426