ハイライト

緑茶カテキン4対の相対的な抗酸化活性を調べた。

各対のエピマー内の立体的影響が議論された。

二量体生成物の形成の容易さが抗酸化動態を決定した。
抽象
4対のアイピマーに存在する8つの最も豊富な緑茶カテキン(GTC)があり、炭素−3配置は各対内の唯一の立体差を表す。
この研究は、抗酸化活性に対する立体化学的変化の影響を解明するために新しい速度論的アプローチを使用することを目的とした。
8つのGTCの混合物を一連の濃度で調製した2,2-ジフェニル-1-ピクリルヒドラジル(DPPH)で処理し、捕捉DPPHに対するそれらの相対反応速度を最近導入されたパラメータ、すなわちDmによって明らかにした。
( – ) – エピカテキン、( – ) – エピガロカテキンおよび( – ) – エピガロカテキンガレートの3-R配置は、それらの3 -Sとは対照的により速い動態を示すより低いDm値を与えた。
3 – S配置がより速い( – ) – カテキンガレートおよび( – ) – エピカテキンガレートの対を除いて、対応物。
これらの結果は、この研究で採用された速度論的アプローチが、小さな立体的変化に起因するGTCの異なる抗酸化活性を反映している可能性があることを示唆していた。
https://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S0308814618304722