ハイライト

緑茶抽出物を用いて銀ナノ粒子(AgNP)を製造した。

1〜30分の処理後、マイクロ波電力でAgNPが生成されました。

カテキン抽出物は、ナノ粒子の製造により成功した。

AgNP製造にはプラズモン共鳴スペクトル(PRS)を用いた。

AgNPをAFM、TEM、XREDおよびFTIRで特徴付けた。
抽象
この研究は、緑茶抽出物とマイクロ波電力を使用して金属銀ナノ粒子(AgNP)を製造するために設計されました。
AgNP製造には2つの方法が採用された。
最初に、粗製茶抽出物をろ過し、マイクロ波支援AgNP製造システムに直接使用した。
第二に、カテキンは粗抽出物から選択的に抽出され、カテキン抽出物の2%(w / v)水溶液が同じプロセスで利用可能になった。
一定量の抽出液(0.5mlまたは5ml)をAgNO 3 溶液( 1〜6mM)に添加し、キャッピング剤の存在下および非存在下で1、5、15および30分間マイクロ波照射に曝露した。
ポリエチレングリコール(PEG)。
プラズモン共鳴(SPR)吸収スペクトルを測定し、それによって最適条件を決定した。
AgNPは、0.5mLの抽出量でのみ、両方の抽出物によってうまく生成された。
全ての場合において、大量の抽出物(5mL)はより大きな粒子を生成した。
カテキン抽出物は、粗抽出物と比較した場合、平均15±6 nmの粒径で前者が高濃度のAgNPを生成するので優れていた。
https://www.sciencedirect.com/science/article/abs/pii/S0925838817324593