抽象
目的
本研究は、デポ酢酸メドロキシプロゲステロン(DMPA)の使用による子宮萎縮および血管変化の抑制における緑茶の効果を分析することを目的とした。
方法
1〜2ヶ月齢の25匹の雌Wistarラットを無作為に5つの処置群に割り当てた:対照群、DMPA誘発群、および緑茶抽出物で経口処置したDMPA誘発群(10.8mg /日、21.6mg /日、または43.2 mg /日)。
子宮および血管組織の組織学的分析は、ヘマトキシリン – エオシン染色で行った。
結果
DMPAは、子宮内膜と外膜の外膜の厚さを減少させ、内皮細胞数も有意に減少させた(p <0.05)。 DMPAによる外膜の厚さおよび内皮細胞数の減少は、緑茶抽出物によって有意に抑制された(p <0.05)。 結論 この研究は、DMPAが子宮内膜および血管膜外膜の枯渇を引き起こし、内皮細胞数を減少させると結論した。 最高用量の緑茶抽出物は、外膜および内皮の基底値への変化を正常化した。 https://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S1658361218301094