ハイライト

茶中のフラボノール配糖体(FOG)を測定するためのUHPLC法を開発した。

ポリアミドによるサンプルのクリーンアップ方法は、多段階溶出で最適化されています。

茶中の18種類のFOG化合物をUHPLCおよびHPLCで同定および定量した。

ルチン/ケンフェロールグルコラムノグルコシドはUHPLCによって分離されたが、HPLCは分離しなかった。

お茶のほとんどのFOGタイプ:グリーン、ケンペロール。
黒、ケルセチン。
ウーロン、ミリセチン。
抽象
緑茶およびウーロン茶対紅茶からのフラボノール配糖体(FOG)の定量のためのUHPLC法が初めて開発されました。
ポリアミドカラムクロマトグラフィーによる試料の浄化方法は多段階溶出で最適化した。
グラジエント溶出およびフォトダイオードアレイ検出を伴うUHPLCおよびHPLCを用いて、エレクトロスプレータンデム質量分析を用いて18のFOG化合物を決定した。
これらのFOG化合物はUHPLCとHPLCの両方で認定され、このUHPLC法はルチン(ケルセチン-3-O-ルチノシド)とK-grg(ケンフェロール-3-O-グルコラムノグルコシド)の分離に成功しました。
茶試料中のFOG化合物の総量は2.32-5.67です。
乾燥重量g / kg(アグリコンとして計算)であり、緑茶、ウーロン茶、紅茶の間に総FOG含有量に有意差はありません。
しかし、ケンフェロール配糖体は緑茶にもっと豊富に含まれていますが、ウーロン茶にはより多くのケルセチンおよびミリセチン配糖体があります。
紅茶では、ケルセチン配糖体が最も豊富でした。
https://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S0308814615003751