おいしいお茶というものの定義が曖昧になっておりますが、
簡潔にまとめてみました。

新茶と新茶じゃないお茶の違い。

この新茶のこの時期だけしか味わえない。

若かしくすがすがしいというのが新茶です。

 

新茶のおいしい飲み方教えてください。

今日は新茶でも煎茶の新茶の入れ方をお伝えします。

今日は、通常まずお茶を買いますよね、そしたら裏にお茶の入れ方が書いてあるんですよ。

 

これはお茶屋さんがこんな風に入れてほしいと指示してくれています。

ただこれは好みの問題もありますので、私が感じている新茶のおいしい入れ方を伝授したいと思います。

 

おいしい新茶の淹れる温度

 

今回は80度1分半。

ティースプーンで家で一回 何グラムか量っていただいて、これは山盛り2グラム。

二人分なので4グラム。

これは3グラムなのでだいたい1杯半。

 

お茶のお湯の淹れ方

 

お湯を入れます。

お湯を80度で入れたらいいんですね。

今ポット100度になってます。

 

これを10度下げるために湯飲みに8分目まで入れてください。

で8分目入れて抽出したらちょうど6分目くらいになります。

 

今これで温度も下がり、お湯の量も量りました。

それをこの急須に入れるとまた10度下がります。

ということで80度になりますね。

若干誤差はあるんですけども、だいたい  ー10度の計算で。

 

今からですね、1分半きっちりと測っていきます。

ふたを閉めて。

 

1分半でどんな味が出るかということをきっちり知っておくと。

あとでアレンジしていただけますので、まずは80度で1分半。

 

茶を淹れるときに淹れているときに見ていただきたいこと

伸び始めて、ちゃんと伸びたところできっちり摘んでるのでつやつやしたもの。

じわじわね、葉っぱが開いてくるのがわかるります。

 

ギューッと絞ってたお茶の葉がしみ込んでお茶がだんだん進出してくる。

注ぎ分け、味を均一にしていきます。

右左でまた左から右と繰り返して最後絞りだします。

 

まろやかって言葉がぴったし。

うまみもあるし適度な渋みもあってバランスが良くて新鮮さもあります。

 

こうも私今入れてるのと違うかと思ったんですけれども。

新茶の香りはこの時期だけなんですね。

 

これ温度測って入れましたけど、温度によって味って変わってきますか?

今日はですね同じ葉っぱを70度で入れたものを準備してまいりました。

 

10度下がるとどうなのか。違うお茶みたい。不思議ですね温度によって違うんですね。

ちょっと渋みがなくなった気がしますね。何煎目までいけるんですか?

3煎目ぐらいまでしっかりお味が出ますね。

3煎目まで入れると全部1煎目2煎目3煎目と味が違うので。

 

まず70度ではじめ入れるとしますよね、次は10度上げて80度、そして90度。

10度ずつ上げていくと3煎ともぜんぜん違う味が楽しめます。

その入れるたびに味の違いなんかも ですね。奥様のお好みで、入れてあげてください。

こうでなければならないというのはなくて、好きなお味で楽しめる。

 

蜂須賀と徳島について

昔の徳島のお殿さんです。阿波藩の。蜂須賀小六さん。

徳島藩(とくしまはん)は、阿波国(徳島県)・淡路国(兵庫県淡路島)の2国を領有した藩。藩庁は徳島城(徳島県徳島市)に置かれた。藩主は外様大名の蜂須賀氏。

 

碁石茶の話

碁石は碁石の形になると、すごく値段が上がります。

かはちみつかとかまろやかさが出るような感じで言われている碁石のお茶です。

料理研究家の方々が、すごくその碁石の粉の方に注目された。

使ってアレンジして作るっていうので、コラボした時の時代のもんなんです。