ハイライト

NTU 101発酵茶は生物変換によりより高いEGCG、EGCおよびクロロゲン酸を生成した。

NTU 101発酵茶は成熟3T3 ‐ L1脂肪細胞の脂質生成を阻害することができた。

有意なインビトロ抗脂肪生成およびインビボ抗肥満効果は、脂肪分解効果から寄与された。

NTU 101細胞とEGCGの両方が、抗肥満効果に対するNTU 101発酵茶の機能的成分であった。
抽象
肥満は、糖尿病および心血管疾患を発症するリスクが高いことと関連しています。
エピガロカテキンガレート(EGCG)およびエピガロカテキン(EGC)などのポリフェノール化合物が豊富な緑茶は、抗肥満効果を示すことが示されている。
Houttuynia cordataの葉は、それらのクロロゲン酸含有量のために抗肥満効果を示すことも示されています。
乳酸菌はポリフェノール化合物の生産を増やすことができます。
本研究はLactobacillus paracasei亜種を用いて H. cordataの葉茶と緑茶を組み合わせることにより新規抗肥満発酵製品を開発することを目的とする。
パラカゼイポリフェノール化合物を生物変換する利点による発酵のためのNTU 101(NTU 101)。
脂肪生成因子の調節とNTU 101発酵茶の抗肥満効果をin vitro 3T 3 ‐L 1前脂肪細胞モデルとin vivo 肥満ラットモデルで評価したそれぞれ。
結果は、未発酵茶よりも高いEGCG、EGC、およびクロロゲン酸レベルを含むNTU 101発酵茶は、脂肪分解の刺激によって成熟3T3-L1脂肪細胞の脂質生成を阻害することができたことを示す。
さらに、高脂肪食で誘導された肥満ラットの体重増加、体脂肪パッド、および摂食効率は、NTU101発酵茶の経口投与によって減少した。
著しい抗肥満効果はおそらく脂肪分解によるものであった。
しかしながら、NTU101細菌細胞およびEGCGはまた、NTU101発酵製品の抗肥満効果に寄与する機能性成分として作用し得る。
https://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S1021949817302089