ハイライト

口腔粘膜炎は、5-フルオロウラシルの投与における副作用の1つです。

5−フルオロウラシルによって誘発される酸化ストレスは口腔粘膜炎の開始剤である。

カテキンは抗酸化作用があります。

カテキンはNrf2 シグナル伝達経路をアップレギュレートしながら酸化ストレスを防ぐことができます。
抽象
目的
本研究の目的は、ラットにおける5-フルオロウラシル(5-FU)投与により誘発される舌酸化ストレスに対する緑茶カテキンの局所適用の予防効果を調査することであった。
設計
雄のウィスターラット(n =28、8 週齢)をそれぞれ7匹のラットからなる4つの群に分けた:陰性対照群(食塩水投与および緑茶カテキンを含まない軟膏剤の塗布)、陽性対照群(5 − FU投与および塗布) (緑茶カテキンを含まない軟膏剤)、および2つの実験群(5 − FU投与および0.1%または0.5%緑茶カテキンを含有する軟膏剤の塗布)。
各軟膏剤を舌の腹側表面に局所塗布することを5 日間1日1回行った。
酸化ストレスを評価するために、8-ヒドロキシデオキシグアノシン(8 - OHdG)のレベルを決定した。
核への核因子赤血球2関連因子2(Nrf2)転座を確認するために蛍光染色も行った。
結果
実験期間後、腹側舌組織中の8 ‐ OHdG陽性細胞の比率は陰性対照群よりも陽性対照群で高かった(P < 0.05)。 一方、0.1%緑茶カテキン群ではなく、0.5%緑茶カテキン群のそれらは陽性対照群より低かった(P < 0.05)。 さらに、核へのNrf2転座は陽性対照群より0.5%緑茶カテキン群で大きかった(P < 0.05)。 結論 0.5%緑茶カテキンを含む軟膏の局所投与は、Nrf2シグナル伝達経路の上方制御を介して、5-FU投与ラットにおける舌酸化ストレスを予防することができた。 https://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S0003996917302029