抽象
日本茶の葉のミネラル組成の決定は、PGA(中性子誘導即発ガンマ線分析)とINAA(機器中性子放射化分析)の組み合わせを用いて行われた。
非破壊的な多元素分析能力と最小限のサンプル前処理により、これらの技術は 茶葉中の広範囲の元素含有量(7.4%Hから 7.1ng / g Scまで)を決定するために容易に使用することができます。
茶注入における元素の抽出効率を注入前後の茶葉の平均元素濃度を比較することによって評価した。
それはCl(93%)、Br(80%)、K(71%)、Rb(66%)を示した。
)、Cs(60%)、Na(59%)、およびCo(51%)は高度に抽出され、一方Fe(9%)、La(7%)およびMn(5%)は、抽出効率が悪い。
分湯注入プロセス。
Kは抽出効率の高い緑茶の葉を多く含んでい ますが、このミネラルの1日当たり10%の栄養価を得るためには7カップ(各250mL)の緑茶を飲む必要があります。
https://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S187853521200264X