ハイライト

超音波支援抽出により、12318 mg L -1 のポリフェノールおよび3774 mg L -1 のフラボノイドが得られた。

望ましさ関数方法論によって抽出パラメータを最適化した。

最良の条件は、77℃、73グラムのLの茶対水比た-1と77%の振幅。

モリンガオレイフェラ種子(MOS)およびキトサン懸濁液、続いて遠心分離により、緑茶抽出物が清澄化された。
抽象
この研究では、天然の凝固剤による抽出と清澄化および遠心分離の連続プロセスにより、生理活性化合物が透明で濃縮された緑茶抽出物を首尾よく製造した。
温度(22〜83°C)、お茶対水比(12〜73 g L -1)および振幅(23〜77%)緑茶清澄はUAE、最適化条件(77、73グラムのLで抽出物を用いて行った-1、77%)。
遠心分離およびキトサン(25から2000 mgのLの濃度の影響-1)とワサビノキの種子(MOS)(100から10000 mgのL -1)を評価した。
最良の清澄化条件は、キトサン500 mg L -1およびMOS 8000 mg L -1の濃度、続いて遠心分離であった。
これらの最適化された清澄化条件は、キトサンおよびMOS処理について、濁度、固形分およびポリフェノールの減少がそれぞれ95%および96%、16および16%、18および19%をもたらした。
高速液体クロマトグラフィー(HPLC)によって同定された主な個々の化合物は、エピガロカテキンガレート、エピカテキン、エピガロカテキンおよびカテキン、没食子酸およびカフェインであった。
https://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S135041771831397X