ハイライト

緑茶は健康上の利点があり、また高用量で有害な症状を引き起こす可能性があります。

緑茶抽出物(GTE)の安全性は閉経後の女性で評価されました。

GTEは、吐き気の高発生率および皮膚関連有害事象と関連していた。

GTEはプラセボと比較してALT上昇の発生率が高かった。

ALT(アラニンアミノトランスフェラーゼ)は肝臓や心臓などの細胞のなかに含まれている酵素です。肝臓では、小腸から吸収された栄養素を分解してエネルギーに変えたり、身体に必要な物質を合成したり、身体に必要のない物質を分解したり、無毒にする働きをする重要な臓器です。このような働きは肝臓の組織内にあるこれらのASTやALTなどの酵素の助けによって効率よく行われています。


有害事象は主に軽度で一過性のものでした。
GTEは一般的に忍容性が良好でした。
抽象
緑茶は健康上の利点をもたらすと考えられていますが、緑茶抽出物(GTE)に対する有害反応が報告されています。
マンモグラフィ密度を含む乳がんバイオマーカーに関するGTEの無作為化二重盲検プラセボ対照試験を実施し、閉経後女性1075人を843 mg( – ) – エピガロカテキン-3-ガレート(EGCG)を含むGTE摂取にランダムに割り当てたまたは1年間毎日プラセボ。
有害事象を有する女性の割合(それぞれAE、GTE群およびプラセボ群の75.6%および72.8%)または深刻なAE(それぞれGTE群およびプラセボ群の2.2%および1.5%)に有意差はなかった。
GTEを受けた女性は、吐き気の有意に高い発生率(P <0.001)および皮膚科AE(P = 0.05)および有意に低い下痢の発生率(P = 0.02)を報告した。
GTE群のより多くの女性が、プラセボ群と比較してアラニンアミノトランスフェラーゼ(ALT)上昇を経験した(n = 36、(6.7%)対n = 4、(0.7%); P <0.001)。
他のAEの頻度において群間に統計的に有意な差はなかった。
全体的に見て、AEは主に軽度で一過性であり、843 mgのEGCGを含むGTEの毎日の摂取は一般的に一群の主に白人の閉経後の女性によって十分に許容されることを示している。
ただし、GTE消費者の6.7%がALT上昇を経験し、1.3%がALT関連の深刻なAEを経験しました。
843 mgのEGCGを含むGTEの1日の摂取量は、主に白人の閉経後の女性のグループによって一般的に容認されることを示しています。
ただし、GTE消費者の6.7%がALT上昇を経験し、1.3%がALT関連の深刻なAEを経験しました。
843 mgのEGCGを含むGTEの1日の摂取量は、主に白人の閉経後の女性のグループによって一般的に容認されることを示しています。
ただし、GTE消費者の6.7%がALT上昇を経験し、1.3%がALT関連の深刻なAEを経験しました。
https://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S0278691515001842