抽象
目的
総緑茶抽出物、精巣組織の酸化状態に対する強力なフリーラジカル捕捉剤の効果を調べるため。
方法
Wistar系統の32匹のオスのアルビノラットを4つの群に分け、各群は8匹の動物を制限した。
(ii)緑茶処理対照ラット。
(iii)マラチオンラット。
(iv)マラチオン処理緑茶ラット。
動物にマラチオン150 mg / kgおよび緑茶30 mg / kgを24時間腹腔内投与した。
処置期間の終わりに、ラット精巣組織を迅速に取り出しそして分析した。
直径精細管及び生殖細胞厚、精原細胞の セルトリ細胞、一次精母細胞、精子細胞およびライディッヒ細胞を評価しました。
また、酸化ストレス評価は総計に基づいて行われた。
ホモジネート精巣組織における抗酸化能(TAC)、脂質過酸化(LPO)および総チオール分子(TTM)。
結果
結果は全緑茶抽出物がマラチオン群に対する酸化的損傷を改善することを示した。
マラチオン処置群の精細管の光学顕微鏡写真は、胚上皮の顕著な減少した高さおよび細管の解体を示した。
腸組織の増加も観察された。
初代精母細胞は基底板から距離をおいて位置しており、これは腸の組織に損傷を誘発したことを示している。
マラチオン中の精細管は暴露され、緑茶抽出物処理は正常でした。
結論
この研究は、不妊症のマラチオンで誘発される酸化ストレスと精巣組織損傷に対するTGTEの有効性を示しました。
https://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S2305050015000573