ハイライト

緑色の抽出物を介したAgNPの植物合成について報告する。

XRDパターンは、AgNPの面心立方(fcc)構造を確認した。

SEMおよびTEM分析は、AgNPの形態および大きさを確認した。

インビトロ抗酸化活性を5つの異なるアッセイにより試験した。

ウコン抽出物媒介AgNPはより高い生物学的活性を示す。
抽象
銀ナノ粒子(AgNPs)の植物合成は、水性ニンニク、緑茶およびウコン抽出物を使用して達成され、そして異なる分光法によって特徴付けられた。
植物化学分析により、これらの抽出物中には、硝酸銀をAgNPに変換するための還元剤およびキャッピング剤として機能する豊富な量の生化学物質が存在することが明らかになった。
FT IR分光法はAgNPの生物還元と効率的な安定化における生体分子の役割を確認した。
UV-VisDRSスペクトルは、AgNPに特徴的な約450 nmのバンドを示しました。
XRDパターンはfccで合成されたAgNPの結晶性を明らかにした構造。
SEMおよびTEM分析は、8nmの平均粒径を有する合成されたAgNPの球形を明らかにした。
EDX分析は、3.2keVで強いシグナルを有する合成されたAgNPの純度を確認した。
抗酸化活性により評価したABTS、DPPH、 P-NDA、H2O2及びDMSO 緑の方法を用いて合成AgNPsは、標準抗酸化に対して顕著な活性を示したアッセイ、掃気アスコルビン酸及びルチン。
in vitro細胞毒性活性は4つの癌で試験された ヒト乳腺癌(MCF - 7)、子宮頸部(HeLa)、上皮腫(Hep - 2)および肺(A549)のような細胞系、ならびに1つの正常ヒト皮膚線維芽細胞(NHDF)細胞系。
ウコン抽出物を用いて合成されたAgNPは、他の抽出物を用いて合成されたAgNPと比較して優れた抗酸化活性および細胞毒性活性を示す。
https://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S1011134417313118