お茶質問コーナー
水出しお茶は何日間持ちますか?ということで、回答していきます。
夏場にガブガブと飲める冷茶は子供から大人まで非常に飲みやすい飲み物でもあります。
ただ、簡単に作れる分そのままにしてしまうのは問題ないのか?
ということが曖昧になりがちな飲料でもあります。

水出し茶は何日間持つのか?

水だしで出したお茶は基本的にその日のうちに飲みきってしまうのが鉄則です。
特に水出しのお茶は沸騰をさせたお湯を使用しないので、菌の繁殖が非常に早いです。
水出しのお茶の場合は、ティーバックタイプで作る場合、粉末で作るどちらの場合でも、茶葉を浸けておく事になるので、作る段階から菌が繁殖しています。
またお茶用ボトルにも雑菌が潜んでいるので、時間が経つと更に菌が増殖し、お茶が痛んでくる原因となります。
お茶は1度痛むと、風味や味わい、匂いが変わってくるので、水出しティーバックでお茶を作った時に比べると風味や香りが失われているのがわかります。

古い水出し茶を飲んだらどうなるか?

もし、水出しのお茶の底に沈殿物が溜まったり、表面に膜が貼っていたりした場合は、完全に痛んでいる状態なので、速やかに捨てる事をお勧めします。
(滑ってきたら危険です)
お茶には特にタンパク質が沢山含まれているので、一晩置いておくだけで腐敗の原因となってしましまいます。
宵越しのお茶を飲んではいけないというのは昔の人が適当に言っていたのではなく、
きちんと経験則をもとにした言葉だったのです。
もし飲んだらお腹を壊します。
勿体無いと思って飲んだお茶でお腹を壊すことがないように、
一度入れたお茶っ葉はその日のうちに捨てるということを習慣にしていけると良いでしょう。
これは水出しだけでなく、通常のお湯で淹れたお茶でも同じなので気をつけていただけたらと思います。