ハイライト
•食品マトリックス(茶、メイト)中のPAHのための適切な分析法の開発
•分析工程のための計量トレーサビリティの確立
•GC-MCによる定量化とさまざまなキャリブレーションアプローチの比較。
•不確実性の評価
要旨
食品は多環式芳香族炭化水素(PAH)をはじめとする多くの汚染物質を想定する主な方法であるため、食品マトリックス中の毒性物質の測定において計量的に追跡可能な結果を​​得るための適切な分析法の開発は重要な問題です。
本研究は、測定学的に追跡可能な結果を​​得るために、緑茶(チャノキ)およびマテ(イェルバ・マテ)中のいくつかの優先PAHの質量分析(GC-MS)と組み合わせたガスクロマトグラフィーによって、定量化のためにINRiMで行われた分析方法の設定と内部検証を扱います。
定量化には2つのアプローチが適用され、標準参照溶液によるGC-MS検量線の決定のための外部キャリブレーションと、重水素化標準を使用することによる内部キャリブレーションです。
外部較正のために、加重(WLS)および加重合計(WTLS)最小二乗フィッティング手順が適用された。
測定の不確かさ評価は、不確かさの伝搬の法則を適用することによって行われました。
https://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S0263224116001640