ハイライト
•ケニアのパープルクローンは日本の藪北品種よりも総ポリフェノールが多い。
•カテキンの品質指数が高いため、K-purpleとTRFK 91/1は良好なグリーンを作ることができます。
•TRFK 73/5、紫色クローンは、研究したクローンの中で最も低いカフェイン含有量を有​​します。
•ケニアのパープルティーは、研究された日本と中国の品種より多くのテアニンを持っています。
•紫色のクローンであるTRFK73 / 4は、日本の品種である矢吹田よりも高いEGCGレベルを有します。
要旨
ケニアの紅茶業界は、その茶製品を多様化したいと考えており、これに合わせて、アントシアニンが豊富な紅茶がケニアの紅茶研究財団で開発されました。
これらの茶は紫色の葉を持ち、緑色は隠されています。
全部で12の紫色の紅茶色の紅茶と2種類の標準的な茶種が研究されました。
クローンHanluYabukitaは、それぞれ良い緑茶で知られている中国と日本のお茶の種類であり、それらは参照基準として使用されました。
紫色に着色された紅茶の品質を特徴付けるための研究はほとんど行われておらず、この研究はそれらの総ポリフェノール(TPP)、カテキン、カフェイン、没食子酸およびテアニンを調査しました。
これらは主な緑茶の品質パラメータです。
結果は、新しいケニア茶クローンは17.2%と19.7%を持ち、一方ケニアクローンの中で最低は20.8%であった参照標準茶品種よりも高い総ポリフェノールを持つことを示した。
カテキン品質指数では、KパープルおよびTRFK 91/1はそれぞれ15.9および13.3の高い指数値を示したが、クローンTRFK 83/1および73/5はそれぞれ0.74および1.0の低い指数値を示した。
Hanlu2.42%の最高のカフェインレベルを持ち、一方クローンTRFK KS 3TRFK KS 2およびTRFK 83/1は紫色の葉色茶の中で比較的高いカフェインレベルを持ち、それぞれ2.33%、2.22%および2.21%であった。
クローンTRFK 73/5のカフェイン含有量は最も低く、1.16%でした。
テアニン分析は、参照標準クローンよりも低かったTRFK 83/1およびKパープルを除いて、ほとんどの紫色葉茶は、参照標準クローンよりも多いテアニンを有することを示した。
緑茶の化学的品質パラメータの意味についても論じた。
全ての研究されたクローン/品種は全ポリフェノールの最小14%以上を有すると結論付けられます。
クローンKパープルとTRFK 91/1は高い緑茶品質指数を示し、後者は高レベルのテアニンで2倍になった。そのため、緑茶製造に強く推奨されています。https://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S0308814613003543