ハイライト
•緑茶カテキンの新しい非常に高速の液体クロマトグラフ分析が開発され、MECKによって検証されました。
•UVおよびMS分光法でハイフネーションされた最後の世代のUHPLCが使用されてきた。
•異なる地理的起源のグリーンティーが分析されています。
•お茶の由来によってカテキン含有量の極端な違いがわかりました。
•この方法は緑茶の非常に速い品質管理に使用することができます。
要旨
最も検出され生物学的に重要な緑茶カテキンとカフェインを迅速に定量するために、UV検出法を備えた超高速液体クロマトグラフィー(UHPLC)が開発されました。
pH2.5のトリエタノールアミンホスフェート緩衝液(0.1M)とアセトニトリルからなる移動相を勾配溶出モードで利用して、UHPLCシステムにC18分析カラム(50mm×2.1mm、1.8μm)を取り付け、これらの条件下で、6つの主要なカテキンとカフェインが3分間の実行で分離されました。
この方法は、精度、検出限界および定量限界、直線性、正確性に関して完全に検証されており、緑茶注入液中に存在するカテキンおよびカフェインの同定および定量に適用されました。
特に、商業的に入手可能な緑茶葉の異なる地理的起源のサンプル(SenchaCeylon GreenおよびLung Ching)を注入調製物に使用した(85℃15分間の水)。
開発したUHPLCメソッドの選択性は、UHPLC – MS / MS分析との比較によって確認されました。
分析した3つの市販茶試料における主要な6つのカテキンとカフェインの回収率は94から108%の範囲でした(n = 3)。
検出限界(LOD)は0.10.4μgmL -1の範囲に含まれていた。
選択性および定量的データに関する比較目的のために、直交ミセル界面動電(MEKC)法を適用した。
2つの技術によって得られた結果を組み合わせて使用​​することにより、市販サンプルの定量的特徴付けについての迅速な確認が可能になった。https://www.sciencedirect.com/science/article/abs/pii/S0731708513004184