要旨
紅茶と緑茶の抗酸化特性はよく知られています。
潜血痕はルミノールによって検出可能です。
血痕は、抗酸化物質を含む飲み物や食べ物で隠すこともでき、 したがって、それらが存在すると、ルミノールの発光が減少する可能性があります(偽陰性結果)。
この研究の目的は、屋外乾燥試料について、ウェーバー(NaOHを含有する)に従って調製された化学発光混合物およびpH7.4の化学発光混合物(総酸化防止剤容量の決定用)の発光減少を定量化することであった。
黒と緑茶と白ワインは抗酸化剤のサンプルとして使用されました(高および低総抗酸化剤容量)。
白ワインの存在と比較して、黒茶および緑茶の存在によって引き起こされるルミノール化学発光の有意な減少(およびそれら両方に匹敵する)が観察された。
https://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S1752928X13000796