先日購入した日本茶インストラクター兼シンガーソングライターの吉岡亜衣加さんのデビュー10周年記念のアルバム。

初回限定版DVDにお茶の情報が満載だったのでネタバレになりますが、簡潔にまとめました。

ああこの人本当にお茶好きだ。と見ていてホノボノしました。(お茶好きじゃないとインストラクター取れないしね)

日本茶インストラクターの吉岡亜衣加さんのライブに行ってきた話。

日本茶インストラクター吉岡亜衣加さんのDVD特典のお茶話が中々勉強になる。

吉岡亜衣加10周年の奇跡

 

吉岡亜衣加さんのデビュ−2009年9月2日

デビュー曲の「はらり」
デビューのきっかけになった曲ということで人生をきっかけとなった曲とのこと。
デビューアルバムも同じタイトル。

デビューのちょっとまえまで ライブ活動をしていた。

2009年の7月〜12月まで毎月ワンマンライブをしていた。
7月はまだデビューしていないので、知っている人がほとんどいなかった。

バイト先の店長さんとかバイトの仲間たちを呼んだりして何とかライブのお客さんを埋めようと頑張っていた。

・最後が12月25日の誕生日の日でバースデーライブを実現した。

 

吉岡亜衣加さんの2010年活動

1stシングル 散らない花
2  シングル 十六夜涙

薄桜鬼をアニメ化した時。
十六夜涙は今でもライブでたくさん歌うので、とても思い入れがある曲。
たくさんのイベントをしたのもこの時ということで。

 

十六夜涙は別に薄桜鬼ファンじゃなくてもいい曲だと思います。

薄桜鬼は男が見ても普通に面白い作品だし。

というかデビュー当初から凄くいい曲に恵まれていると感じます。

 

12月25日に吉岡亜衣加バースデー&クリスマスライブ

吉岡亜衣加さんの2011年活動

初めての全国ツアー

心で逢いましょう
会場で心を通わせられるような。

途中で東日本大震災があって
東北地方は延期になってしまった。
が必ず逢いに行きます。ということで

会場にも被災された方もいて
同じ日本だけど思うことはたくさんありました。
私の歌で少しでも癒されたらと思いました。

とても優しい方だなと感じました。ということで少しずつ進んでいく吉岡さんは素晴らしい。

 

吉岡亜衣加さんの2012年活動

私の大好きなお茶に関して
東京に来てお茶を飲む機会が減った。
コンビニでペットボトルのお茶を飲んでいたが、だんだんこれじゃないなと。
実家に帰った時に自分で入れたお茶が美味しいということがわかった。

色々なところで宣伝していたら、初代掛川お茶大使になった。
曲を作りたいということで、天葉(あまね)という曲を作った。

イベントで呼んでいただいた際には歌う。
茶畑には春の新芽が芽吹く時は凄い綺麗な黄緑色になる。

お茶レディ(お茶の間レディオ)が始まった。
400回以上続いている。
今は隔週になってるが、毎週やっていた。

生活リズムが整えられたという。
各地で歌った時もお茶レディでリセットされた。

ライブの時はあんまりMCが得意ではなかった。
一字一句 買いていた。
ラジオのおかげで上手くなって来た。

 

お茶レディの公開収録を初めてした。
ラジオでいうとその年にFM富士 FM群馬 静岡K-MIX
吉岡亜衣加のちょこっと旅日誌

手のひら合わせ。

クアトロというライブハウスが各地にある。
そこを回った。

クラブクアトロは箱の中でもそれなりに大きいところというイメージがあります。

はじめてのホールライブを日本青年館というところで行った。

このライブは生で見て見たかった!!

 

吉岡亜衣加さんの2013年活動

アニソンカバー パレット

挑戦できた一枚なのではないかと。
感じています。

薄桜鬼が劇場版となりまして、映画化した。

吉岡亜衣加さんの2014年活動

蒼穹ノ旗をリリース

人によって 同じ空でも違うことを感じるのだなということ。

苦しく、どこか暖かいような。

そしてベストアルバムを出しているんですよね。
AIKA’S BEST

タイトルも悩んだそうです。

対称になりそうだけど、別々になる。
品川駅にそれっぽいお店があった。

吉岡亜衣加さんの2015年活動

2014年に薄桜鬼& 織田かおりさんとMAOさんとのコラボライブ。
十六夜涙を二人にハモッテもらった。

鳥肌がたった。
ライブのDVDも出ていということで、カラフィナみたいな感じだったと思います。

ひまわり私が生きて行く。
震災が起きた時に自分が生かされているという気持ちになった。

自分は何のために生きているのか。
何ができるのかということを悩んでいた頃。

 吉岡亜衣加さんの2016年活動

逆転のウェーブ
くす玉ハート
アコガレ玉手箱

熱い曲 重い曲が多かった。

私は瑠璃の島が好きです。

吉岡亜衣加さんの2017年活動

虹をつないで
47都道府県ツアー

北海道から沖縄まで。

行ったことのない県がいないということがないということがいいです。

この時に日本茶インストラクターを取られたので、全国ツアー中の超多忙な中受験して合格したってことが個人的にめっちゃすごいと感じました。

吉岡亜衣加さんの2018年活動

薄桜鬼も10周年。
オープニングベスト カキョウシュウ

たくさん歌った。
同じ薄桜鬼でも可愛い曲もある。

吉岡亜衣加さんの2019年活動

エンディングベスト

10周年のアルバムを発売。

10周年とういことで、吉岡亜衣加さんの今後の活動に期待します。